ゴルフ場へ初めていく初心者女性におすすめの持ち物リスト

ゴルフ場へ初めて行くときは、ゴルフクラブのほかにどのようなものを持っていったら良いのか色々と迷う事も多いでしょう。
忘れ物を1つでもしてしまうと、その事が気になってしまって、なかなかプレーに集中できなくなってしまう可能性があります。
持ち物を忘れる事でプレーに影響がでてしまわないように、初心者の頃は持ち物リストを作ってチェックをしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ初心者女性はコースデビュー前にスコア目標を立ててみよう

ゴルフ初心者女性にとってコースデビュー前に初心者のスコアがいったいどれくらいなのかはとても気になる事...

ゴルフ初心者女子がコースデビューで絶対に必要な持ち物リスト

いよいよ次の休日に初めてのコースデビューをするゴルフ初心者女子方へ、ゴルフ場へ行く前に必ずチェックし...

ゴルフ初心者女子は見た目でゴルフクラブセットを選んで楽しもう

今までゴルフに全く興味が無くても、彼とのデートで少しだけゴルフを体験したことをきっかけに、その面白さ...

ゴルフ初心者女子がコースデビューまでに効率的に上達できる方法

ゴルフを始めたばかりの初心者女子の方は、できるだけ効率的に上達したい、そして、早くゴルフ場でゴル...

ゴルフ初心者の女性はマナーに気をつけて楽しくラウンドしよう

まだゴルフを始めたばかりで、初心者のうちに会社のゴルフコンペなどでコースデビューをすることになった女...

初心者女子はアイアンの構え方を完璧にしてコースデビューしよう

初心者の方がまず正しいスイングを見につけるために使うクラブと言えばアイアンです。クラブの中でも沢山の...

ゴルフ初心者女子は飛距離の目安を知ってレベルアップを目指そう

いつも練習場で沢山練習していもなかなか上手にならない、コースに出てもスコアに変化のないゴルフ初心者の...

初心者レディースゴルファーがゴルフを心から楽しむためのコツ

初心者レディースゴルファーは、ゴルフがうまくなりたいし、おしゃれもしたいし、なんといっても楽しみ...

ゴルフ初心者女子は道具にこだわらなくても上手になれる

これからゴルフを始めようと思っている女子の方、ゴルフは道具が揃っていないと始められない、もしくは上手...

アラフォー初心者女子は7番アイアンで飛距離を出す練習をしよう

子育てがひと段落して40代になり、初めてゴルフをする女性は以外と多いです。ご主人と一緒に楽しめる...

ゴルフ初心者女子はドライバーを安定させてベストスコアを出そう

ゴルフ初心者の女子の方はドライバーがなかなか安定したショットにならない方が多いと思います。スライ...

ゴルフ初心者女子は練習器具を使いこなして素振りを極めよう

練習場などでまずすることは素振りです。その素振りが正しくできていないと何度練習しても上達はしませ...

ゴルフ初心者女性におすすめするアイアンの選び方と練習のコツ

ゴルフ初心者の女性はまずアイアンの練習をする事をおすすめされると思います。それはドライバーの...

ゴルフの打ちっぱなしへ初めて行く初心者女子へのアドバイス

ゴルフを始めて打ちっぱなしへ初めて行く時は、とても緊張をするし、どのように練習をしたら良いのか全くわ...

初心者女性が自宅でアプローチを練習してスコアアップさせる方法

初心者女性でも、何度かコースをラウンドすると、わかってくることがあります。それは、いくら飛距...

スポンサーリンク

ゴルフをする時の持ち物リストで1番重要なのはゴルフセット

ゴルフをする上で1番重要になるものはゴルフセット

ゴルフシューズやゴルフグローブも必要

ゴルフクラブを入れるキャディバッグにはクラブを14本まで入れることができます。

だからと言って初心者の頃は14本全てのクラブを使ってゴルフをすることは滅多にありませんが、入れられる本数を知っておく事もこれから上級者になっていくには大切な事です。
初めてコースに出る前にはクラブを1度確認しておきましょう。
練習をしている時についたボールの跡を消す、グリップの状態をチェックするなどプレーをする上での大切な道具は手入れをしておきましょう。

忘れがちなのがキャディバッグに付けるネームタグ

一般的にはゴルフ場に付くと、エントランスでゴルフ場のスタッフにキャディバッグを預け、カートにセッティングをしてもらう事になります。

ネームタグが無いと、いったい誰のキャディバッグのなかが分からなくなってしまう可能性があります。
はっきりと自分の名前が分かるようにネームタグを付けておきましょう。

その他にはグリーンの上で使うマーカーやグリーンフォークは必ず1つ用意しましょう。

ゴルフ初心者が少し多めに持ち物リストに加えておいて欲しいアイテム

コースデビューの時は、まだ経験不足な事に加えて緊張をしてしまうものなので、思った方向にボールが飛んでいかない事が多くなると思います。

コースへ出る時に多めに持っていって欲しいアイテムはゴルフボール

おすすめは1ダース(12個)程度のゴルフボールを用意しておく事です。

そんなに使う事は無いと思うかもしれませんが、ボールを無くしてしまうのは、OBをした時や池に入れてしまったときだけではありません

とても深いラフや、枯葉などの中にボールが入ってしまうとなかなか見つけることが難しくなります。ゴルフのルール上、3分ほどボールを探して見つからない時はロストボールになり、新しいボールで再度打つ事になります。

このように考えると、ボールはできるだけ多めに持っていくことが良いでしょう。

ロストボールをできるだけ防ぐ方法としてはカラーボールを使うこともおすすめ

少し濃い目の明るいカラーボールを使うことでとても見つけやすくなります。
また沢山使う事になりそうならば、ロストボールを買って費用を抑える事も1つの方法です。

もう1つ少し多めに持っていって欲しいアイテムはティーです。
長さの違う種類のティーを10本程度持って行くととても便利です。

ゴルフをする時に女性に特に持ち物リストに入れて欲しいもの

多くのゴルフ場にはお風呂場がありラウンド後に汗を流すことができます

お風呂場やパウダールームには女性に必要なアメニティが揃っていることが多いので忘れてしまってもあまり困ることはないのですが、いつも使ってるものじゃないと肌荒れが気になる方は、スキンケアアイテムを持っていくと良いでしょう。
また、ゴルフ場へどのような交通手段で来たかに関らず、すっぴんで帰ることは大人の女性にとってはなかなか勇気のいる事です。
一緒にラウンドをした人との時間のタイミングも考える事が必要になるので、最低限のメイクができるくらいの道具を持っていきましょう。

ドライヤーは完備されている事がほとんどですが、ヘアアイロンなどはありませんので、携帯用のアイロンなどを持って行く事をおすすめします。

また、着替え用の下着なども必ず持って行きましょう。

私がゴルフ場へ行く時にはトラベル用の容器にスキンケアアイテムや、使い切りのシャンプーセットを持って行き、できるだけ小さめの荷物にするようにしています。

ゴルフ場へ行く時の持ち物リストは季節によって変わる

雪が積もる地域を除いてほぼ1年中ゴルフは楽しめます。

1年を通じてゴルフ場へ行く時に必要になる持ち物は、汗拭き用のタオル、水分補給をするドリンク、日差しの無いときでも油断ができない日焼け止めです。
特に日焼け止めはプレーの進行具合によってはなかなか塗り直しをする時間がないのが難点です。

特に初心者の頃は他の人よりも多く走り、多く打つことになるので汗もかいてしまうし、忙しくなります。
そんな中でゆっくりと日焼け止めを塗り直している時間は無いと思っておきましょう。
そこで活躍するのが日焼け止めスプレーです。
クリームタイプの日焼け止めのように手のひらに出して伸ばす必要がないので、さっと塗り直しができます。
また、スプレータイプは髪の毛にも使える事も多く、ゴルフをする時以外の日常生活にも使えるので、1つ持っていても無駄にはなりません。

1年と通じて使う持ち物の他に、季節を考えたアイテムも必要になります。

夏場はこまめに水分補給をするこ事がとても大切

氷を敷き詰めたボトルにドリンクを入れたり、あらかじめ凍らせておいたドリンクを持っていくなどしましょう。

冷感タオルなども汗を拭くのと同時に体を冷やすことができるのであると便利です。

また、ゴルフ場は自然の中でのスポーツですので、虫がとても多いです。

  • 虫除けスプレーは必ず持って行きましょう。
  • 冬場はとにかく寒さに対する持ち物を持って行きましょう。
  • ポケットに入れられるくらいの大きさのカイロを数個、ハンドクリームやリップなどの乾燥対策などが必要です。
  • また、ネックウォーマーやレッグウォーマー、イヤーマフは冷え対策として準備をしておきましょう。

ゴルフ場へ行く時には持ち物リストの他に服装も大切

ゴルフをプレーする為に必要になるアイテムはある程度ゴルフ場に併設されているショップで揃えることができるので、少しは安心ですが、服装はあまり気を抜かずにチェックをしましょう。
大きなゴルフ場になるとゴルフウェアを取り揃えているショップもありますが、ゴルフ場のドレスコードでは無い服装で来てしまって慌ててショップで買うような事は女性としては少し恥ずかしい事です。
細かくドレスコードを設定しているゴルフ場へ行く時には、そのドレスコードに反する服装をしていると、入場自体を断られてしまい、プレーが出来なくなってしまいます。

オフィス街に勤めているOLさんのコーディネイトを参考にしましょう

ただし、高すぎるハイヒールや、サンダル、ミュールはNGなので注意が必要です。
ジャケットは羽織ってもおかしくない服装をするとほとんどの場合のドレスコードはクリアできます。

ゴルフウェアも事前にチェックをしておきましょう。
シワだらけだったり、形が崩れているようなウェアは一緒にラウンドする人に対しても失礼に当たりますので、注意をしましょう。