ゴルフ初心者女子は飛距離の目安を知ってレベルアップを目指そう

いつも練習場で沢山練習していもなかなか上手にならない、コースに出てもスコアに変化のないゴルフ初心者の方は、平均の飛距離の目安を知ることで上達へのきっかけをつかめるかもしれません。
ゴルフ初心者女子が目安としたい飛距離と、練習方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの打ちっぱなしへ初めて行く初心者女子へのアドバイス

ゴルフを始めて打ちっぱなしへ初めて行く時は、とても緊張をするし、どのように練習をしたら良いのか全くわ...

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みの原因を調べよう

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みはある程度ゴルフが上達するまで続きます。ドライバーが飛...

初心者アマチュア女子におすすめゴルフクラブのセッティング

これからゴルフクラブのセットを買って本格的にゴルフを始めようと思っている方はどのようなクラブを選んだ...

ゴルフ初心者女性だからこそ上達がわかりやすい素振りの効果

ゴルフ初心者の方は、練習場で練習をしていても、なかなかクラブにボールがちゃんと当たらずに、上達を...

超初心者女子でも憧れの彼と一緒に楽しめるスポーツはゴルフ

憧れの彼がゴルフをしているから一緒にゴルフをしてみたい。またはゴルフウェアがかわいいからゴルフに...

初心者女子がゴルフを上達させる為に知っておいて欲しい大切な事

誰でもゴルフが少しでも上達してくると、楽しくなってきて、ますますゴルフが好きになってくるものです...

ゴルフ初心者女子がコースデビューで絶対に必要な持ち物リスト

いよいよ次の休日に初めてのコースデビューをするゴルフ初心者女子方へ、ゴルフ場へ行く前に必ずチェックし...

初心者女子は雨の日のゴルフこそおしゃれな服装で楽しもう

雨の日のゴルフは服装をどうしたらよいのか悩んでしまう初心者女子の方へ、ゴルフ場へ行く時の注意、また、...

初心者レディースゴルファーがゴルフを心から楽しむためのコツ

初心者レディースゴルファーは、ゴルフがうまくなりたいし、おしゃれもしたいし、なんといっても楽しみ...

ドライバーがうまく当たらない初心者女性におすすめのポイント

ドライバーは初心者女性ゴルファーにとってはなかなかボールに当たらないクラブの1つだと思います。...

初心者女性が自宅でアプローチを練習してスコアアップさせる方法

初心者女性でも、何度かコースをラウンドすると、わかってくることがあります。それは、いくら飛距...

初心者女性はゴルフウェアのマナーを守りスマートにプレーしよう

これから初めてゴルフのコースデビューをするのならば、ゴルフをする時のウェアにナニを着たら良いのか、ま...

ゴルフ初心者女子は道具にこだわらなくても上手になれる

これからゴルフを始めようと思っている女子の方、ゴルフは道具が揃っていないと始められない、もしくは上手...

ゴルフ初心者の女性はマナーに気をつけて楽しくラウンドしよう

まだゴルフを始めたばかりで、初心者のうちに会社のゴルフコンペなどでコースデビューをすることになった女...

ゴルフ初心者女性がコースに出る前に覚えて欲しいルール

ゴルフを楽しむ為にはマナーはもちろんの事、ルールを守ってプレーをする事が1番大切です。初めてゴル...

スポンサーリンク

飛距離の目安を知ることがゴルフレベルアップへ繋がる

飛距離と聞くと遠くへ飛ばすことしかイメージできない方も多いと思います。
もちろん飛距離を伸ばすことはゴルフのスコアアップをさせる重要なことですが、自分の使っているそれぞれのクラブの飛距離の目安を知ることも同じように大切です。

ゴルフを始めると絶対に遠くへ飛ばしたくなります。
特に何度がゴルフのコースを周ると更に飛距離が気になってきます。
このような気持ちになった時が、飛距離アップへ向けての練習を始めるタイミングです。
いつも夫とコースを周る時に思い知らされる事があります。
それはロングホールでのドライバーの飛距離の違いです。
経験値も実力の全く違うのはわかっているのですが、あまりにも飛距離が違いすぎてなんとなく悔しい気持ちになります。
その違いだけで2打分くらい違ってきます。
一方でショートホールではそれほど感じる事はありません。
それは、私の最大飛距離が出せれば、グリーンにオンすることも可能なので、ショートホールが夫よりもスコアが良くなれるかもしれない唯一のチャンスです。
このような事から、1打目で同じ飛距離を飛ばすことは無理でも2打目、3打目でクラブの飛距離がどれ位なのかを知っておくことで上級者に追いつけるホールが出てくるかもしれない可能性に気付きました。
その後の練習からは普段ラウンド中に使うクラブがどれだけ飛距離が出ているのかメモをするようにしています。
その飛距離を頭に入れておくことで今ではラウンドする時にとても役立っています。

ゴルフスコアアップを目指して飛距離の目安を知ろう

単純に飛ばした距離が飛距離とする考え方で間違いは無いのですが、細かく言うと飛距離はボールが落ちた所(キャリー)とボールが落ちた地点から転がって止まった所(ラン)の合計の事を言います。
ドライバーとアイアンではランの出方が違うのですが、まだ初心者の頃は細かい所まで気にする必要はありません。

それでは飛距離について考えてみましょう。
女性ゴルファーのドライバーの飛距離(キャリーのみ)は150ヤードから180ヤード、7番アイアンで90ヤードから120ヤード、ピッチングウェッジで50ヤードから80ヤード、サンドウェッジで40ヤードから60ヤード前後が平均です。
もちろんこの平均は風の影響や天気、ヘッドスピードやクラブの性能などにより変わります。

私はアイアンが得意でドライバーが苦手なので、アイアンはほとんど平均よりも少し飛距離を出すことができるのですが、ドライバーはキャリーで120ヤードから130ヤードでランを足してやっと150ヤードいけるかどうかです。

ご自分の現在の飛距離がこの目安に近いかどうかをチェックしてみましょう。

練習場には50ヤード、100ヤードなどの表示があります。
その表示を目安に打ってみましょう。
ただし、練習をする時間帯によっては、他の人が練習したボールが多すぎて見えないことがありますので、距離は大体の位置を確認するくらいで大丈夫です。
また、練習場によっては2階や3階に打席がある場合がありますが、飛距離を知りたい時は必ず1階席を使うようにしましょう。

それぞれのクラブでの飛距離がわかったら、次は目標の距離へ飛ばしたい時にどのクラブを選択するのがベストなのかを考えましょう。
このクラブ選びは初心者女子にとってスコアアップに繋げられるかもしれない重要なポイントです。
50ヤードはこのクラブ、100ヤードはこのクラブで打つと決めておくとラウンドに出た時に慌てずにプレイすることができます。

私は一番コースに出て頼りにしているクラブがピッチングウェッジです。
ピッチングウェッジが1番得意ということもあるのですが、このクラブを使うと飛距離が100ヤード近く飛ばせるので、残りの距離が100ヤード以上あるけれど手前にバンカーがある時や、木がグリーンまでの位置に邪魔になるときなどは、長いクラブで100ヤード以上飛ばしてバンカーを越えようとしたり、木を避けて打とうとせずに、100ヤードで刻みます。
私の場合ですが、ピッチングウェッジを使うことで思いもしない方向へ飛んでいったり、極端にダフるなどのミスショットがなくなるので、このような時は必ずこのクラブを使うようにしています。

このように自分の出せる飛距離の目安を知っておくことで、スコアアップは期待できるでしょう。

ゴルフの飛距離の目安へ近づくために意識するポイント

平均の飛距離に近づくためにはヘッドスピードを考えることも、ポイントの1つです。

ヘッドスピードを上げると聞くと力強く豪快に打つイメージが浮かぶ方もいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

初心者女子にとって1番意識して欲しいポイントは下半身主導でスイングできているかどうかです。

特にありがちなのが、ボールを見すぎていて、クラブにボールを当てることに集中してしまい体が回転するよりも先に腕でボールを打とうとしてまうことです。
下半身主導の回転の力によって腕が後から付いてきてシャフトのしなりによってボールを飛ばすことが理想的なスイングです。
その他にクラブの軌道やクラブフェースの向きなど色々意識するポイントはあるのですが、まずは下半身主導を意識することを1番に練習をしてみましょう。

意識する方法は、ゆっくりとスイングをしてみることです。

すばやく打つことが飛距離アップに繋がるとは限りません。
まずはトップの位置に来たときに一旦スイングを止めて、腰を回し始める事を頭に入れながらスイングしてみましょう。
スイングを止めると言ってもほんの数秒でOKです。
その時にできるならばスマートフォンなどでスイングの動画を撮影しておき、下半身主導が出来ているかどうかを確認することも正しいスイングになれる方法の1つです。

ゴルフの飛距離の目安を目指して練習しよう

下半身主導がスイングに定着したら他のことも意識して練習しましょう。

まず、スイングをする前にグリップの握り方とアドレスをチェックしましょう。
この二つを再度チェックすることは飛距離アップに繋がる可能性があります。
また、スイングをする時に「思い切って振る」事も大切です。
理想のスイングを頭に浮かべて練習することでフォームは綺麗だけれどコンパクトにまとまりすぎてしまっているかもしれません。
このような時は1回の素振りではなく、連続で何回も素振りをしてみましょう。
ぶんぶん音を出すような感じでクラブを振ることでスムーズなスイングになる事が期待できます。

連続素振りでリズムが掴めたら実際にボールを打ってみましょう。

飛距離がアップしていたら素振りの練習は成功です。

また、素振りをしてる時に確認をして欲しいポイントは、スイングをしていてトップの位置に来たときに目標方向に背中が向いているか、そしてフォローの時には目標方向に胸が向いているかどうかで思い切りスイングが出来ているかどうかです。
確認するためにその位置で止めてみる事も方法の1つです。

練習以外でゴルフの飛距離の目安まで飛ばすために必要な事

基本的なスイングを見直してみたり、色々試してみてもなかなか飛距離の目安まで飛ばせない場合は、一度ゴルフアイテムを見直してみることも大切なことです。
見落としがちなアイテムがグリップです。
グリップが劣化していると、滑りやすくなるので握るときに無駄な力が入ってしまいます。
力が入ってしまうと理想的なスイングが出来なくなってしまいます。
グリップを握る力が強くなっているなと感じた時はチェックをしてみましょう。

私が劇的に飛距離アップの成功をした事はクラブを取り替えたことも理由の1つにあります。
もともと知人から譲り受けたクラブセットを使っていたのですが、特にドライバーが古いモデルでヘッドが小さく、1番苦手なクラブでした。
たまたま立ち寄ったゴルフショップでセールをしていたレディース用のドライバーを見つけて購入してみました。
ヘッドが大きいことが1番かもしれませんが、それよりも、シャフトのしなりが今まで使ってきたドライバーと大きく変わり、20ヤード以上飛距離をアップすることができました。
また、グリップが今まで使っていたよりも少し細いことも私の手の大きさに合っていたので良かったのだと思います。
その他にはボールを変えるなど色々ありますが、経験者のアドバイス通りに練習をしていてもなかなか飛距離が出ないこのような方法も考えの1つに入れておきましょう。