グリーン周りのアプローチを完璧にしてスコアアップを目指そう

飛距離や安定したスイングがまだ出来ない初心者の方が、スコアを少しでもアップできるとするとグリーン周りのアプローチです。
遠くへ飛ばすことよりも、まずはグリーンに乗せる事が大切になるアプローチショットは少しのコツを知り、状況に合わせたクラブを使うことでその日のラウンドの流れを変えるきっかけになるかもしれません。
グリーン周りのアプローチを成功させる為の基本と状況別のアプローチ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの上達に必要なバックスイングを正しい軌道にする方法

ゴルフのバックスイングは安定して狙った方向へ打つための軌道を作る大切な動きです。バックスイングを...

ショートコースを上手に利用してゴルフのクラブ選択の技を磨こう

ゴルフを始めてからずっと打ちっぱなし練習場で練習を積み重ねてきた初心者の方がいざコースデビューをする...

ドライバーでのスライスが直らない初心者のための矯正方法

ゴルフをはじめて念願のコースデビューを果たしたのに、結果は散々だったという初心者の方、その散々な結果...

ハーフスイングでの飛距離の安定がゴルフのスコアアップへのカギ

最近フルスイングでなかなか飛距離が安定しないという方は必見です。実は飛距離が安定しない悩みはハー...

ゴルフクラブ別のボールの位置は正しくするとショットは変化する

練習場で打ちっぱなしをしている時、フォームやスイングなどを気にする方は沢山いると思いますが、ボールの...

ゴルフスイングのダウンブロー打ち方をマスターする方法

ゴルフを少し経験してくると、色々と打ち方の違いを耳にする事が多いと思います。ドライバーとアイアン...

ピッチングウェッジの角度を中心にアプローチを考えてみよう

ピッチングウェッジはウェッジの中でも1番角度が少なく、適度にボールが上がり、それなりの距離が出せるク...

ゴルフクラブごとのショットを安定させる事がスコアアップのカギ

ゴルフを始めると、周りのゴルフ仲間にラウンドに誘われる事が沢山あります。誘われる事は嬉しいけれど...

ゴルフ初心者女子はドライバーのスタンスを変えてレベルアップ

ゴルフクラブの中で1番飛距離の出るドライバー、飛ばす力があまりない初心者女子としては、第二打以降をで...

初心者がゴルフで飛距離アップをさせたい時には筋トレをしよう

ゴルフのコースに出た時に、もう少し飛距離が伸びたらいいなと思うことは沢山あります。もちろんスイン...

ゴルフクラブの5番アイアンをマスターして飛距離を稼ごう

ゴルフを始めたばかりの頃は、基本的に7番アイアンなどでスイングの基礎を身につける練習をしている方...

ドライバーショットのコツを掴めたら初心者女子ゴルファーは卒業

初心者の女子には苦手な人が多いドライバーショット。真っ直ぐ飛ばない、飛距離が出ないなと色々悩んで...

ゴルフで重要なティーアップは色々な方法を知っておくと便利

ゴルフの中継を見ていると、第一打を打つ時のボールは浮いているように見えます。これは、ティーという...

ゴルフで早くコースデビューをしたい初心者の為の基本の練習方法

ゴルフが上達するためにはまず基本を身につけるための練習が1番大切です。ゴルフを始めると早くコ...

フェアウェイウッドの7番で飛距離を出してスコアアップを目指す

ゴルフセットを買ったときにセットになっていたフェアウェイウッドの7番、上手に使いこなせない、もしくは...

スポンサーリンク

グリーン周りのアプローチに使えるクラブは沢山ある

初心者の方がグリーン周りでアプローチをする時に1番重要になるのが、まずグリーンの上にボールを乗せることです。アプローチでボールをグリーンに乗せることができたら、次はパッティングです。
パッティングを何打で入れるかはスコアに大きく影響してきます。

アプローチでパターが打ちやすい場所に落とすことが1番のポイント

グリーン周りでアプローチをする時には、クラブ選択とどのようなボールでグリーンに乗せるかがとても重要になってきます。

アプローチに使えるクラブはコースの状況や残りの距離などを考えることが大切です。

一般的にはウェッジやショートアイアンなどを使いますが、状況によってはこのようなクラブ以外を使うことも選択肢としてあるということを覚えておいてください。

とにかくグリーン周りからのアプローチは失敗をせずに無事にグリーンに乗せることを優先に考えて、出来る限りパターの打ちやすい場所へボールを運ぶことです。
グリーン周りで使える得意なクラブを1つ作っておくこともスコアを大きく崩さないための方法の1つになります。

グリーン周りのアプローチを成功させるための基本をマスターしよう

まず、アプローチをする為の基本の構えを確認していきましょう。

  1. アプローチの時のスタンス幅は距離に合わせて少し狭くします。
  2. 次にグリップはいつもよりも少し短めに持つようにしましょう。
構える時のポイントは少し体重を左足寄りにしておき極端な体重移動をしてクラブの軌道が崩れないようにすることです。

アプローチのポイントは構えた時に作った腕の形をキープしながらスイングをすること

腕の形をキープするには腕の力を使って打とうとせずに、体の回転をしながら、前傾姿勢を崩さずに、頭を動かさずにスイングをします。
アプローチの時はグリーンにうまく乗せる事ができたのか、または方向性が気になってしまいボールを目で追い、頭が動いてしまいがちですが、頭が動くとスイングの軌道が乱れて結果ミスショットに繋がります。

アプローチショットは距離感を考えることも大切です。

使うクラブによって、スイング幅を変えるとどのくらいの距離が出るのかを把握しておくと、コースに出た時のクラブ選択に迷わずにすみます。

練習場でアプローチショットをした時に、ボールの落下地点とそこから転がった距離を大体の数字で良いので知っておくととても役に立ちます。

グリーン周りは色々なアプローチ方法で攻めるのが正解

グリーン周りはフェアウェイと同じで、打ちやすい平らな場所もあれば、障害物などもあります。
その状況に合わせたクラブの選択や打ち方を変えることで確実にグリーンを狙うことができます。

障害物を越えるアプローチはマスターしておくと便利

バンカーや池を越えたり、障害物を越えてからボールを転がしたくない場合におすすめの打ち方はピッチショットです。
高くボールを上げることのできるサンドウェッジなどのクラブを使い、通常よりも少しフェース面を開いて、打ち上げます。

ピッチショットはボールの落下点から転がりがないので、グリーンにピタリと止めたいときに使います。
もう1つの障害物を越えるアプローチの方法はピッチエンドランです。

障害物を越えてから少し転がしたい時に便利な打ち方で、ピッチングウェッジやアプローチウェッジなどを使って、フェース面は目標に対して直角にして打ちます。
ボールが落下地点から転がることを計算に入れて、打つ距離を考える必要があります。

グリーンまでの間に何も障害物が無い場合におすすめの打ち方がランニングショット

ボールを転がしてグリーンに乗せる方法なので、初心者の方でも比較的簡単にグリーンオンできます。
ランニング置は右足寄りに置いて、フェース面は目標方向に直角にします。

距離のアプローチはピッチングウェッジ、もしくはアプローチウェッジを使い、グリップを短くもって、体重を左足寄りにします。

ボールの位分だけのスイング幅で、インパクトでクラブを止めるイメージで打ちます。

グリーンの周りにはバンカーがあるコースが数多くあり、初心者の方にとっては苦手な箇所の1つだと思います。
バンカーからのアプローチは、まず、バンカーから出すことを優先的に考えて打つようにします。

サンドウェッジを使い、フェース面は開きます。

ボールを左足寄りに置くようにし、スタンスは広めにします。
左足に体重をかけ、ボールの手前の砂とボールを一緒に打つイメージでスイングをします。

砂の上からボールを打ってしまうと、グリーンを越えてしまう可能性がありますので、気をつけるようにしましょう。
グリーン周りのアプローチに使える意外なクラブ

これまでウェッジを中心のアプローチ方法をご紹介しましたが、ウェッジ以外でもアプローチに使えるクラブがあります。

フェアウェイウッド

使える状況としては少し高さのある土手を越えるアプローチやディボット跡からのアプローチなどです。
このような状況の時のアプローチはウェッジを使うとミスショットをしてしまうかもしれないので、フェアウェイウッドを使うことも1つの方法です。

フェアウェイウッドを使う時のアプローチ方法はクラブを短く持ち、パターのような打ち方でスイングをすることです。

パター

グリーンエッジや、グリーンまでの間に何も障害物が無いことが条件ですが、パターを使って転がしてアプローチをする方法は初心者の方でも難しくないのでとてもおすすめです。
ウェッジを使ってグリーンをオーバーしてしまったり、うまく打てずにミスショットをするのを避けたい場合にはパターでアプローチをしてみましょう。

パターでアプローチをする場合には少しスタンス幅を広くして、打ち方は通常のパターを同じで距離によってスイング幅を変えましょう。

グリーンの周りの感覚をつかむ為の自宅でのアプローチ練習方法

パター練習と同じくらい短い距離のアプローチは自宅で練習ができます。

アプローチの時はウェッジなどの短いクラブを使うことが多く、大きなスイングをする必要がないので、広めの部屋であれば素振りなどができます。
ゴルフ練習用のウレタンやプラスチック素材で出来たボールを使って実際に打って練習もできます。
このような素材の練習用のボールは、壊れやすいものや倒れやすいものにぶつからない限り安心して室内で使うことが出来ますので、閉めたカーテンやソファーなどを目標にしてショットの練習ができます。

クラブが直接床に当たると損傷や騒音の原因になりますので、パターマットを敷いたり、じゅうたんの上などで練習をするようにしましょう。