ゴルフ初心者女子がコースデビューで絶対に必要な持ち物リスト

いよいよ次の休日に初めてのコースデビューをするゴルフ初心者女子方へ、ゴルフ場へ行く前に必ずチェックしておいて欲しいゴルフに関する持ち物はどのようなものなのか、そして絶対に持って行って欲しい持ち物をご紹介します。
ゴルフ場へ持って行くそれぞれのバッグごとの持ち物や季節に合った持ち物や持って行く前に確認しておきたいことなど、持ち物のチェックリストとしてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者女子がゴルフの初ラウンド前に覚えておきたい5つの事

初心者女子にとって、ゴルフの初ラウンド前というのはとても緊張するものです。技術はまだ未熟だとして...

初心者レディースゴルファーがゴルフを心から楽しむためのコツ

初心者レディースゴルファーは、ゴルフがうまくなりたいし、おしゃれもしたいし、なんといっても楽しみ...

初心者女子はアイアンの構え方を完璧にしてコースデビューしよう

初心者の方がまず正しいスイングを見につけるために使うクラブと言えばアイアンです。クラブの中でも沢山の...

初心者女性が自宅でアプローチを練習してスコアアップさせる方法

初心者女性でも、何度かコースをラウンドすると、わかってくることがあります。それは、いくら飛距...

ゴルフ初心者女子は見た目でゴルフクラブセットを選んで楽しもう

今までゴルフに全く興味が無くても、彼とのデートで少しだけゴルフを体験したことをきっかけに、その面白さ...

ゴルフ初心者女子はドライバーを安定させてベストスコアを出そう

ゴルフ初心者の女子の方はドライバーがなかなか安定したショットにならない方が多いと思います。スライ...

No Image

初心者女性だからこそゴルフウェアでおしゃれを目指してみよう

これからコースデビューを控えている初心者女性の方は、ゴルフ場へいったい何を着ていったら良いのか、...

ドライバーがうまく当たらない初心者女性におすすめのポイント

ドライバーは初心者女性ゴルファーにとってはなかなかボールに当たらないクラブの1つだと思います。...

初心者アマチュア女子におすすめゴルフクラブのセッティング

これからゴルフクラブのセットを買って本格的にゴルフを始めようと思っている方はどのようなクラブを選んだ...

ゴルフ場へ初めていく初心者女性におすすめの持ち物リスト

ゴルフ場へ初めて行くときは、ゴルフクラブのほかにどのようなものを持っていったら良いのか色々と迷う...

ゴルフ初心者女子は練習器具を使いこなして素振りを極めよう

練習場などでまずすることは素振りです。その素振りが正しくできていないと何度練習しても上達はしませ...

初心者女子は雨の日のゴルフこそおしゃれな服装で楽しもう

雨の日のゴルフは服装をどうしたらよいのか悩んでしまう初心者女子の方へ、ゴルフ場へ行く時の注意、また、...

女性ならではの気配りでゴルフの練習場のマナーはしっかり守ろう

これからゴルフ練習場へ初めて行く初心者女性ゴルファーの方は、ゴルフ練習場の雰囲気や手続き方法、そ...

初心者女性はゴルフウェアのマナーを守りスマートにプレーしよう

これから初めてゴルフのコースデビューをするのならば、ゴルフをする時のウェアにナニを着たら良いのか、ま...

ゴルフ初心者女子は道具にこだわらなくても上手になれる

これからゴルフを始めようと思っている女子の方、ゴルフは道具が揃っていないと始められない、もしくは上手...

スポンサーリンク

初心者女子がゴルフに必要な持ち物はまずキャディバッグの中からチェック

ゴルフをプレーするのに絶対に必要になるキャディバッグの中は必ず持って行かなくてはならないものをすべてチェックする必要があります。

まずはゴルフクラブです。
キャディバッグの中には14本までのクラブを入れることができます。
初心者女子の方は14本以上のクラブを持っていることが少ないと思いますのでこの本数をオーバーすることは無いと思いますが、クラブが全て入っているか確認しておくことは大切です。
私は以前コースに出る前日にパターの練習とウェッジの確認をする為に自宅にこの2本を持込んだのを忘れてしまいゴルフ場に出発したことがありました。
自宅から近くの練習場で練習をしてからゴルフ場へ向かう予定だったので、練習場でクラブを忘れたことに気付き取りに帰る事ができました。
それからはキャディバッグを車に乗せる前に必ず確認をするようにしています。
ゴルフクラブの次に必要になるのがゴルフボールやゴルフグローブ、ティーです。
特にゴルフボールは初心者の頃はOBをする事のほかに、林や草に入りボールを見つけられずに失ってしまうことが多いです。
ゴルフボールは少し多いかなと思うくらいに持っていくことをおすすめします。
最初は1ダース(12個)前後のゴルフボールを用意して持って行きましょう。
また、ティーは長いものや短いものなどを10本ほど持っていくと便利です。

また、マーカーもグリーン上では必ず必要になります。
パターのグリップエンドにつけるタイプや帽子に付けるタイプのマーカーなど、自分の好きなデザインや形を選んで持って行きましょう。
ゴルフ場に置いてあることも多いのですが、クラブを拭くためのタオルなどもあると便利です。

急な天気の変更に備えるためにレインウェアも用意しておくことをおすすめします。
キャディバッグには沢山収納するポケットがありますので、このようなアイテムを入れて確認をしておきましょう。

ゴルフ場に持っていく持ち物はボストンバッグに入れて持って行こう

ゴルフ場へ行く時にはそのゴルフ所毎に決められているドレスコードで行くことになります。

基本的には少し値段の高いレストランへ外食へ行く時ののような服装でOK

ゴルフ場によってはゴルフウェアでの入場を認めているところもありますが、初めて行くゴルフ場ならば、ちゃんとした服装で行くことが良いでしょう。
そうなると、ゴルフ場でゴルフウェアに着替えることになるので、少し大きめのバッグが必要になります。

他に入れるものを考えるとボストンバッグ程の大きさがおすすめです。

ボストンバッグは主にゴルフシューズやゴルフウェア、替えの下着などを入れます。

また、ラウンド後にはシャワーやお風呂に入ることもあります。
女子にとってすっぴんで外を歩くのはとても勇気のいることです。
クレンジングやスキンケアアイテム、メイク道具などを持っていくようにしましょう。
もちろん多くのゴルフ場のお風呂場やパウダールームにはメイク道具以外の女性が困らないアイテムが置いてありますが、スキンケアアイテムなどは肌荒れの心配もあるのでいつも使っているものがおすすめです。

フェイスタオルやバスタオルなどはレンタルやお風呂場に常備してあることが多いのですが、場所によって変わりますので、ゴルフ場に確認を取っておきましょう。

ゴルフ初心者女子は絶対にこの持ち物をカートに載せて欲しい

ゴルフ場へ持って行くバッグはキャディバッグとボストンバッグだけではありません。

カートに乗る場合も乗らない場合も必要になるのが小さいトートバッグ

カートに乗せる用のバッグなのでカートバッグと呼ばれます。
カートにはあまり大きなバッグを持っていくことはできません、カート無しの場合も大きなバッグは持ち歩きに不便です。
小さなバッグに女子に必要なアイテムを全部入れることになるので、入れるアイテムは厳選したものにします。

まずはスマートフォン、財布、カギなどの貴重品です。

持ち歩くのが不安ならば貴重品ロッカーなどに預けると安心です。
また、ティッシュ、ドリンク、小腹が空いた時様のお菓子などを入れます。

できれば、予備以外の本番に使うボールやティーなどを数個入れておくと便利です。

ゴルフは外でするスポーツなので、女子にとって大敵の汗をかいたりや紫外線が多いです。

日焼け止めや制汗スプレー、リップ、ちょっとしたメイク直しのできる道具や鏡などは絶対にバッグに入れておきましょう。

ゴルフは外でするスポーツなので、女子にとって大敵の汗をかいたりや紫外線が多いです。汗を拭くためのタオル、汗拭きシートも必要です。
カートバッグに色々アイテムを詰め込むには小さいポーチを用意すると便利です。
色々なアイテムをそのまま入れて持ち歩くと、いざ使いたい時に目的の物がなかなか見つけられません。
種類ごとにポーチに分けてカートバッグに収納するようにしましょう。

グリーンフォークは必要になる場合が多くなりますので用意しましょう。

グリーンフォークはグリーンの上にあるボールの落下の後を直すアイテムです。

このボールの跡はディボットと呼ばれ、そのままにしておくとグリーンが荒れてしまう原因になります。

ゴルフ場へ行く時の季節を考えた持ち物は初心者だからこそ大切

ゴルフはゴルフ場がクローズしない限りどのような季節でもプレーすることができます。
しかし、季節の変わり目や天候が変化しやすい時期にゴルフをする時には特に持って行くアイテムに注意が必要です。

夏場は特に虫が活発に活動する季節です。
ゴルフ場は山の中にあることが多いために虫がたくさんいます。

虫除けスプレーや虫に刺されたときのための薬などが必要

私が前に経験したのは、朝一番でコースに出た時に、一つ前のホールでスタッフが芝を刈っていたのですが、刈りたての芝に大量の小さい虫が群がっていて怖い思いをしました。
一緒にラウンドしている人には「ゴルフ場に虫はつきものなんだからいちいち気にするな」と言われましたが、やっぱり苦手なものは苦手なので、虫除けスプレーを使いまくりました。
また、暑い日は保冷剤や凍らせたドリンクなども持っていくと良いでしょう。熱中症対策の他に暑くて気持ちが緩んだときにも使えます。

日焼け止めは2種類のタイプを持って行くと便利

なぜなら、プレーの進み具合によっては日焼け止めを塗り直す時間が有ったり無かったりするからです。
時間のある時は日焼け止めクリームやローションを塗り直す時間もありますが、後ろの組が沢山いて待っている時なはゆっくり塗り直している時間はありません。

便利なのがスプレータイプの日焼け止めです。

スプレータイプの日焼け止めはクリームタイプやローションタイプの様にゴルフグローブを外して塗り直す必要が無いので特におすすめです。

また、肌以外にも日焼けしやすい場所は髪の毛です。
スプレータイプの日焼け止めは髪に使えるものが多いので、1本持っておくとゴルフ以外にも使えます。

春や秋、冬が始る頃は太陽が出ていても気温が低い日も多い

ゴルフはクラブ使ってプレーするスポーツなので、手の保温が必要です。

ゴルフ用の防寒グローブやカイロなどを持って行くようにしましょう。
また、ネックウォーマーなども気温によってすぐに着脱できるのでおすすめです。
夏場に使っていた帽子やサンバイザーなどをこのような時期に使うのであれば、ニット帽に変えるか、もしくはイヤーマフなどを使って耳や頭を冷やさないようにしましょう。

また、足の冷えは女子にとっては厳禁です。レッグウォーマーはその日のゴルフウェアに合うならば使うようにしましょう。

ゴルフ場へ行く前に必ずチェックして欲しい持ち物の状態

ゴルフ場へ持って行くアイテムが全て揃ったら、最後にチェックして欲しい事があります。
それは、アイテムの状態です。

壊れていないか、汚れていないかなどを確認しましょう

ゴルフクラブはフェース面が汚れていないか、グリップの状態は大丈夫でしょうか。
ゴルフシューズやゴルフグローブは痛んでいないかなどをチェックします。

ゴルフ場へ着ていく服にはきちんとアイロンがかかっていて清潔に見えるかどうかなどをチェックすることも大切です。

また、キャディバッグは購入した時にネームプレートに名前を入れてくれることが多いのですが、たまに名前の入っていないネームプレートのままになっている事があります。
ゴルフ場に到着して、スタッフの方がキャディバッグをカートに積み込みをしてくれる時は必ずこのネームプレートを見て同じ組の振り分けをします。

ネームプレートに名前がないとスタッフだけでは無く、一緒にラウンドをする人に迷惑がかかる場合もありますので気をつけましょう。