ゴルフ初心者女子はドライバーを安定させてベストスコアを出そう

ゴルフ初心者の女子の方はドライバーがなかなか安定したショットにならない方が多いと思います。
スライスしてしまったり、飛距離が伸びないなど、他に比べて悩みが多いクラブがドライバーという方の助けになるような練習方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ初心者女子は練習器具を使いこなして素振りを極めよう

練習場などでまずすることは素振りです。その素振りが正しくできていないと何度練習しても上達はしませ...

ゴルフ初心者女性もバンカーから抜け出せる打ち方のコツと練習法

ゴルフの初心者に限らず、ゴルフのコースへ出るとバンカーに入ってしまうことは必ずあります。ゴル...

ゴルフ初心者女性がコースに出る前に覚えて欲しいルール

ゴルフを楽しむ為にはマナーはもちろんの事、ルールを守ってプレーをする事が1番大切です。初めてゴル...

ゴルフ初心者女子が初めてコースへ行く前に確認して欲しい事

ゴルフ場のコースに初めて出る時は、楽しみではあるけれど緊張したり、不安な気持ちでいっぱいになって...

初心者女子は雨の日のゴルフこそおしゃれな服装で楽しもう

雨の日のゴルフは服装をどうしたらよいのか悩んでしまう初心者女子の方へ、ゴルフ場へ行く時の注意、また、...

アラフォー初心者女子は7番アイアンで飛距離を出す練習をしよう

子育てがひと段落して40代になり、初めてゴルフをする女性は以外と多いです。ご主人と一緒に楽しめる...

初心者女子がゴルフを上達させる為に知っておいて欲しい大切な事

誰でもゴルフが少しでも上達してくると、楽しくなってきて、ますますゴルフが好きになってくるものです...

女性ならではの気配りでゴルフの練習場のマナーはしっかり守ろう

これからゴルフ練習場へ初めて行く初心者女性ゴルファーの方は、ゴルフ練習場の雰囲気や手続き方法、そ...

初心者女性が自宅でアプローチを練習してスコアアップさせる方法

初心者女性でも、何度かコースをラウンドすると、わかってくることがあります。それは、いくら飛距...

超初心者女子でも憧れの彼と一緒に楽しめるスポーツはゴルフ

憧れの彼がゴルフをしているから一緒にゴルフをしてみたい。またはゴルフウェアがかわいいからゴルフに...

初心者女子はアイアンの構え方を完璧にしてコースデビューしよう

初心者の方がまず正しいスイングを見につけるために使うクラブと言えばアイアンです。クラブの中でも沢山の...

初心者女性はゴルフウェアのマナーを守りスマートにプレーしよう

これから初めてゴルフのコースデビューをするのならば、ゴルフをする時のウェアにナニを着たら良いのか、ま...

ゴルフ初心者女性だからこそ上達がわかりやすい素振りの効果

ゴルフ初心者の方は、練習場で練習をしていても、なかなかクラブにボールがちゃんと当たらずに、上達を...

初心者女性こそゴルフクラブのクリークを使いこなしてみよう

ドライバーの次に飛距離の出せるフェアウェイウッドは使いこなしておきたいクラブの1つですが、ゴルフ初心...

ゴルフ初心者女子は見た目でゴルフクラブセットを選んで楽しもう

今までゴルフに全く興味が無くても、彼とのデートで少しだけゴルフを体験したことをきっかけに、その面白さ...

スポンサーリンク

ゴルフ初心者女子にドライバーを安定させる事をおすすめする理由

第1打目にドライバーショットで遠くへ、しかもフェアウェイをキープできた時の嬉しさは誰もが感じる事だと思います。
ドライバーはボールを地面の上から直接打つことがほとんど無く、極端にダフることがありません。
しかし、遠くへ飛ばせる分OBしてしまうこともありますし、クラブが長いのでミスショットをしてしまうことも少なくありません。
そのような事からドライバーが苦手な初心者女子の方が多いことも事実です。

しかし、ドライバーを安定してショットできるようになれば、これほど心強いクラブはありません。

ドライバーはクラブの中でも1番距離が稼げるクラブです。

特に初心者女子にとってはドライバーが使いこなせることはスコアを安定させる重要なポイントになります。

ドライバーを使う第1打は2打以降と違って、歩いてきたり、走ってきてすぐにアドレスに入る必要がないので、少し落ち着いて打つことができます。

まず、ドライバーを安定させるためには、最初は距離を飛ばすことよりも、フェアウェイをキープできるように方向性を身につけることが大事です。
方向性を身につけてから飛距離を伸ばす練習をしていきましょう。

ゴルフ初心者女子が安定したドライバーを打つための基本

苦手に感じるドライバーを出来るだけ早く克服して、ショットを安定させるためにまずは基本の確認をしてみましょう。

最初に、ボールの位置とティーアップした時の高さを確認します。
アドレスをした時にボールの位置が左足の内側のかかと部分にあることが基本の位置になります。
そして、ティーアップした時の高さですが、ドライバーをティーアップしたボール位置に置いた時に、ドライバーのヘッドよりもボールが半分くらい出ている高さが理想的です。しかし、ボールの位置や高さはその日の調子や、少しの打ち方の違いで変わってきますので、調整をしながら自分に合う位置や高さを見つけましょう。

次はグリップの握り方です。
グリップの握り方は何種類かあるので、自分に合う握り方でOKですが、その握り方の基本が 間違っていないかチェックをしてみましょう。
私もたまにグリップを確認しますが、右手が少し開きすぎていたり、握りすぎていたりする事があります。
このような握り方になってしまっている時はたいてい良いショットが打てません。

そして、スタンスの幅や向きも確認をしてみましょう。
スタンス幅を広めにとると安定しているように感じるかもしれませんが、広すぎるとスイングする時に体がうまく回転しません、また、狭いスタンスは力が伝わりにくくなる傾向にあります。
基本は肩幅よりも少し広くすることです。
ボールの位置と高さ同様に基本が絶対という訳ではありませんので、スタンス幅も調整が必要になります。
そして、足の向きにも注意しましょう。
構えた時につま先がまっすぐ前を向いているかどうかをチェックします。
どちらかの足だけが前に出てしまっていたり、つま先が外に広がってしまっていないかを確認してみましょう。

この基本はある程度安定したショットができるようになるまでは毎回確認するようにして、自然に基本ができるようなクセを作っておくとスムーズにスイングが出来るようになります。

ゴルフ初心者女子が安定したドライバーを打つための練習方法

それではボールを実際に打つための練習をしてみましょう。
ドライバーもアイアンも基本的な打ち方は一緒ですので難しく考える必要はありませんが、意識を少し変えるようにしましょう。
ドライバーは長さがあるので、下半身の回転をうまく使わずに腕だけで打ってしまうとスイングスピードが落ちてしまう他に安定したスイングが出来ないため、クラブにボールがしっかり当たらなくなってしまいます。
まずは下半身、そして肩がうまく回せているか、腰を先に回してクラブのしなりを利用して鞭のように打てているかを確認しながら練習しましょう。
アイアンの時はボールより少し前に意識をして打ち込むイメージがあると思いますが、ドライバーの場合は、打ち込むよりも右足の前からクラブでボールを払うイメージを持ってみましょう。
1番イメージしやすいのがほうきで掃いているような感じで打つことです。
私も最初はアイアンが得意で、なかなかドライバーが上達せずに悩んだ時期があったのですが、この払うイメージで打つようにしてからはドライバーショットでの大きなミスは少なくなりました。

ドライバーはクラブの中で1番飛距離が出ます。
だからといって遠くへ飛ばすことばかりが重要ではありません。

最初からフルスイングで練習するのではなく、ハーフスイング、またはそれよりも少し広めの幅でスイングするようにして、まずはボールをクラブの芯で打つ感覚を掴みましょう。
また、最初は100ヤード位を目安に少しずつ距離を伸ばすように目標を立てましょう。
素振りをする時のコツですが、大きく、ゆったりとしたリズムをイメージしてスイングすると滑らかな動きになり、正しいスイングの練習になります。

ゴルフ初心者女子がドライバーが安定しなくなった時の対処法

どれだけ練習をしていても、ドライバーが安定しなくなりミスショットばかりしてしまうことは初心者女子だけでは無く、どんなゴルファーにもあります。
そのようなミスに見られる原因は、ドライバーで遠くに飛ばしたい気持ちが強すぎて基本的なスイングが乱れてしまう事が1つにあります。
飛ばしたいと考えてしまった時ほどしなりを感じるようなスイングよりも、腕を使って飛ばそうとしてしまい、結果、頭が動いてしまったりしてあちこちにボールが飛んでしまうことに繋がります。

ドライバーがうまく打てないなと感じた時ほど基本を思い出してみましょう。

そして、いつもよりも少し小さめのスイングを心がけるようにしてみる事が大切です。

私の場合、ドライバーが安定しなくなった時は、心の中で「ゆっくり!」と思うようにしています。
安定しない時ほど遠くへ飛ばそう、ちゃん打とうという気持ちが強くて全体的に力が入ってしまっているので、このように「ゆっくり!」と思うことでいつものスイングに戻れるように気持ちを切り替えています。
このように練習を続けて意識を変えてみても、なかなかドライバーが安定しない場合にはそのドライバーが自分に合っていない可能性もあります。
もしも合っていないなと感じた時は、近くにいるゴルフ経験者に相談をしてみたり、ゴルフショップで他のドライバーを試打させてもらうなどしてみましょう。

ゴルフ初心者女子におすすめのドライバー安定のための自宅練習

ドライバーを安定させるための練習方法は練習場以外でも出来ます。

練習場でボールを打ち続けていれば、上達する訳ではありません。
正確なスイングが出来てこそドライバーは安定します。
基本どおりの素振りをしている先にたまたまボールがある位の気持ちで打つと安定したドライバーショットをすることが出来ます。

このようなイメージでスイングをするためにはいつもクラブを持って素振りをするのが1番ですが、自宅でクラブを振り回せるような環境にある人はあまり多くありません。
そこで使えるアイテムはタオルです。
スポーツタオルなどの少し長めのタオルを用意してください。
タオルの片側の端を結んでクラブヘッドの変わりにします。
結び目の反対側をグリップにして握り、結び目の重さを感じながらスイングします。
最初のうちはタオルを鞭のように動かすことを意識して振ってみましょう。
この意識が下半身主導の練習に役立ちます。
次に、結び目をテークバックとフォローの時に背中に当てるようにスイングをします。
リズムが一定になるとテークバックとフォローの時に結び目が背中に当たる位置が同じになってきます。
このような一定のリズムを意識して練習するととても効果的です。

また、自宅練習用のゴルフアイテムを使うこともドライバーの安定には効果的です。