ゴルフスイングのダウンブロー打ち方をマスターする方法

ゴルフを少し経験してくると、色々と打ち方の違いを耳にする事が多いと思います。
ドライバーとアイアンでスイングをする時に、何となく感覚が違うと思った方はぜひ、アイアンの時のダウンブローの打ち方を試してみて下さい。
ダウンブローの打ち方を知っておくと、ゴルフがいまいち上達できない状況を抜けられるきっかけになるかもしれません。
ダウンブローの打ち方のメリットや注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの上達に必要なバックスイングを正しい軌道にする方法

ゴルフのバックスイングは安定して狙った方向へ打つための軌道を作る大切な動きです。バックスイングを...

ゴルフで早くコースデビューをしたい初心者の為の基本の練習方法

ゴルフが上達するためにはまず基本を身につけるための練習が1番大切です。ゴルフを始めると早くコ...

ショートコースを上手に利用してゴルフのクラブ選択の技を磨こう

ゴルフを始めてからずっと打ちっぱなし練習場で練習を積み重ねてきた初心者の方がいざコースデビューをする...

アイアンの打ち方のコツを掴んでゴルフのスコアアップを目指そう

初心者女子が周りのゴルフ上手な友達とラウンドする時に実力では勝てなくても、スコアを大きく離されないよ...

初心者女性はアイアンの飛距離の目安を目標にしてうまくなろう

ゴルフの初心者女性が少し上達すると、自分のアイアンの飛距離は他の人と比べると飛んでいるのかどうかと気...

ドライバーでのスライスが直らない初心者のための矯正方法

ゴルフをはじめて念願のコースデビューを果たしたのに、結果は散々だったという初心者の方、その散々な結果...

ハーフスイングでの飛距離の安定がゴルフのスコアアップへのカギ

最近フルスイングでなかなか飛距離が安定しないという方は必見です。実は飛距離が安定しない悩みはハー...

初心者がゴルフで飛距離アップをさせたい時には筋トレをしよう

ゴルフのコースに出た時に、もう少し飛距離が伸びたらいいなと思うことは沢山あります。もちろんスイン...

フェアウェイウッドの7番で飛距離を出してスコアアップを目指す

ゴルフセットを買ったときにセットになっていたフェアウェイウッドの7番、上手に使いこなせない、もしくは...

ピッチングウェッジの角度を中心にアプローチを考えてみよう

ピッチングウェッジはウェッジの中でも1番角度が少なく、適度にボールが上がり、それなりの距離が出せるク...

ゴルフクラブの5番アイアンをマスターして飛距離を稼ごう

ゴルフを始めたばかりの頃は、基本的に7番アイアンなどでスイングの基礎を身につける練習をしている方...

ゴルフ初心者だからこそメンタルを強化してスコアアップに繋げる

ゴルフ初心者の頃は、コースに出るとボールがあちこち飛んで行き、飛距離が出ない事も多いと思います。...

グリーン周りのアプローチを完璧にしてスコアアップを目指そう

飛距離や安定したスイングがまだ出来ない初心者の方が、スコアを少しでもアップできるとするとグリーン周り...

ゴルフ初心者女子は5番ウッドを味方に付けてぐんぐん上達しよう

第2打以降で必ず必要になるフェアウェイウッド、中でも5番ウッドは女子ゴルファーにとって得意クラブにし...

ゴルフ初心者女子はドライバーのスタンスを変えてレベルアップ

ゴルフクラブの中で1番飛距離の出るドライバー、飛ばす力があまりない初心者女子としては、第二打以降をで...

スポンサーリンク

ゴルフスイングのダウンブローの打ち方はこのような感じ

ゴルフのスイングの基本はクラブが違うからといって変わることはありません。

全く形の違うアイアンとドライバーもスイングは一緒

変わる所はボールを置く位置とクラブの軌道です。

また、ボールを位置を違う位置に置くことで、クラブがボールを捕らえる場所が変わります。
私が初めてダウンブローの打ち方を練習をし始めた時、クラブをボールの右上から叩くようにして振るイメージで振っていました。
このようなイメージがなぜか叩きつける打ち方に勝手に自分の中で変換されて、スイング軌道を無視した上から叩きつけるような形になってしまっていました。

当然このような打ち方でアイアンが上達するはずもなく、アドバイスをもらいながら、正しいダウンブローの打ち方をするようにしていきました。

ダウンブローの打ち方は、ボールを見ながらスイングをしてしまうと叩きつけるイメージがなかなか消えてくれないかもしれないので、ボールの少し前にクラブをやさしく着地をさせるような意識をすると良いでしょう。

ゴルフスイングをダウンブローの打ち方にすることのメリット

アイアンの得意技は狙った所へボールを落とす事です。
その得意技はダウンブローで打つ事で1番メリットを感じることができます。

ダウンブローのメリットはボールにバックスピンをかけられること

バックスピンをかけられる様になるとボールが地面に落ちた時にあまり転がらずに止まりやすくなるので、グリーンに乗せたい時や障害物の手前などを狙ったと時にとても役に立ちます。

また、コース上の難しい状況、例えば、傾斜やラフなどからショットをする時はダウンブローで打つことによってスムーズに打つことが出来ます。

このように、正しくダウンブローができることによって、狙った距離に、場所にアイアン選びを間違えなければ、望んだ距離にボールが飛ばせるようになります。

もしもテレビでゴルフの番組を見る機会があったら、プロのアイアンショットの後のボール前の芝に注目をして見て下さい。ボール前の芝が削れていると思います。
これは、ダウンブローで正しく打てている証拠です。

ゴルフスイングをダウンブローにするための打ち方のポイント

アイアンをダウンブローで打つには、あまりダウンブローで打つことに意識をしすぎずにスイングをする事がポイントになります。

構えた時の重心は左右均等にして、グリップエンドが左足の内側の付け根辺りに向かっている形のハンドファーストを意識します。
  • ハンドファーストはスイングの時にも意識をするようにして、体の軸をずらさないように注意をします。
  • また、手首の角度を大きく変えないようにして、スムーズに体重移動をするように体を回転させます。

背骨の軸が動いてしまったり、体重移動がうまくいかない時は、腰を水平に保つイメージでおへそを動かさないようにスイングをするとうまくいく場合がありますので、試してみて下さい。

ゴルフスイングをダウンブローの打ち方にする時に気をつけて欲しい事

なかなかダウンブローがうまくいかない時は次の様な箇所に原因があるかどうかをご自身のスイングで確認してみて下さい。

スイングの途中で前傾姿勢が崩れして待っている場合

ダウンスイングがうまく打てない原因の1つに考えられます。

どこで前傾姿勢が崩れてしまっているのかを知る事で、解決できるかもしれません。

一度ご自身のスイングの動画を撮って、チェックをしてみましょう。
例えば、無理に腕を上げすぎていたり、ダウンスイングの時に右肩が下に下がりすぎている時などは、綺麗なダウンスイングにはなりません。

また、練習場のマットは人工芝でできているので、なかなかダフっている事に気付かない場合も多くあります。
このようなときはハンドファーストがキープ出来てないことがわかりにくいので注意をしましょう。

アイアンにダフらずにクリーンにボールが当たった時は、アイアンの種類にもよりますが、少し高い音がします。
鈍い音や、アイアンにボールが当たる音以外が聞こえる時には、アドレスから一度見直してみると良いでしょう。

ゴルフスイングでダウンブローの打ち方をマスターする為の練習方法

アイアンを上手に扱うためにダウンブローを練習するのであれば、ぜひ、次の練習の時に以下のような方法を試してみて下さい。

ティーの高さが調節できる練習場ならば1番ティーを低くしてアイアンショットをしてみましょう

少し浮いたボールを打つことで、自分スイングがどのような軌道になっているかを確認する事ができます。
ティーを打ってしまっているとボールをクリーンに打つことができません。

また、クラブの最下点が何処にあるかを確認しやすくなるので、ボールの少し先にクラブが最下点に来ているかどうかを見てみましょう。

ダウンブローの打ち方をマスターするには、正しくダウンブローが出来た時の感覚やイメージを知ることが大切です。
感覚は一度自分でダウンブローでナイスショットをする事が必要になりますが、イメージだけであれば、知り合いのゴルフ上級者などのスイングをお手本にすることも方法のひとつです。

体の使い方や、アイアンにボールが当たった時の音など参考にできる事が沢山あると思いますので、お願いをしてみると良いでしょう。