ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みの原因を調べよう

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みはある程度ゴルフが上達するまで続きます。
ドライバーが飛ばない現実を受け入れて諦めるのか、絶対に飛ばしたいと思うかによって、これからどのようなゴルフをしていくのかが分かれていきます。
ドライバーを真っ直ぐ遠くへ飛ばせるようになる事は、間違いなくこれからスコアアップをする期待ができます。
ドライバーが飛ばないと悩んでいるのならば、ドライバーが飛ばない原因や、どう改善したら良いのかを知りましょう。
ドライバーが飛ばない原因や改善方法、練習方法をご紹介します。
自分の悩みがどこに当てはまるのかを知るきっかけにしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーがうまく当たらない初心者女性におすすめのポイント

ドライバーは初心者女性ゴルファーにとってはなかなかボールに当たらないクラブの1つだと思います。...

ゴルフ初心者女子がコースデビューまでに効率的に上達できる方法

ゴルフを始めたばかりの初心者女子の方は、できるだけ効率的に上達したい、そして、早くゴルフ場でゴル...

ゴルフ初心者女子は飛距離の目安を知ってレベルアップを目指そう

いつも練習場で沢山練習していもなかなか上手にならない、コースに出てもスコアに変化のないゴルフ初心者の...

ゴルフ初心者女性もバンカーから抜け出せる打ち方のコツと練習法

ゴルフの初心者に限らず、ゴルフのコースへ出るとバンカーに入ってしまうことは必ずあります。ゴル...

初心者女子がゴルフを上達させる為に知っておいて欲しい大切な事

誰でもゴルフが少しでも上達してくると、楽しくなってきて、ますますゴルフが好きになってくるものです...

初心者女性が自宅でアプローチを練習してスコアアップさせる方法

初心者女性でも、何度かコースをラウンドすると、わかってくることがあります。それは、いくら飛距...

ゴルフ初心者女性がぐんぐん上達できる練習場での練習方法

これからゴルフを始めようと思っている初心者女性の方は、練習場へ行く時に必要なもの、そして、どのように...

ゴルフ初心者女子は練習器具を使いこなして素振りを極めよう

練習場などでまずすることは素振りです。その素振りが正しくできていないと何度練習しても上達はしませ...

初心者女子がゴルフの初ラウンド前に覚えておきたい5つの事

初心者女子にとって、ゴルフの初ラウンド前というのはとても緊張するものです。技術はまだ未熟だとして...

ゴルフ初心者の女性はマナーに気をつけて楽しくラウンドしよう

まだゴルフを始めたばかりで、初心者のうちに会社のゴルフコンペなどでコースデビューをすることになった女...

ゴルフ初心者女性におすすめするアイアンの選び方と練習のコツ

ゴルフ初心者の女性はまずアイアンの練習をする事をおすすめされると思います。それはドライバーの...

ゴルフ初心者女性がコースに出る前に覚えて欲しいルール

ゴルフを楽しむ為にはマナーはもちろんの事、ルールを守ってプレーをする事が1番大切です。初めてゴル...

ゴルフ初心者女子がコースデビューで絶対に必要な持ち物リスト

いよいよ次の休日に初めてのコースデビューをするゴルフ初心者女子方へ、ゴルフ場へ行く前に必ずチェックし...

初心者女性はゴルフウェアのマナーを守りスマートにプレーしよう

これから初めてゴルフのコースデビューをするのならば、ゴルフをする時のウェアにナニを着たら良いのか、ま...

ゴルフ場へ初めていく初心者女性におすすめの持ち物リスト

ゴルフ場へ初めて行くときは、ゴルフクラブのほかにどのようなものを持っていったら良いのか色々と迷う...

スポンサーリンク

ゴルフ初心者女子はどれくらいドライバーが飛んでいれば良いのか

練習場でドライバーの練習をしていてもあまり気にならずに、コースに出た時に他の人と見比べて気付くのが、ドライバーの飛距離の違いと言う方は少なからずいると思います。

私はほぼ夫とコースに出ていますが、経験の違いやレベルの違いを考慮してもドライバーの飛距離がこんなに違うのかとびっくりします。
男性と女性の飛距離を比べること自体が間違いと思いたいのですが、女性でも男性並みに飛距離を出す方もいますので全くの間違いではないでしょう。

そもそも、ゴルフ初心者の女子はどれ位の飛距離が出ていれば良いのでしょうか。

飛距離はヘッドスピードなどが関係する

ヘッドスピードは正しいスイングが出来ているかなど色々な要因で早くなったりも遅くなったりもします。

アマチュア女子の平均のドライバー飛距離は150ヤード~180ヤード位です。

ある程度のレベルのアマチュア女子にの飛距離なので、今現在の飛距離と比較して焦ることはありません。
この平均を目標として練習をしましょう。

今が120ヤード位ならば、まずは130ヤードを目標にするなど、一度に飛距離を上げようとせずに、少しずつ距離が伸ばせたら良いな位の感覚で練習をしてみましょう。

ゴルフ初心者女子のドライバーが飛ばない原因はアドレスかも

ドライバーが飛ばない悩みを解決できる方法として考えられるのがまずドライバーショットを打つ前のアドレスにあるかもしれません。
アドレスをした時のフェース面の向きやボールの位置、グリップの握り方などです。

  • まず、フェース面が開いてしまってアドレスをしている時はそのままの向きでスイングをしてしまい、結果、ボールが右に飛んでしまいドライバーショットが飛ばなくなってしまいます。
  • アドレスの時のフェース面が合っているかのチェック方法は、アドレスをした時にグリップエンドの方向が左の太ももを向いているかどうかです。
外側を向いているとフェース面が開いてしまっている可能性があるので注意をしましょう

また、ボールの位置は基本的に左足のかかとの内側の延長線上、もしくは左の股関節の内側の延長線上などになります。
この位置にする事によってがインパクトの時にドライバーショットに最適なアッパーブローの打ち方を自然に行えるようになります。

私の場合は、基本的なボールの位置はあまり変えないようにしていますが、その日のスイングの調子で少し位置を調整することもあります。
ドライバーで素振りをした時にスイングが安定していない日もありますし、体調子によっても基本のボールの位置ではうまく打てない日もあります。
そのような時は自分が打ちやすいボールの位置を少しずつ探すようにしています。

また、ボールが右に飛んでしまい飛距離が出ない原因はグリップの握り方に問題がある場合もあります。

いつものグリップの握り方を一度見直してみてください。
左手の親指と人さし指の付け根で出来たVの字が左肩を向いているときはウィークグリップになっている可能性があります。

このようなグリップになっているとフェースが開いたままでインパクトを迎えることになります。
左肩ではなく、右肩を向くくらいに握って試してみましょう。

ゴルフスイングの見直しがドライバーが飛ばない悩みを解決

アドレスがドライバーショットの飛ばない原因ではない場合は、スイングを見直してみることも方法の1つです。

ドライバーショット時の体の使い方が正しくできていない可能性あり

ドライバーショットを遠くへ飛ばすには体の捻りが重要になります。

この体の捻りはトップからの切り替えしの時に背中が目標方向を向いているくらいのフォームが理想です。
このようなフォームにするには、テークバックの時に両腕を真っ直ぐ肩を顎の下に入れるイメージをすると良いでしょう。

また、バックスイングの時にかかとが浮いてしまうと体の捻り画うまくできなくなる場合もあります。
一度、素振りの時にかかをと固定するイメージで体を捻るスイングを試してみて下さい。
このようなスイングで肩が回転する意識が持てるようになります。

腕の力に頼ったスイングもドライバーが飛ばない原因に考えられます。

ゴルフはある程度腕の力だけでもボールが飛ぶのですが、このような腕の力だけに頼ったスイングが安定しないだけではなく、飛距離を伸ばすことはとても難しくなります。

このような状態の時は、体を回転させる、そして両肩と腕、グリップエンドを結んだ三角形を崩さないイメージでスイングをしてみましょう。

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばないと不安になる

コースに出ると一緒にラウンドをしている人のドライバーショットの飛距離と自分の飛距離の違いを気にしてしまうものです。

アイアンやパターなどの他のショットがいかない時などもなんとかドライバーで飛距離を稼いで、スコアを浴したいと思ってしまう気持ちも良くわかります。
しかし、そういう気持ちの時こそドライバーショットでミスが出てしまい、飛距離がでないばかりでは無く、方向性まで見失ってしまうかもしれません。

ドライバーショットを遠くへ飛ばそうとする意識が強すぎると、ヘッドスピードを上げようとスイング速度を上げようとして、結果手打ちになってしまったり、基本のスイングに大切な前傾姿勢が崩れてしまったり、また体全体に力が入ってしまいます。

遠くへ飛ばそうと意識をしすぎることでドライバーショットが良くなることは無い

私は練習場ではドライバーが苦手です。
コースではとてもドライバーショットが完璧に出来ます。
このような事から、練習場ではドライバーの練習量は他のクラブに比べると極端に少ないです。
ドライバーが苦手でもコースに出ると飛距離も方向性も問題なくショットできるのは、練習場とコースの状況の違いもあるかもしれませんが、意識の違いだと思っています。練習場でドライバーの練習をするとどうしても飛距離や方向性が気になって、途中で前傾姿勢が乱れたり、ボールを見すぎて腕でインパクトのタイミングを取ろうとしてしまい、結果ミスショットだらけです。しかし、コースに出ると、開放感があるからなのか、気持ちよくスイングをすることだけに集中するので、結果ドライバーショットがうまくいっている気がします。

このような時は遠くへ飛ばそうとするよりもドライバーがボールに当たる気持ちの良い音を聞きたいと思っています。
もしも、コースに出た時に、ドライバーショットが安定しないと思った時にはこのような意識の変えてみる方法を試してみて下さい。

ゴルフスイングの基礎こそドライバーが飛ばない不安を吹き飛ばす

ドライバーで飛距離を出すには、まずしっかりと正しいスイングの基礎を身につける事です。
スイングが正しくできていれば、コースに出てスコアが悪くなることは無くなるので、ドライバーが飛ばない悩みは薄らぐ可能性もあります。
それでもやっぱりドライバーで飛ばしたいのならば、まずは素振りで正しいフォームを身につけることと、体の捻りでスイングする感覚を身につけましょう。

ゴルフの素振り用の練習器具は色々なメーカーから沢山出ています。
どの器具が1番良いかは相性もあるので、目的に合った器具で練習をしましょう。

私の使っている練習器具はシャフトがとても柔らかく出来ていて、両端にグリップが付いているタイプの素振り用の器具です。
ドライバーは体を捻ってシャフトをしならせてボールを飛ばすと飛距離がでます。
この練習器具はしなりを感じながら素振りをする事ができます。
体がうまく捻れなかったり、腕の力だけで素振りをするとしなりを感じることができないのでスイングがうまくいっていないとすぐにわかります。
他にも室内で素振りができる練習器具や正しいスイングを音で知らせる器具など色々あります。
周りのゴルフ経験者が使っている練習器具の感想なども参考にしながら、自分に合った練習器具を見つけてみましょう。