ドライバーがうまく当たらない初心者女性におすすめのポイント

ドライバーは初心者女性ゴルファーにとってはなかなかボールに当たらないクラブの1つだと思います。
ドライバーが当たらないと飛距離を稼ぐことができずに、スコアが良くなる事が出来ないので、だんだんとゴルフが楽しくなくなってしまう可能性があります。
ゴルフを楽しんでできるようになるためのドライバーショットのコツや対処方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ初心者女子こそピッチングの打ち方をマスターしよう

ゴルフを始めたばかりの初心者女子の方がもしもスイングが安定しない、ちゃんとボールに当たらない事で...

ゴルフ初心者女子は練習器具を使いこなして素振りを極めよう

練習場などでまずすることは素振りです。その素振りが正しくできていないと何度練習しても上達はしませ...

ゴルフ初心者女子は飛距離の目安を知ってレベルアップを目指そう

いつも練習場で沢山練習していもなかなか上手にならない、コースに出てもスコアに変化のないゴルフ初心者の...

初心者アマチュア女子におすすめゴルフクラブのセッティング

これからゴルフクラブのセットを買って本格的にゴルフを始めようと思っている方はどのようなクラブを選んだ...

ゴルフ初心者の女性はマナーに気をつけて楽しくラウンドしよう

まだゴルフを始めたばかりで、初心者のうちに会社のゴルフコンペなどでコースデビューをすることになった女...

初心者女性が自宅でアプローチを練習してスコアアップさせる方法

初心者女性でも、何度かコースをラウンドすると、わかってくることがあります。それは、いくら飛距...

ゴルフ初心者女子は道具にこだわらなくても上手になれる

これからゴルフを始めようと思っている女子の方、ゴルフは道具が揃っていないと始められない、もしくは上手...

初心者女子はアイアンの構え方を完璧にしてコースデビューしよう

初心者の方がまず正しいスイングを見につけるために使うクラブと言えばアイアンです。クラブの中でも沢山の...

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みの原因を調べよう

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みはある程度ゴルフが上達するまで続きます。ドライバーが飛...

初心者女子は雨の日のゴルフこそおしゃれな服装で楽しもう

雨の日のゴルフは服装をどうしたらよいのか悩んでしまう初心者女子の方へ、ゴルフ場へ行く時の注意、また、...

ゴルフ初心者女子は見た目でゴルフクラブセットを選んで楽しもう

今までゴルフに全く興味が無くても、彼とのデートで少しだけゴルフを体験したことをきっかけに、その面白さ...

アラフォー初心者女子は7番アイアンで飛距離を出す練習をしよう

子育てがひと段落して40代になり、初めてゴルフをする女性は以外と多いです。ご主人と一緒に楽しめる...

ゴルフ初心者女子がコースデビューで絶対に必要な持ち物リスト

いよいよ次の休日に初めてのコースデビューをするゴルフ初心者女子方へ、ゴルフ場へ行く前に必ずチェックし...

ゴルフ場デビューする初心者女子におすすめする必要な小物や用品

ゴルフの初心者女子にとって、ゴルフのコースをプレーする時にゴルフのクラブ以外に何が必要になるのかわか...

ゴルフ場へ初めていく初心者女性におすすめの持ち物リスト

ゴルフ場へ初めて行くときは、ゴルフクラブのほかにどのようなものを持っていったら良いのか色々と迷う...

スポンサーリンク

初心者女性がドライバーが当たらない原因を知る

ドライバーは、ティーイングエリアからティーアップをして打つ事ができるクラブです。

このような条件で打つのでドライバーが得意な人や不得意な人に色々分かれると思いますが、多くの初心者女性の場合、ドライバーにボールがなかなか当たらずに苦手と思っている方が多くいらっしゃると思います。

原因はドライバーのシャフトが長いことにある事が原因の1つに考えられます

しかし、長さだけでドライバーが当たらない原因にはなりません。

当たらない原因には基本的なスイングがしっかり出来ないことがその原因の割合を大きく占めると思います。

基本的なスイングが出来ない事で考えられる原因は、構え方であったり、スイングをする時の体の動きが考えられます。

アマチュア女性ゴルファーがドライバーで出せる飛距離は飛ばせる人で180ヤード以上、平均的には150ヤードから160ヤード程です。

これからゴルフ場でコースデビューをする事を目標にしているなら、しっかりとドライバーショットが出来るようになり、ある程度飛距離が出せるようになる事が、とても大切です。
まずは、自分がどのようにドライバーショットをしているのかを動画や写真に記録をして、基本の構えやスイングの方法を見直してみましょう。

ドライバーが当たらない原因を無くすにはまずアドレスを見直す事が大切

ゴルフをする上で基本のアドレスをする事は正しいスイングをする為に必ず必要になります。

ドライバーが当たらない原因のまず1つ目に考えられる事はティーの高さ

基本的なティーの高さは、ティーにボールを置いた状態で横にドライバーをセットした時に、ドライバーのヘッドから半分位ボールが出ている状態です。
ボールがドライバーのヘッドよりも高い位置にあると上に打ち上げすぎてしまったり、逆低すぎるとボールが高く上がりにくくなります。

しかし、ティーの高さはその日の調子や使っているドライバーの種類によっても適切な高さが変わりますので、少しずつ調整が必要になります。
基本的なボールの高さで当たらない時は、少し低めにするとうまく当たる場合がありますので試してみて下さい。

スタンスとボールの位置

スタンスの幅は肩幅よりも少し広めがベストです。

その時のボールの位置は左足のかかと、もしくは若干中心よりが良いでしょう。
ボールとドライバーヘッドの距離はこの後でご説明するスイングによって少しずつ変える必要があるので、とりあえずは数センチ空けておくようにしましょう。

アドレスをした時にドライバーを地面から浮かせるのか、着けておくのかは人それぞれになります。
何度か素振りをしてみて自分に合っている方法を選ぶようにしましょう。

後は、いつもスイングをする前にしているアドレスと同じ前傾姿勢でOKです。

ドライバーが当たらない初心者女性が真っ直ぐに飛ばす為のコツ

ドライバーは1番飛距離の出るクラブなので、どうしても構えた時や打つときに遠くへ飛ばしたいと意識をしてしまう事も多くなります。

意識がドライバーにボールが当たらない原因になることもあります

このような意識を無くすことでドライバーショットで上手に真っ直ぐにボールを飛ばせる様になる可能性もあります。

  • 初心者の方が使うドライバーは比較的ドライバーのシャフトは柔らかめになっている事が多いと思いますが、ドライバーはこのシャフトのしなりも飛距離を出す要素のひとつです。
  • また、ドライバーショットを成功させる為のポイントは、ドライバーをスイングして、ドライバーのヘッドが最下点を少し越えてフォロースルーで少しヘッドが上向きになった瞬間にボールに当たる事(アッパーブロー)です。

このような打ち方にする為に前述したようなボールの位置が大切になります。

しかし、この意識を持ちすぎてしまうと、ボールを上げようとしてしまいミスショットになる事があります。
ティーアップしたボールからドライバーのヘッドを少し離してみる事も方法の1つですが、あまりこのような打ち方は気にせずに、アイアンを打つときよりも横からクラブを持ってきてボールを払うようなイメージで打ってみましょう。

手打ちになってしまっていることが原因の場合もあります

バックスイングの時に自分の体の回転よりも腕が後ろに回っていることがあります。
手打ちを防ぐためにも体と肩の回転ののみに意識をして、腕は固定しているイメージでスイングをしてみましょう。

初心者女性がドライバーで当たらないのは体がぶれている可能性もある

ドライバーショットで飛距離を稼ぐためには体重移動はとても大切です。

体重移動によってスイングする時の体の軸が前後左右に揺れてしまうとドライバーにボールが当たらない原因になってしまいます

スイングをする時に左右に体が動いてしまうことを防ぐためにおすすめの方法はベタ足でスイングをする事です。

通常のスタンス幅で、足を地面に固定するようにしっかりと両足に体重をかけて、できるだけかかとを上げないように体重移動だけを意識して、下半身をどっしりと構えるようなイメージでスイングをしてみましょう。

体が前後に動いてしまうのは前傾姿勢が崩れたり、頭が動いてしまうことが原因に考えられます

頭を動いてしまうのはボールを目で追ってしまうことが考えられます。

ボールの行方が気になってしまう気持ちはとても分かりますが、しっかりとドライバーショットをするためには頭を固定することはとても大切なポイントです。

また、前傾姿勢が崩れてしまう原因は膝の角度が変わってしまうことが原因の1つに考えられます。
膝が地面と平行のままでスイングをする意識で練習をしてみましょう。

ラウンド中にドライバー当たらない状態になってしまったときの対処法

ゴルフ場でコースを周っていると、初心者だけでは無く、上級者ゴルファーでも突然ドライバーが当たらなくなってしまうことはあります。
このような時は上級者ならば、このショット1つでスコアが左右する時や、方向を狙いすぎているなどの原因が考えられますが、初心者の場合は緊張であったり、練習場とのロケーションの違いが原因に挙げられます。
このような事を気にせずにドライバーショットをする事が1番手っ取り早い対処法になりますが、なかなかそうは行きません。

初心者の方がラウンド中にドライバーが当たらない時に1番試して欲しい方法は短くクラブを持って、フルスイングをしない事です。

当然飛距離は出なくなりますが、この際そのような事は忘れましょう。

とりあえず真っ直ぐ前に飛んでくれればOK位の気持ちでドライバーショットをすることで、体の緊張や戸惑いが少し少なくなります。
それでもどうしてもうまく当たらない時には、一旦ドライバーを使うのをやめて他の得意なクラブを使う事も究極な方法の1つです。