ゴルフを今まで以上に上達させるためには右手の力を上手に使おう

ゴルフを始めてまもない女性ゴルファーの方は、レッスンを受けたり、経験者に教えてもらう時に、右手の力をどうしたら良いのかは、教えてくれる人によって様々なので迷ってしまうことが多いと思います。
迷ってどうしたら良いのか分からなくなった時は、とりあえず右手の力の使い方を知って、自分なりに取り入れていくことも方法の1つです。
右手の力の使い方を理解しておけば、ゴルフの上達に役立つ事があると思います。
基本的な右手の力の使い方や練習方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ初心者女子はドライバーのスタンスを変えてレベルアップ

ゴルフクラブの中で1番飛距離の出るドライバー、飛ばす力があまりない初心者女子としては、第二打以降をで...

初心者女性はアイアンの飛距離の目安を目標にしてうまくなろう

ゴルフの初心者女性が少し上達すると、自分のアイアンの飛距離は他の人と比べると飛んでいるのかどうかと気...

ゴルフ初心者女子は5番ウッドを味方に付けてぐんぐん上達しよう

第2打以降で必ず必要になるフェアウェイウッド、中でも5番ウッドは女子ゴルファーにとって得意クラブにし...

ピッチングウェッジの角度を中心にアプローチを考えてみよう

ピッチングウェッジはウェッジの中でも1番角度が少なく、適度にボールが上がり、それなりの距離が出せるク...

ゴルフで重要なティーアップは色々な方法を知っておくと便利

ゴルフの中継を見ていると、第一打を打つ時のボールは浮いているように見えます。これは、ティーという...

ゴルフ初心者女子は基本のフォームをしっかりさせる事が1番大切

ゴルフをするならば、絶対にうまくなりたい、もしくは早くコースデビューをしてみたいと思っている初心...

ゴルフクラブごとのショットを安定させる事がスコアアップのカギ

ゴルフを始めると、周りのゴルフ仲間にラウンドに誘われる事が沢山あります。誘われる事は嬉しいけれど...

初心者がゴルフで飛距離アップをさせたい時には筋トレをしよう

ゴルフのコースに出た時に、もう少し飛距離が伸びたらいいなと思うことは沢山あります。もちろんスイン...

ゴルフでフックをしてしまう原因を徹底的にやっつけてしまおう

ボールが左に飛んでいってしまうことをフックと言います。このフックは初心者の頃にはあまり見られない...

フェアウェイウッドの7番で飛距離を出してスコアアップを目指す

ゴルフセットを買ったときにセットになっていたフェアウェイウッドの7番、上手に使いこなせない、もしくは...

グリーン周りのアプローチを完璧にしてスコアアップを目指そう

飛距離や安定したスイングがまだ出来ない初心者の方が、スコアを少しでもアップできるとするとグリーン周り...

ゴルフ初心者にも必要になるホールインワン保険の内容と注意点

ゴルフを始めたからには一度は経験してみたいホールインワン。ショートホールの時などに、もしかしたら...

ゴルフのスイングを正しく矯正するための練習器具の種類を知ろう

ゴルフを始めて日が経つのになかなかスイングが安定せずに悩んでいる女性ゴルファーの方は必見です。練...

ゴルフの第1打ドライバーのティーショットのすべてを知ろう

ゴルフで1番遠くへ、そして思い切り気持ちよくスイングができるドライバーでのティーショット。ティー...

ゴルフの上達に必要なバックスイングを正しい軌道にする方法

ゴルフのバックスイングは安定して狙った方向へ打つための軌道を作る大切な動きです。バックスイングを...

スポンサーリンク

ゴルフをする時に右手の力は必要かどうかは人それぞれ

ゴルフ経験者などに「右手は添えるだけだよ」と教えてらったことがある初心者の女性ゴルファーは結構多いと思います。
ただ、他の経験者の中には「右手こそ大事だと」言う人がいたりします。
初心者の頃はいったいどちらが正しいのか、上達する方法かはわかりません。
そして、どちらかが絶対正しい方法だといえないのが真実だと思います。
だからと言って右手の力は必要ないと割り切ってしまうのはもったいないなと思いますので、これを機会に右手の力の使い方を知ってみましょう。

右手の力の使い方を知っておくと、スイングがうまくいかない時に、もしかしたら右手が原因かもしれないということに気付くかもしれませんし、右手の意識を変えるとスムーズにスイングができたりなどきっかけになる可能性があります。

もしもこの先誰かに右手の力が必要あるか無いかの話をされたとしても、それは人それぞれの考え方として受け止めることにしましょう。

ゴルフ初心者女性にチェックして欲しいアドレスでの右手の力

まず、アドレスの時にチェックして欲しい場所はグリップです。

私も右手は添えるだけと言われてきたので、本当に右手は添えるだけで打っていた時がありました。
その添えるだけの意味を私なりの勝手な解釈で実行していたことが間違いの原因でした。
添えるだけとは右手を使わない、力を入れないという意味じゃなくて、左手に添うようにするのが正解でした。
その添えるだけの勝手なイメージで右手が少し開く感じでグリップを握ってしまっていたので結果、クラブのフェース面が開いてボールを叩くというよりも擦ってしまったり、ダフってしまう原因になっていたのです。
気をつけてはいるのですが、今でも気付いたら右手が開いて握っていることがあります。
正しくグリップを握るためにも、必ず右手は確認してから打つように気をつけています。
もしも、私と同じような状態で握っていたとするならば、少し右手を真横、もしくは上から握るように意識をすると良いでしょう。
一度ご自分のグリップの握り方をチェックしてみてください。
左手に添えた右手がどういう状態なのかを知って、右手の力を発揮できる形を作りましょう。

ゴルフのスイングで右手の力を確認する事はとても大切

右手の力が上手に伝わっているか確認することはとても大切です。

確認するにはスイング中の右手の形をチェックすることが一番の方法です。
チェックをする時は、バックスイング、インパクトフォロースルーの時が良いでしょう。バックスイング時はアドレスの時の真っ直ぐな左腕と左手の角度がキープされていて、それに右手が合っているかどうかを確認しましょう。

次にインパクト時はアドレスの時に作った形と同じようになっていればOKです。
最後にフォロースルー時ですが、形が左手の上に右手が乗っているような形ができていれば大丈夫です。

右手の使い方がおかしいと思った時は右手と左手が離れてしまっていることが原因の場合があります。

スイングの時には右手と左手をくっつけるイメージをすると自然な流れを作ることができるかもしれません。

スイング中に一つ一つ動きを止めて右手を確認することも良いと思いますが、止める意識でスイングをするといつものスイングでな無くなる可能性があります。
右手の確認をする時はスマートフォンなどでの連続撮影か動画を撮って、スイングの時に右手がどのような形になっているかの確認をしてみることをおすすめします。

右手の力の正しい使い方でゴルフのスコアアップを目指そう

正しい右手の使い方を身につけるためには練習をする事が大切です。

その練習方法で有効なのが片手打ちの練習をする事です。
まずは、素振りから始めてみましょう。

最初に普通にグリップを両手で握りアドレスします。
アドレスをした形のまま左手を放して右手一本で握ります。
右手の角度をキープしたままお腹と下半身を使ってバックスイングをします。
通常のスイングと同じように腰の回転を利用してダウンスイング、インパクトフォローをするようにします。

右手と体が一緒に動いていることを確認しながら素振りをすることがとても大切です。

右手での片手打ちのポイントは右手だけでスイングをしようとせずに、アドレスから右手の握り方の力を変えないことです。
慣れるまではボールを打つことは難しいと思いますので、まずは素振りを完璧にできるよにしてみましょう。

右手の力をコントロールして手打ちを克服しよう

スイングをする上でNGといわれている「手打ち」ですが、飛距離が出なかったり、方向性が良くない原因として良く言われるミスショットの原因の1つとして知られています。
そのNGな手打ちがなぜミスショットに繋がるのかは右手の力が大きく関っていることを理解するととてもわかりやすいと思います。

「手打ち」のイメージは腕や手の力だけで打っていると思われている方もいるかもしれませんが、体を回転させないで手だけで打つ人はあまりいません。
そう考えると、手打ちというのは、体は回転しているけれど、手の力が強すぎる状態や体の回転と腕の動きが合っていない状態の打ち方の方が初心者に当てはまる手打ちと言えるのかもしません。
このような手打ちは飛距離を出したい、失敗したくないと思うことで、右手や右腕に力が入ってしまうことが原因の1つに考えられます。

まず、こうした手打ちを解消するには右手の力をコントロールすることで直る可能性が高いです。