初心者女性が自宅でアプローチを練習してスコアアップさせる方法

初心者女性でも、何度かコースをラウンドすると、わかってくることがあります。
それは、いくら飛距離を出して遠くへ飛ばしても、アプローチでミスとしてしまうと、スコアはいつまで経っても良くならない事です。
アプローチは遠くへ飛ばすことよりも、グリーンの狙った場所に正確に乗せることです。
そのようなアプローチをする為には、方向性や距離感を養う練習が必要になります。
アプローチは練習場以外にも自宅で簡単に練習ができます。
自宅でアプローチを練習する為のアイテムや方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ初心者女子は見た目でゴルフクラブセットを選んで楽しもう

今までゴルフに全く興味が無くても、彼とのデートで少しだけゴルフを体験したことをきっかけに、その面白さ...

アラフォー初心者女子は7番アイアンで飛距離を出す練習をしよう

子育てがひと段落して40代になり、初めてゴルフをする女性は以外と多いです。ご主人と一緒に楽しめる...

ゴルフ初心者女性はコースデビュー前にスコア目標を立ててみよう

ゴルフ初心者女性にとってコースデビュー前に初心者のスコアがいったいどれくらいなのかはとても気になる事...

初心者女子は雨の日のゴルフこそおしゃれな服装で楽しもう

雨の日のゴルフは服装をどうしたらよいのか悩んでしまう初心者女子の方へ、ゴルフ場へ行く時の注意、また、...

初心者レディースゴルファーがゴルフを心から楽しむためのコツ

初心者レディースゴルファーは、ゴルフがうまくなりたいし、おしゃれもしたいし、なんといっても楽しみ...

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みの原因を調べよう

ゴルフ初心者女子はドライバーが飛ばない悩みはある程度ゴルフが上達するまで続きます。ドライバーが飛...

初心者女子がゴルフを上達させる為に知っておいて欲しい大切な事

誰でもゴルフが少しでも上達してくると、楽しくなってきて、ますますゴルフが好きになってくるものです...

初心者アマチュア女子におすすめゴルフクラブのセッティング

これからゴルフクラブのセットを買って本格的にゴルフを始めようと思っている方はどのようなクラブを選んだ...

No Image

初心者女性だからこそゴルフウェアでおしゃれを目指してみよう

これからコースデビューを控えている初心者女性の方は、ゴルフ場へいったい何を着ていったら良いのか、...

初心者女性こそゴルフクラブのクリークを使いこなしてみよう

ドライバーの次に飛距離の出せるフェアウェイウッドは使いこなしておきたいクラブの1つですが、ゴルフ初心...

ゴルフ初心者女子がコースデビューで絶対に必要な持ち物リスト

いよいよ次の休日に初めてのコースデビューをするゴルフ初心者女子方へ、ゴルフ場へ行く前に必ずチェックし...

ゴルフ初心者女性もバンカーから抜け出せる打ち方のコツと練習法

ゴルフの初心者に限らず、ゴルフのコースへ出るとバンカーに入ってしまうことは必ずあります。ゴル...

ゴルフ場へ初めていく初心者女性におすすめの持ち物リスト

ゴルフ場へ初めて行くときは、ゴルフクラブのほかにどのようなものを持っていったら良いのか色々と迷う...

ゴルフ初心者女子はドライバーを安定させてベストスコアを出そう

ゴルフ初心者の女子の方はドライバーがなかなか安定したショットにならない方が多いと思います。スライ...

ゴルフ初心者女子こそピッチングの打ち方をマスターしよう

ゴルフを始めたばかりの初心者女子の方がもしもスイングが安定しない、ちゃんとボールに当たらない事で...

スポンサーリンク

アプローチを上達させることはスコアアップに必ず繋がる

ゴルフ練習場などで練習をする時に、全体の何割くらいをアプローチ練習に使っていますか?
遠くへ飛ばすことのできる練習場でドライバーやウッドなどで飛距離を伸ばす練習に比重を置いてしまっているのならば、ぜひ、アプローチの練習にも少し時間を使ってみて下さい。

アプローチで大切なのは狙った場所に確実にボールを落とすこと

練習場での練習は、2階席以上の高さから打ったりすると、方向性はわかりますが、アプローチでの距離感は掴みにくくなります。
できるならば練習場でアプローチを練習するときは1階席か、併設しされているアプローチ練習場で練習をしましょう。

一般的にアマチュアで男性の飛距離に勝る女性は多くはいません。
しかし、アプローチとなると話は別です。

主に100ヤード以下の距離感が重要になるアプローチは、たとえ初心者でもしっかりと狙ったところにボールを落とす事ができるとスコアをカバーできる可能性があるのです。

アプローチがうまくなるためには方向性や距離の感覚がとても大事になります。

そのためにはとにかく練習量を増やすことが1番の近道です。
アプローチはスイングの幅もそれほど広くする必要がありませんので、環境さえ整えば自宅で練習することが可能です。

次にコースに出る時に前回を大幅に上回るスコアを目指すためにも、ぜひ自宅でもアプローチの練習をしてみて下さい。

自宅でアプローチを練習する為の便利なアイテム

実際に自宅でアプローチ練習をする時にはちょっとしたアイテムを揃えるだけで簡単にできます。

絶対に揃えて欲しいアイテムはアプローチ練習用のボール

実際のボールを室内で使用するといくら弱めに打っても家の中が大惨事になります。
必ず専用のボールを使いましょう。

アプローチ練習用のボールは、プラスチックやウレタンなどの軽い素材で出来ています。

このような軽い素材のボールは何か物に当たっても安心です。
ただし、繊細なガラスや精密機器、倒れやすいものなどには注意が必要です。

アプローチ練習用のボールを使って、目標を定めて正確に当てられる様に練習をしましょう。

目標は壁や、カーテン、ソファの背もたれなどを使うと良いでしょう

もしも追加でアイテムを揃えるならば、アプローチ練習用のネットが便利です。
ネットで出来たかごの様な形をしたアイテムで、目標になるように的が付いているものが多いです。
この的を目指して方向性や距離感を掴む練習ができます。

どちらのアイテムを揃えても特に広く場所を取ることがないのでとてもおすすめです。

自宅でアプローチ練習をする時のポイント

自宅でアプローチの練習をする時は実際の距離を打つことはできないので、構え方やボールの位置、手首の角度などを中心に意識をして練習をしましょう。
ストイックに練習をする事も大切ですが、ゲーム感覚で楽しんで練習をすると長続きすると思います。

構えた時に重心は左右均等を意識して、ボールはスタンスの中央に、手首はクラブをボールの横に置いた時に腕の力を抜いてグリップを握った時の角度が自然です。

この構え方でまずは小さいスイングでボールを打ってみましょう。

最初はボールがしっかりとクラブの芯に当たるかどうかが大切

角度などを調整する必要があります。
しっかりとボールをクラブの芯に当てることができる様になったら、次は方向性の練習をしましょう。

アプローチ用のネットがある場合には、とりあえずは的の1番大きい円の中を目標に、ネットが無い場合には、当たっても壊れないペットボトル、洗面器やバケツなどを利用する事も方法の1つです。

大きな的にボールが行くようになったら、次は的の狭いところを狙って練習をしましょう。
この時、少しずつ距離を変えて練習すると距離感を養う練習にもなります。

1つ1つの練習の段階で、自分なりにゴールを決めて練習をすると、目標ができるので効果的です。
10本中8本クラブの芯にボールを当てることができたらゴール、大きな的に何本当てることができたらゴールなど、自分なりにゴールの条件を決めて練習をしてみましょう。

自宅にアプローチ練習場を作ってみよう

ゴルフを好きになってくると、多くの人がパターマットを買って、家で練習をします。

我が家もパターマットを持っていますが、最初は夫だけがゴルフをやっていたので、使いっぱなしにはせずに、毎回箱に片づけをするようにしていました。
そのうち私もゴルフをはじめて、そのおもしろさにのめりこんで行くと、部屋の片隅をパター練習場にして、常にパターの練習をできる様に模様替えをしました。
壁際に置いているので特に邪魔になっていません。
パター練習場の次はアプローチの練習もしたくなり、色々を考えた結果がネットとアプローチ用のクラブをパター練習場にセットにしておくことでした。

アプローチを練習するときはアパートなどの場合、騒音に注意をする必要があります

アプローチをする時はカーペットやラグの上から練習をする事でさほど音は気にならなくなりますが、あいにく我が家はフローリングが多いので、パターマットをアプローチする時のマットとして使う事にしました。
広い部屋ならば、アプローチ用にマットを買っておく事もできるのですが、限られたアパートの一室を練習場にするには、パターマットとの併用が1番便利でした。

パターマットが無い場合には、小さいラグやマットなどを使う事も1つの方法です。

もしも、いつでもゴルフの練習場にできる環境にしてみたいなと思ったならば、このような方法を試してみて下さい。

自宅でアプローチの練習をして練習場へ行こう

アプローチ練習は自宅で天候に関係なくいつでもできますが、もしもゴルフ練習場にアプローチ練習場が併設さているのならば、芝の感覚を掴むためにも、ぜひ利用してみましょう。
アプローチ練習場は実際のコースの様に少し傾斜をしていたり、ラフになっていたりするので、色々と考えながら練習が出来ます。

利用をする時には有料の場合と無料の場合がありますので、使用する前に確認をしておきましょう。

アプローチ練習場を利用して練習をする時には、通常の練習場の決まった打席から打つ訳ではないので、他の人のボールの行方などに注意が必要です。

あまりアプローチが得意では無い時にミスショットをして他の人に当たってしまったり、ボールを拾いに行く時に他の人のショットの邪魔をしてしまわないように注意をしましょう。