ゴルフ初心者だからこそメンタルを強化してスコアアップに繋げる

ゴルフ初心者の頃は、コースに出るとボールがあちこち飛んで行き、飛距離が出ない事も多いと思います。
ゴルフの技術は経験や練習量によって上がってくることがほとんどです。
ゴルフのテクニックがまだあまり無いのならば、気持ちを上手にコントロールすることで大きなミスは防げる可能性があります。
気持ちのコントロールができる様になるメンタルの強化方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの上達に必要なバックスイングを正しい軌道にする方法

ゴルフのバックスイングは安定して狙った方向へ打つための軌道を作る大切な動きです。バックスイングを...

ゴルフでフックをしてしまう原因を徹底的にやっつけてしまおう

ボールが左に飛んでいってしまうことをフックと言います。このフックは初心者の頃にはあまり見られない...

ゴルフ初心者にも必要になるホールインワン保険の内容と注意点

ゴルフを始めたからには一度は経験してみたいホールインワン。ショートホールの時などに、もしかしたら...

ゴルフ初心者女子はドライバーのスタンスを変えてレベルアップ

ゴルフクラブの中で1番飛距離の出るドライバー、飛ばす力があまりない初心者女子としては、第二打以降をで...

初心者女性はアイアンの飛距離の目安を目標にしてうまくなろう

ゴルフの初心者女性が少し上達すると、自分のアイアンの飛距離は他の人と比べると飛んでいるのかどうかと気...

ゴルフで重要なティーアップは色々な方法を知っておくと便利

ゴルフの中継を見ていると、第一打を打つ時のボールは浮いているように見えます。これは、ティーという...

フェアウェイウッドの7番で飛距離を出してスコアアップを目指す

ゴルフセットを買ったときにセットになっていたフェアウェイウッドの7番、上手に使いこなせない、もしくは...

ショートコースを上手に利用してゴルフのクラブ選択の技を磨こう

ゴルフを始めてからずっと打ちっぱなし練習場で練習を積み重ねてきた初心者の方がいざコースデビューをする...

ゴルフ初心者女子は基本のフォームをしっかりさせる事が1番大切

ゴルフをするならば、絶対にうまくなりたい、もしくは早くコースデビューをしてみたいと思っている初心...

ゴルフを今まで以上に上達させるためには右手の力を上手に使おう

ゴルフを始めてまもない女性ゴルファーの方は、レッスンを受けたり、経験者に教えてもらう時に、右手の力を...

ハーフスイングでの飛距離の安定がゴルフのスコアアップへのカギ

最近フルスイングでなかなか飛距離が安定しないという方は必見です。実は飛距離が安定しない悩みはハー...

ゴルフ初心者女子は5番ウッドを味方に付けてぐんぐん上達しよう

第2打以降で必ず必要になるフェアウェイウッド、中でも5番ウッドは女子ゴルファーにとって得意クラブにし...

ピッチングウェッジの角度を中心にアプローチを考えてみよう

ピッチングウェッジはウェッジの中でも1番角度が少なく、適度にボールが上がり、それなりの距離が出せるク...

ゴルフの第1打ドライバーのティーショットのすべてを知ろう

ゴルフで1番遠くへ、そして思い切り気持ちよくスイングができるドライバーでのティーショット。ティー...

初心者がゴルフで飛距離アップをさせたい時には筋トレをしよう

ゴルフのコースに出た時に、もう少し飛距離が伸びたらいいなと思うことは沢山あります。もちろんスイン...

スポンサーリンク

ゴルフは第1打のメンタルを強化しておくと気持ちが落ち着く

初めてコースデビューをした時の事を思い出してみて下さい。
「ちゃんと打てるのか?」「真っ直ぐに飛ぶのか?」など緊張をしていて更に不安な気持ちでプレーをしていた方は沢山いると思います。
特に、コースに出てすぐのティーショットは、1番緊張をしたと思います。

しかし、初心者の方が1番落ち着いて考えながらショットをできるのは実はティーショットです。
ティーショットで使うクラブは、上級者になると、コースの長さによって色々選ぶ事になりますが、初心者の頃はドライバー、もしくはフェアウェイウッドを使う事がほとんどなので、あまりクラブ選択に悩む必要はありません。

クラブ選択を考える必要がないのならば、その分を打つ時の気持ちを整える時間にする事ができます。
コースに出たから突然上手になる事も下手になってしまうことはありません。

いつも通りの基本の構えやスイングをするイメージをしながらティーイングエリアに入りましょう。
2打目以降のようにボールまで走って、使うクラブを考える時間が無い分、気持ちを落ち着ける時間はたっぷりあります。

ティーショットは1番飛距離を稼ぎたくなってしまうので、スイングの速度が速くなってしまいがちです。
このようなメンタルをコントロールするには、とにかくゆっくりとスイングをするイメージでショットをしてみましょう。
とにかく気持ち良くスイングをするイメージを持つことで、無駄な動きをしてしまったりする事を抑える事ができます。

ゴルフ初心者だから仕方ないと思う事がメンタルの強化に繋がる

初心者の方がメンタル面で1番ダメージを受けやすいのが第2打以降のショットです。

コースをあまり経験していないと、芝の上からボールを打つことはとても難しいと感じてしまうと思います。
また練習場と違う所は芝だけではなく、傾斜だったり、深いラフであったりと、なかなかうまくショットが出来ずに気持ちがへこんでしまうことが多くなってしまいます。

このような状態のときこそメンタルを強化しておくことで第2打目以降が苦手ではなくなる可能性が大きいです。

第2打目以降に1番感じるのがフェアウェイウッドでのショットがうまくいかない事

練習場のマットはとても滑りやすくできていて平らになっているので、フェアウェイウッドの練習をしていても特に問題は無かったでしょうが、実際の芝の上から打つとミスショットをしてしまうことが多くなります。
それはコースに平坦な場所がほとんど無い事も原因の1つです。
特にフェアウェイウッドが苦手な女性ゴルファーは、ミスショットばかりしてしまう事でだんだんショットに自信が無くなったり、良いイメージがなかなか出来ないなどあまり良いプレーにならなくなってしまいます。
このような時には、2つの気持ちの切り替え方法をためしてみて下さい。

遠くへ飛ばなくても、ボールが上がらなくてもフェアウェイウッドに気持ち良くボールが当たればOKと思う事

ちゃんとクラブにボールが当たれば、前に進めるので、ミスショットに見えたとしても、何も問題はありません。
低く地面を這うようなボールになってしまっても、前に進めば良いを思うようにすると、フェアウェイウッドは怖くありません。

距離が短くなってしまっても良いと割り切ってアイアンやユーティリティを使ってボールを前に進めること

残りの距離がかなりあるとフェアウェイウッドを使って距離を稼ぎたくなってしまいますが、ミスショットをしてしまう可能性が高いのであれば、思い切って得意なクラブで確実に前に進める方法も良いでしょう。

私は最初フェアウェイウッドを使って「今日はダメだな」と思った日は、ずっとユーティリティーを使う事にしています。
せっかくドライバーショットでフェアウェイど真ん中にボールをキープしても、フェアウェイウッドで無駄に失敗してしまってはものすごく精神的にダメージを受けてしまうので、ミスショットが少ないユーティリティを使うようにしています。

このように、第2打目以降に安全に確実にボールを前に飛ばしておくことで次のショットの気持ちが軽くなります。

ゴルフ場でプレーをする度にメンタルは強化される

徐々にメンタルが削れて行くのが、他の人とゴルフのレベルの違いから気持ちが焦ってしまう事です。
他の人が1打で飛ばせる距離を自分だけが2打分打たなくてはならなかったり、どのクラブを使って良いのかを判断できずにいたり、結果1人だけ時間がかかって他の人待たせてしまい、ますますミスショットをしてしまったりなどほとんどの初心者の方は経験すると思います。

ミスショットは誰にでも起こりえる事ですし、初心者なのですから、周りの人はあまりボールが飛ばない事もわかってくれています。
早くプレーをしようと焦り、ミスショットをして時間をかけるよりも、他に出来る事で時間を短縮しましょう。

初心者の方にできる1番の時間短縮方法は走ること

  • まず、心構えとしてティーショット後はドライバーをキャディバッグへ戻すと同時に2打目以降にグリーンに乗るまでの使えそうなクラブを数本取り出してカートに乗りましょう。
  • カートでボールの位置に到着したら、グリーンに乗るまではカートに戻ることなく、はしってボールまで向かいましょう。

これだけでかなり時間が短縮できます。

数本持ち歩くクラブの中には必ず得意なクラブを1本入れておきましょう。
得意なクラブを持っていることで、打つのが難しい状況の時などはとても役に立ち、無駄にショット回数を増やすことを防いでくれます

メンタルの強化でゴルフのスコアを変える方法

初心者の頃はボールを遠くへ飛ばすことが難しくても、アプローチやパターはメンタル次第でミスショットを防げるかもしれません。

  • アプローチはどうしてもグリーン上のピンが見えてしまうとそこを狙ってショットをしてしまいがちです。実際はグリーンが傾斜していたり、芝の目などを見る必要があるので、ピンを直接ねらっても、ボールをピンの側に寄せることは難しいです。
  • 距離感を掴めてたとしても、スイングでその距離感を出す時に途中でスイングを止めてしまったりするとミスショットが多くなってしまいます。

スイングはあくまでいつも通りするのがベスト

どうしてもミスをしたくない時はころがしてグリーンに乗せる事も方法の1つです。

とにかく初心者のうちはピンにボールを寄せるようなアプローチではなく、グリーンに乗せる事が大切です。

また、パターは狙いすぎて体の動きがいつもと違ってしまったり、思わぬ方向へ行ってしまうこともありますが、1打でカップに入れようとする意識を無くしてみましょう。

ゴルフ上級者でも距離の短いパットを外すことはあります。
グリーン上でとにかくカップの近くにボールが寄ればOK位の気持ちで打ってみましょう。

ゴルフが下手なのは当たり前と開き直る事もメンタルの強化になる

初心者の頃、特にあまりコース経験がない時にはゴルフが下手なのは当たり前です。

私も初めてコースに出た時は練習場のマットじゃない場所からボールを打つことにとても戸惑いましたし、アプローチもグリーンの上を行ったり来たりしてなかなかグリーンに乗らない事も多かったです。
特にバンカーショットはあまり練習をしていなかった事もあり、初めてバンカーに入ってしまった時は頭が真っ白になりました。
グリーン周りのバンカーに入ってしまうと、うまくボールを出してグリーンに乗せられるのだろうかと考えてしまいましたが、考えすぎるとバンカーからなかなかボールが出なくなってしまいます。
このような時はとにかく、グリーンに乗せることよりも、バンカーからボールを出すことに専念をします。
例え思い切りバンカーショットを打ちすぎてグリーンをオーバーしてしまっても良いと思う事で意外とうまくいきます。

スコアを気にすることをやめる

私が初めてパーを出した時、実はリアルタイムではパーを出せたことに気付きませんでした。
なんとなくパターが1打で入ったので嬉しいなと思っていたくらいで、カートに戻ってスコアカードに書くときに、パーだったことに気付きました。
それまでは、ミスショットをした時に「次が5打目だ」などと思ってしまっていて、そのような時は決まってパターもうまくいかない事が多かったのですが、自分の中でテンポよく、ゴルフをする事で全体的にショットがうまくいく可能性があります。

他の人と比べて焦ったり、ミスショットをいつまでも気にする必要はありません。
今日一日楽しく気持ちよくゴルフをしようと思う気持ちでプレーをしてみましょう。