ゴルフ初心者女性もバンカーから抜け出せる打ち方のコツと練習法

ゴルフの初心者に限らず、ゴルフのコースへ出るとバンカーに入ってしまうことは必ずあります。
ゴルフ練習場によっては練習用のバンカーが無い事もあり、コースに出てからがぶっつけ本番と言う人も少なくありません。
その為、バンカーショットの打ち方で悩む初心者女性が多くいます。
バンカーに入ってしまった時の打ち方やコツ、練習場での練習法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ初心者女子は飛距離の目安を知ってレベルアップを目指そう

いつも練習場で沢山練習していもなかなか上手にならない、コースに出てもスコアに変化のないゴルフ初心者の...

ゴルフ初心者女子がコースデビューで絶対に必要な持ち物リスト

いよいよ次の休日に初めてのコースデビューをするゴルフ初心者女子方へ、ゴルフ場へ行く前に必ずチェックし...

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みの原因を調べよう

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みはある程度ゴルフが上達するまで続きます。ドライバーが飛...

ゴルフ初心者女性におすすめするアイアンの選び方と練習のコツ

ゴルフ初心者の女性はまずアイアンの練習をする事をおすすめされると思います。それはドライバーの...

ゴルフ初心者女性がコースに出る前に覚えて欲しいルール

ゴルフを楽しむ為にはマナーはもちろんの事、ルールを守ってプレーをする事が1番大切です。初めてゴル...

ゴルフ初心者の女性はマナーに気をつけて楽しくラウンドしよう

まだゴルフを始めたばかりで、初心者のうちに会社のゴルフコンペなどでコースデビューをすることになった女...

ゴルフ初心者女子が初めてコースへ行く前に確認して欲しい事

ゴルフ場のコースに初めて出る時は、楽しみではあるけれど緊張したり、不安な気持ちでいっぱいになって...

ゴルフ初心者女子はドライバーを安定させてベストスコアを出そう

ゴルフ初心者の女子の方はドライバーがなかなか安定したショットにならない方が多いと思います。スライ...

ゴルフ初心者女性だからこそ上達がわかりやすい素振りの効果

ゴルフ初心者の方は、練習場で練習をしていても、なかなかクラブにボールがちゃんと当たらずに、上達を...

ゴルフ初心者女性はコースデビュー前にスコア目標を立ててみよう

ゴルフ初心者女性にとってコースデビュー前に初心者のスコアがいったいどれくらいなのかはとても気になる事...

ドライバーがうまく当たらない初心者女性におすすめのポイント

ドライバーは初心者女性ゴルファーにとってはなかなかボールに当たらないクラブの1つだと思います。...

ゴルフ初心者女子は練習器具を使いこなして素振りを極めよう

練習場などでまずすることは素振りです。その素振りが正しくできていないと何度練習しても上達はしませ...

初心者女性こそゴルフクラブのクリークを使いこなしてみよう

ドライバーの次に飛距離の出せるフェアウェイウッドは使いこなしておきたいクラブの1つですが、ゴルフ初心...

初心者女子がゴルフの初ラウンド前に覚えておきたい5つの事

初心者女子にとって、ゴルフの初ラウンド前というのはとても緊張するものです。技術はまだ未熟だとして...

初心者女性はゴルフウェアのマナーを守りスマートにプレーしよう

これから初めてゴルフのコースデビューをするのならば、ゴルフをする時のウェアにナニを着たら良いのか、ま...

スポンサーリンク

バンカーに入ってしまった時は打ち方は少し変えてみよう

通常の芝の上からショットをする時は、ダフらない事がナイスショットをする為の1つの条件になりますが、バンカーに入ってしまった時の打ち方は、基本的にダフりながら打ちます。
また、いつもよりも少し手首を使ったり、力を入れたり、グリップに握る力が少し強めになど、バンカーショットをする時にはいつもよりも少し打ち方を変える事で無事にバンカーから脱出することができるようになります。

クラブを砂に突き刺すようなイメージでは無く、砂とボールを一緒に外へ運ぶイメージが大切

クラブヘッドのエッジの部分ではなく、ソール(底)の部分で砂を取る感じでショットをすると良いでしょう。
このようなイメージで打つためには、しっかりとグリップを握る事と、ボールを若干左側に置いてショットをするとスムーズに打つことができます。

バンカーがグリーンの横にある時などは、できるだけピンの近くにボールを寄せたいと思ってしまうと思いますが、まだバンカーの経験の少ない初心者のうちはまずバンカーからボールを出すことに意識を置いてショットをするようにしましょう。

ゴルフ場のバンカーに入ってしまった場合の 打ち方

バンカーショットにまだ慣れていない初心者のうちは、とりあえずバンカーにボールが入ってしまったら迷わずにサンドウェッジを使う事をおすすめします。
また、バンカーショットは1回で脱出できない可能性もあり、プレーの進行に影響を与える可能性もあるので、ショット後にバンカーの砂をすぐにならすためにも、レーキは自分がショットをする近くに置いておきましょう。

バンカーショットを成功させる為の打ち方のポイント

クラブのフェースを開き、いつもよりもスタンスの幅を広く取り、目標方向(グリーン、ピンなど)に対してオープンスタンス、つまり、体を向けるように構えることです。

フェースを開く事で、クラブの底の部分(ソール)を使いやすくなります。

また、ボールの位置は左足寄りに置くことがポイントです。
ハンドファーストではなく、ハンドレイト、ボールを置いた位置よりもグリップを握っている手が後ろにあるように構えることも大切です。

バンカーショットは、これからゴルフのコースに出ると必ず経験していく事になります。
その経験によって、自分なりのボールの位置やフェースの開き方などが決まってくると思います。

自分なりのスタイルが確率していない時には、以上のような方法でバンカーショットをしてみましょう。

ゴルフのコース状態別のバンカーのショットの打ち方

コース上にはグリーンの付近にあるバンカーや、フェアウェイの途中にバンカーがある場合など様々ですが、どのバンカーに入ってしまったとしてもどのような状態でボールがバンカーに落下したか、例えば高い位置から落下したのか、もしくは転がって入ってしまったかによって打ち方の意識を変える必要があります。

グリーン付近のバンカーに入ってしまった場合は、ピンとの距離がどのくらい離れているかで構えやフェースを変えると良いでしょう。

ピンとの距離が近い場合には、ピンに対してのスタンスはオープンスタンスにして、フェースをしっかりと開きます。

逆にピンからの距離が遠い場合には、スタンスはスクエアに、フェースは少し開き気味にするようにします。
また、ボールが高い位置から落下してバンカーに入ってしまった場合には、砂にボールを埋まって目玉のようになる可能性があります。
このような時には、フェースを開いてショットをしてしまうと上手にボールがバンカーから出ません、目玉になっている時には、フェースは被せ気味にして、スイングをインパクトで止めるようなイメージで打つとバンカーから出やすくなります。

グリーンが見えなくなるくらいアゴの高いバンカー

ボールを高く上げて打つようなスイングになってしまいがちですが、このようなイメージでショットをすると、クラブを高く振り上げてしまい、失敗する事が多くなる可能性が考えられます。
アゴの高いバンカーからショットをする時には、フェースが開いている握り方を生かして、フォロースルーで低めにクラブを振り、自分がスタンスをしている方向にクラブを持ってくるイメージをすると良いでしょう。

ただし、目線を上に上げても先が見えないようなバンカーに入ってしまった時にはなんどもバンカーショットを失敗するよりは、1度出しやすい奉公へボールを出す事も方法の1つです。
何度もバンカーショットを失敗するよりも、たとえ少し後ろにボールが行く事になってしまっても、1度でバンカーからボールを出してグリーンを狙う方が打数が少なく済むかもしれません。

フェアウェイウッドの途中にあるバンカー

グリーンまでの距離がまだまだあるので、できるだけ飛距離が稼げるようなクラブの選択と打つ方が大切です。
バンカーの状態がアゴの高いものだったり、目玉になってしまっている時には、グリーン付近のバンカーショットと同じ要領でサンドウェッジを使う事が1番の方法ですが、砂の上にボールがある場合には、それなりに飛距離を稼ぐ事ができます。
このような状態でのバンカーショットではフェアウェイウッドやユーティリティを使う事をおすすめします。

例えバンカーからのショットでも、いつもよりもグリップを少し短く持って、ボールの位置を右足よりの置いていつも通りのスイングをする事でバンカーからボールを出すことができます。
グリップを短く持つ事でボールをトップ気味にショットするので、砂の影響を受けることなくバンカーショットをする事ができます。

ゴルフ初心者がバンカーの打ち方で気をつけるポイント

バンカーからショットをする時には、芝の上からのショットとは少し感覚が異なり、体のバランスを取ることが難しくなります。

海に行って砂浜を歩く時と同じ状態で砂の動きによって体のバランスが崩れてしまうとショットがしっかりと出来なくなるので、バンカーショットをする時には、スタンス幅や方向が決まったら、足を砂に少し埋めるようにして固定をしましょう。

バンカーショットにフルスイングは必要ありません

バランスを崩さない程度のスイング幅でOKです。

また、重心の割合は左足に多めにかけるようにして、通常のショットの時よりも体重移動をしないようにする事が大切です。

初心者の頃は、何度打ってもバンカーからボールが出せない事も多くなりますが、私がバンカーショットで徹底して意識していることは、砂を怖がらずに、思い切って打つ事です。

特にグリーン周りのバンカーの場合、トップをしてしまうとグリーンを越えてしまったり、砂が固くてクラブを振りぬけずにボールが出ない事を避けるために少し躊躇しながらショットをしてしまう事が多いのですが、この躊躇してしまう意識がバンカーからボールを出せない原因の1つになる事もあります。

どのような状態であっても、バンカーからボールが出たら合格と思ってショットをする事で何度バンカーに入ってしまっても怖くはなくなります。