ゴルフクラブ選択とアプローチのスイングのポイントを抑えよう

コースに始めて出て、第1打からあちこちボールを飛ばしてしまってやっとグリーン前まで辿り着いたなんて経験ある初心者ゴルファーの方は多いと思います。
そのグリーン前のアプローチは絶対に大きなミスはしたくないものです。
アプローチがうまくいくかどうかは正しいスイングと正しいクラブ選択にかかっています。
アプローチでグリーンをオーバーしてしまった、もしくはグリーンに乗せる事ができなかた悔しい経験を持つ初心者の方が次のラウンドでお役に立てるような方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライバーショットのコツを掴めたら初心者女子ゴルファーは卒業

初心者の女子には苦手な人が多いドライバーショット。真っ直ぐ飛ばない、飛距離が出ないなと色々悩んで...

ゴルフスイングのダウンブロー打ち方をマスターする方法

ゴルフを少し経験してくると、色々と打ち方の違いを耳にする事が多いと思います。ドライバーとアイアン...

ゴルフで重要なティーアップは色々な方法を知っておくと便利

ゴルフの中継を見ていると、第一打を打つ時のボールは浮いているように見えます。これは、ティーという...

ゴルフの第1打ドライバーのティーショットのすべてを知ろう

ゴルフで1番遠くへ、そして思い切り気持ちよくスイングができるドライバーでのティーショット。ティー...

ピッチングウェッジの角度を中心にアプローチを考えてみよう

ピッチングウェッジはウェッジの中でも1番角度が少なく、適度にボールが上がり、それなりの距離が出せるク...

ゴルフ初心者女子はドライバーのスタンスを変えてレベルアップ

ゴルフクラブの中で1番飛距離の出るドライバー、飛ばす力があまりない初心者女子としては、第二打以降をで...

グリーン周りのアプローチを完璧にしてスコアアップを目指そう

飛距離や安定したスイングがまだ出来ない初心者の方が、スコアを少しでもアップできるとするとグリーン周り...

ゴルフの上達に必要なバックスイングを正しい軌道にする方法

ゴルフのバックスイングは安定して狙った方向へ打つための軌道を作る大切な動きです。バックスイングを...

初心者女性はアイアンの飛距離の目安を目標にしてうまくなろう

ゴルフの初心者女性が少し上達すると、自分のアイアンの飛距離は他の人と比べると飛んでいるのかどうかと気...

ゴルフを今まで以上に上達させるためには右手の力を上手に使おう

ゴルフを始めてまもない女性ゴルファーの方は、レッスンを受けたり、経験者に教えてもらう時に、右手の力を...

アイアンの打ち方のコツを掴んでゴルフのスコアアップを目指そう

初心者女子が周りのゴルフ上手な友達とラウンドする時に実力では勝てなくても、スコアを大きく離されないよ...

ハーフスイングでの飛距離の安定がゴルフのスコアアップへのカギ

最近フルスイングでなかなか飛距離が安定しないという方は必見です。実は飛距離が安定しない悩みはハー...

ゴルフ初心者だからこそメンタルを強化してスコアアップに繋げる

ゴルフ初心者の頃は、コースに出るとボールがあちこち飛んで行き、飛距離が出ない事も多いと思います。...

ゴルフのスイングを正しく矯正するための練習器具の種類を知ろう

ゴルフを始めて日が経つのになかなかスイングが安定せずに悩んでいる女性ゴルファーの方は必見です。練...

ショートコースを上手に利用してゴルフのクラブ選択の技を磨こう

ゴルフを始めてからずっと打ちっぱなし練習場で練習を積み重ねてきた初心者の方がいざコースデビューをする...

スポンサーリンク

ゴルフは状況別でアプローチするクラブを選んでグリーンオンする

第1打からスムーズにグリーン前まで来た時、反対に色々苦戦しながらクリーン前まで時などはグリーン場のピンが見えた嬉しさが特に初心者の頃は強く感じると思います。
そのような場面では、グリーンへのアプローチは絶対失敗したくないと思うことも多いでしょう。

アプローチには基本ウェッジを使っていると思いますが、どのウェッジを持っているかは人それぞれです。

女性が使いやすいウェッジはピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジ

グリーンへのアプローチでなかなか乗せることができない方は今使っているそれぞれのウェッジで自分がどれだけ距離を出せるか、そして方向性が1番良いのはどのウェッジなのかを知っておくと良いでしょう。

なぜなら、距離を知ることでグリーンまではどのウェッジで届くのかわかりますし、方向性が定まっているウェッジならば、確実にグリーンに乗せることができると自信を持って使うことができるからです。
たとえば、100ヤード位ならピッチングウェッジ、80ヤード以下ならサンドウェッジなど、他に芝の状況にもよりますが、大体の決め事を自分の中で作っておくことで安定したアプローチができる可能性があります。

ゴルフ初心者こそアプローチのスイング前に構えの確認

アプローチに使うクラブを決めたら次は基本のフォームを確認しましょう。

アプローチに大切な条件の1つ、スイングをコンパクトにする事とコントロールを良くするためにいつもよりもグリップを短く持ちましょう。

ボールの位置

ボールの位置は打ち方などの違いで少し変わりますが、基本は真ん中におきます。
そして、スタンス幅は狭く、両足を開いたときに間にもう1つ足が入るくらいの幅、もしくはもう少し狭くしましょう。
これは大きく体重移動をしてショットが乱れることを防ぐためです。

スタンス幅が決まったら次は構え

安定したアプローチをする為にグリップエンドが左足付け根に向かっている状態のハンドファーストがおすすめです。
重心は左右均等にして下半身を安定させます。

スタンスの向きですが、私が初心者の頃に教わったのがオープンスタンスでした。
オープンスタンスのフォームは左足を少し開いた状態なのですが、私はこの方法はあまり合っていなかったので、つま先を一直線に揃えるスクエアスタンスにしています。
どちらの方法が自分に合っているのかは実際に何度かアプローチをして決める方が良いでしょう。

ゴルフスコアを左右するアプローチをする時のスイングのポイント

初めて私がコースに出た時はドライバーやアイアンのばかり練習をしていて圧倒的にアプローチの練習不足でした。
このような状態でグリーン前まで来て、使うクラブを選択出来たとしても、どこを狙うのか、どのようなボールを打つのかがわからずに、とりあえずは高めにピンに向かって打っていればOK位の気持ちでショットをして、結果グリーン周りを行ったり来たりしてしまった経験があります。
これは私の勝手な勘違いで、ゴルフ中継などでプロのアプローチを見ていて勝手にグリーンに乗せるには高くグリーンに向かって飛ばせ良いと思っていた事が原因で起こってしまいました。

グリーンの何処に乗せるのか、そしてボールが落ちてからの転がりを考える大切

この大切さに気付いてからは多少のミスはあるものの安定したアプローチができる様になりました。

アプローチをする時に気をつけて欲しいポイントは、まず正しいアドレスをして重心を保ち、ハンドファーストを基本にフォロースイングまで頭を上げずにスイングをする事です。

アプローチの1番基本的な打ち方はピッチエンドランです。
ピッチエンドランはボールを飛ばして落ちた距離とそこからピンに向かって転がる距離が同じ位の割合の打ち方です。

ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジを使います。ボールの位置は基本の真ん中です。

もしもグリーンの前にバンカーなどの越えなくてはいけない障害物がある時にはピッチショットが良いでしょう。

使うクラブは1番高いボールが打てるサンドウェッジがおすすめ

ピッチショットは少しクラブのフェース面を開き、スタンスの幅は広めに、スイングは距離によっては少し大きめにするようにします。
このフェース面を開いてショットをする方法は初心者の頃は少し難しいので、気持ち開いている位にしましょう。
この時のボールの位置は真ん中よりも少し左側が良いでしょう。この2つの打ち方は正しいスイングを出来たときにはとても有効です。

しかしスイングが安定していないので、このようなアプローチ方法が不安な方にはランニングショットがおすすめです。
グリーンの近くで何も障害物が無い場合はこのランニングアプローチで転がしながらグリーンに乗せる方法が良いでしょう。
この方法はボールを上げずに転がすだけなので、ミスを少なくすることができます。

使うクラブはピッチングウェッジ、もしくはアプローチウェッジです。
ボールの位置は少し真ん中よりも右側に置きます。

アプローチはグリーン状況を見て何処にボールを落としてピンに近づけるかがとても重要です。
状況によって自分に合う方法の打ち方でアプローチをしましょう。

ゴルフ初心者こそアプローチの時のスイングを見直して失敗知らず

アプローチショットは正しいスイングを心がけていても、打つ距離が短い分だけグリーンに乗せたい、失敗したくないと言う気持ちが強くなりミスをしやすくなってしまいます。
そのミスをしてしまう原因の1つがボールの行方を追ってしまって、早く顔を上げてしまってダフったりトップをしてしまうことです。

スイングの幅とスタンスの向きで距離と方向性はもう決まっています。
グリーンに乗ったかどうか気になってしまう気持ちはわかりますが、じっと我慢して顔を動かさないようにしましょう。

アプローチは自宅でも気軽に練習することができます

目の前に鏡を置いて、自分のスイングをチェックしながら、正しいスイングを身につけましょう。
また、練習用のボールを使って、アプローチの練習をする事もおすすめです。

練習用のボールは軽い素材でできているので、繊細なガラス製品などの壊れやすいものでなければ当たってしまってもある程度は大丈夫です。
閉めたカーテンに向かって、背の高いソファーの背もたれに向かって打つ練習をしてみましょう。

練習用のボールを使って練習をする場合は、必ず目標を決めて打つ事がポイントです。
目標を決めて打つ事でアプローチに必要な1つの方向性を身につける事ができます。

ゴルフはスイング方法を知っていれば色々なクラブでアプローチできる

ここまではウェッジを使ったアプローチの方法をご紹介してきましたが、ウェッジ以外にもアプローチで活躍するクラブはあります。

ボールがグリーンに近い状態で、周りの芝が短い場合に使えるクラブはパター

特にグリーンに近い時は絶対に飛ばしすぎない様にしようとすればするほど見事にミスショットが多くなってしまうものです。
パターで転がしながらのアプローチの方法はいつものパターと同じ感覚で打つだけでOKです。

ウェッジでありがちなミスはパターでは起こりにくくなります。ただし、グリーンの傾斜や芝の向きには注意が必要です。

そしてグリーンまでの距離は少しあるけれど、特に避けなくてはいけないような障害物がないのであれば、フェアウェイウッドやユーティリティを使って転がしながらグリーンに乗せるランニングアプローチをする方法もおすすめです。

フェウェイウッドやユーティリティを使うと思っていた以上に距離が出てしまう可能性がありますので、気をつけるようにしましょう。