ゴルフのスイングを正しく矯正するための練習器具の種類を知ろう

ゴルフを始めて日が経つのになかなかスイングが安定せずに悩んでいる女性ゴルファーの方は必見です。
練習場や自宅で出来るゴルフの練習器具は安定したスイングを見につけるための補助アイテムとして上達のきっかけになる可能性があります。
自分のスイングのどこを直すべきなのかをまず知って、スイングの矯正にぴったりの練習器具を探しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフクラブの5番アイアンをマスターして飛距離を稼ごう

ゴルフを始めたばかりの頃は、基本的に7番アイアンなどでスイングの基礎を身につける練習をしている方...

グリーン周りのアプローチを完璧にしてスコアアップを目指そう

飛距離や安定したスイングがまだ出来ない初心者の方が、スコアを少しでもアップできるとするとグリーン周り...

初心者がゴルフで飛距離アップをさせたい時には筋トレをしよう

ゴルフのコースに出た時に、もう少し飛距離が伸びたらいいなと思うことは沢山あります。もちろんスイン...

ゴルフクラブごとのショットを安定させる事がスコアアップのカギ

ゴルフを始めると、周りのゴルフ仲間にラウンドに誘われる事が沢山あります。誘われる事は嬉しいけれど...

ゴルフスイングのダウンブロー打ち方をマスターする方法

ゴルフを少し経験してくると、色々と打ち方の違いを耳にする事が多いと思います。ドライバーとアイアン...

初心者女性はアイアンの飛距離の目安を目標にしてうまくなろう

ゴルフの初心者女性が少し上達すると、自分のアイアンの飛距離は他の人と比べると飛んでいるのかどうかと気...

アイアンの打ち方のコツを掴んでゴルフのスコアアップを目指そう

初心者女子が周りのゴルフ上手な友達とラウンドする時に実力では勝てなくても、スコアを大きく離されないよ...

ゴルフの上達に必要なバックスイングを正しい軌道にする方法

ゴルフのバックスイングは安定して狙った方向へ打つための軌道を作る大切な動きです。バックスイングを...

ゴルフ初心者女子は基本のフォームをしっかりさせる事が1番大切

ゴルフをするならば、絶対にうまくなりたい、もしくは早くコースデビューをしてみたいと思っている初心...

ゴルフを今まで以上に上達させるためには右手の力を上手に使おう

ゴルフを始めてまもない女性ゴルファーの方は、レッスンを受けたり、経験者に教えてもらう時に、右手の力を...

ハーフスイングでの飛距離の安定がゴルフのスコアアップへのカギ

最近フルスイングでなかなか飛距離が安定しないという方は必見です。実は飛距離が安定しない悩みはハー...

ゴルフクラブ選択とアプローチのスイングのポイントを抑えよう

コースに始めて出て、第1打からあちこちボールを飛ばしてしまってやっとグリーン前まで辿り着いたなんて経...

ゴルフ初心者女子は5番ウッドを味方に付けてぐんぐん上達しよう

第2打以降で必ず必要になるフェアウェイウッド、中でも5番ウッドは女子ゴルファーにとって得意クラブにし...

ドライバーショットのコツを掴めたら初心者女子ゴルファーは卒業

初心者の女子には苦手な人が多いドライバーショット。真っ直ぐ飛ばない、飛距離が出ないなと色々悩んで...

ゴルフで重要なティーアップは色々な方法を知っておくと便利

ゴルフの中継を見ていると、第一打を打つ時のボールは浮いているように見えます。これは、ティーという...

スポンサーリンク

まずは自分のゴルフスイングをチェックしてから練習器具を選ぼう

安定しないスイングは初心者女性ゴルファーを悩ませる原因の1つです。

スイングが不安定だとまず1回良いショットが出せても連続ではできなかったり、同じスイングをしているつもりでも実は毎回違うなんて事が多く、できるなら毎回ナイスショットを打ちたいものです。

スイングが安定しない原因は1つ1つを解決していく必要があります。まずは自分が今どのようなスイングをしているのかを知って、原因を探すようにしましょう。

スマートフォンなどでスイングを動画で撮る

スイングをしながら、自分が直すべき場所を見つけることは初心者の方には難しいと思いますので、まずはスマートフォンなどでスイングを動画で撮ってみましょう。
動画を自分で確認をして原因がわからない場合などは、ゴルフの経験者などに見てもらいアドバイスを貰うことも良い方法の1つです。

スマートフォンで撮影する時には出来る限り色々な角度から撮影をしましょう。

後ろからの撮影の場合にはクラブのスイング軌道や前傾姿勢のキープ、真正面から撮影した場合は体の回転やボールの位置などをチェックできます。

スマートフォンにスローモーション機能が付いているのならば、ゆっくりと1つ1つの動きをチェックできるのでとても便利です。

まずはスイングを安定させるために、直すべきところが何処なのかを知って、ゴルフ用の練習器具を選ぶことが大切です。

ゴルフの正しいスイングをマスターするためのおすすめ練習器具

安定したスイングをするためには正しいスイングを目指すことが1番の解決方法です。
正しいスイングへするための練習器具を使って練習をしてみましょう。

バット型の素振り用の練習器具

まさに野球のバットの様な形をしています。
少し重さがあるものを使うと、腕の力ではなく、体全体で素振りをしようと体が動くようになるので、自然に体を回転させるイメージができます。

使い方のコツはスイングを大きく緩やかに振る感じで素振りをすると正しいからだの動きになっていきます。

見た目がゴルフクラブのシャフトにグリップが付いているだけの練習器具もあります

シャフトの部分がとても柔らかく出来ているので、素振りをした時にシャフトのしなりを感じる事ができます。
このしなりを感じながらスイングすることが正しいスイングへの練習になります

正しいスイングが出来ていない時にはこの練習器具で素振りをしてもあまりしなりを感じることができません。
しなりを感じない時は手打ちになっている場合が多く、手打ちに気付くことによって、スイングの問題点に気付けることができます。

ゴルフは飛ばすだけじゃないアプローチのスイング用の練習器具

長いクラブを使う場面よりも、アプローチなどの短いクラブを使ったスイングがなかなかうまくいかない時におすすめの練習器具もあります。
長いクラブで安定したスイングが出来ない場合も、アプローチのようなコンパクトスイングを安定させることでスイングが矯正できる場合もあります。

アプローチは長いクラブを使わずに練習ができるので自宅で気軽に出来ます

おすすめの練習器具の1つとして、ウレタンやプラスチックの素材で出来てたゴルフボールがあります。
軽く、間違って物に当たっても、繊細な物でなければ壊してしまうことが少ないのが魅力です。

このような軽いボールを使う時は、遠くへ飛ばすようなイメージでスイングをするのではなく、ボールにクラブを正確に当たるかどうかのチェックをするようにすると良いでしょう

アプローチでは狙った場所へボールを飛ばせるかどうかも大切になってきます。

方向性を良くするための練習器具は、アプローチ用のネットを使うと便利です。

ネットで出来たかごのような形に丸い的が付いていて、そこへ目掛けてアプローチをする練習器具です。
このようにアプローチショットの様なコンパクトスイングでまずはしっかりと正しいスイングの感覚を掴むことも良いでしょう。

ゴルフは最後まで気が抜けないパターのスイングを安定させる練習器具

パターは1番打つ回数を少なく、正確にスイングをしておきたい事の1つです。

パター用の練習器具はマットとカップが一体化しているものが多く、マットの長さは部屋の広さや置く場所によって考える必要があります。
大きさの違う2種類のカップが付いているものや、傾斜の付いているものが多いです。
また、マットにラインが入っているものなどは、真っ直ぐパターが打てているのかがわかりますので、パターが不安定なショットになってしまう方にはとても便利です。

マトに長さがあるので、自分なりに距離を考えて練習をするととても効果的

このような練習器具は、打った後に自動的に自分の方向へボールが戻ってくるので便利です。

また、カップだけの練習器具もあります。
じゅうたんのやラグの上で使うことができますので、パターマットよりも場所を取りません。

ゴルフのスイングは練習器具が無くてもアイディア次第で上達できる

スイングを安定させるために使える練習器具は多いですが、どの練習器具が1番自分に必要なのかをまだ考え中ならば、決まるまでの間の時間を有効に使って練習器具無しで自宅練習をしましょう。

素振りはゴルフの練習では効果的な方法の1つ

そして、手元にクラブが無くても他の物を代用して素振りをする事が出来ます。

私はよくテレビを見ながらマッサージ棒で足や腕をマッサージをします。
そのマッサージ棒はグリップに見立てるには少し太いのですが、体の動きをチェックするのには便利なので、素振りをするのに使っています。
長さのある棒ではないので、周りのものにぶつかってしまう心配もないので役に立っています。

タオルを使った素振り練習も効果的

スポーツタオルほどの長さのタオルの端を結んでクラブヘッドに見立てて、結んでない方をグリップとして握り素振りをします。
柔らかいタオルをスムーズに振ることができる様になることでスイングが安定する可能性があります。
タオルで素振りをする時のポイントはタオルの結び目をスイングのトップとフィニッシュの時にリズム良く背中に当てることをイメージすることです。

このようにどの練習器具が迷ってしまっている間は、自宅で使えるものを使って練習をしたり、ゴルフに必要な筋トレすることも方法の1つです。