ドライバーでのスライスが直らない初心者のための矯正方法

ゴルフをはじめて念願のコースデビューを果たしたのに、結果は散々だったという初心者の方、その散々な結果の原因は様々でしょうが、その原因の1つがドライバーでスライスしてしまったという方も多いのではないでしょうか。

ドライバーショットがいつもスライスしている方にも、ラウンド中に突然スライスが出てしまう初心者の方にも、そのドライバーでスライスをする原因とチェック方法、そして矯正をする練習法をご紹介します。
次のコースに出る時にはスライスなんて怖くないと言える様に矯正ができると嬉しいです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフで早くコースデビューをしたい初心者の為の基本の練習方法

ゴルフが上達するためにはまず基本を身につけるための練習が1番大切です。ゴルフを始めると早くコ...

ゴルフ初心者だからこそメンタルを強化してスコアアップに繋げる

ゴルフ初心者の頃は、コースに出るとボールがあちこち飛んで行き、飛距離が出ない事も多いと思います。...

ゴルフクラブの5番アイアンをマスターして飛距離を稼ごう

ゴルフを始めたばかりの頃は、基本的に7番アイアンなどでスイングの基礎を身につける練習をしている方...

ゴルフ初心者女子は基本のフォームをしっかりさせる事が1番大切

ゴルフをするならば、絶対にうまくなりたい、もしくは早くコースデビューをしてみたいと思っている初心...

ゴルフクラブごとのショットを安定させる事がスコアアップのカギ

ゴルフを始めると、周りのゴルフ仲間にラウンドに誘われる事が沢山あります。誘われる事は嬉しいけれど...

アイアンの打ち方のコツを掴んでゴルフのスコアアップを目指そう

初心者女子が周りのゴルフ上手な友達とラウンドする時に実力では勝てなくても、スコアを大きく離されないよ...

ゴルフの第1打ドライバーのティーショットのすべてを知ろう

ゴルフで1番遠くへ、そして思い切り気持ちよくスイングができるドライバーでのティーショット。ティー...

ドライバーショットのコツを掴めたら初心者女子ゴルファーは卒業

初心者の女子には苦手な人が多いドライバーショット。真っ直ぐ飛ばない、飛距離が出ないなと色々悩んで...

ゴルフクラブ選択とアプローチのスイングのポイントを抑えよう

コースに始めて出て、第1打からあちこちボールを飛ばしてしまってやっとグリーン前まで辿り着いたなんて経...

グリーン周りのアプローチを完璧にしてスコアアップを目指そう

飛距離や安定したスイングがまだ出来ない初心者の方が、スコアを少しでもアップできるとするとグリーン周り...

初心者女性はアイアンの飛距離の目安を目標にしてうまくなろう

ゴルフの初心者女性が少し上達すると、自分のアイアンの飛距離は他の人と比べると飛んでいるのかどうかと気...

ゴルフクラブ別のボールの位置は正しくするとショットは変化する

練習場で打ちっぱなしをしている時、フォームやスイングなどを気にする方は沢山いると思いますが、ボールの...

ゴルフで重要なティーアップは色々な方法を知っておくと便利

ゴルフの中継を見ていると、第一打を打つ時のボールは浮いているように見えます。これは、ティーという...

ゴルフ初心者女子は5番ウッドを味方に付けてぐんぐん上達しよう

第2打以降で必ず必要になるフェアウェイウッド、中でも5番ウッドは女子ゴルファーにとって得意クラブにし...

フェアウェイウッドの7番で飛距離を出してスコアアップを目指す

ゴルフセットを買ったときにセットになっていたフェアウェイウッドの7番、上手に使いこなせない、もしくは...

スポンサーリンク

ドライバーでスライスをする原因とタイプを知って矯正しよう

ゴルフでのお悩みのランキングがあったとしたら上位にいつもいるスライスの悩みですが、いつもスライスしてしまう方や、突然スライスがやってきた方もそれぞれ沢山いらっしゃると思います。

スライスをしてしまう原因は色々ありますが、初心者の方がスライスをしてしまう原因にはドライバーのフェース面の向きと、正しいスイングの軌道ができていないことが考えられます。

私はボールが最初から右方向へ出てしまって、更に途中で右に曲がってしまうプッシュスライスとというタイプのスライスに悩まされていました。その他にも打ち出しは真っ直ぐボールが飛び、途中で右に曲がるストレートスライスというタイプや打ち出しが左にボールが飛び、途中で右に曲がっていくプルスライスのタイプなどがあります。
私のようなプッシュスライスタイプはスイングの軌道が内側から外側へ抜けて、更にドライバーのフェース面が開いているときに起こりやすいです。
プルスライスの方はスイングの軌道がプッシュスライスとは逆の外側から内側へ抜けるタイプの方に多く見られます。
どのようなタイプでも共通しているのがフェース面が開いてしまっていることです。

自分がどのうようなタイプのスライスをしているかを一度チェックをして、その矯正方法を探っていきましょう。

ドライバーでスライスをなくすアドレスの時の矯正方法

ドライバーでスライスをしてしまう原因にはフェース面の開きも考えられます。

フェース面の開きが原因のスライスは主にグリップを見直すことで矯正できる可能性があります。

フェース面が開いてしまう原因の1つにグリップの握り方がまず考えられます。
グリップを握った左手をアドレスをした時に上から見て左手の関節(ナックル)が1つしか見えない場合(人さし指の関節のみ)は左手の握り方がウィークグリップになっています。
少しストロンググリップになるくらいの握り方をしてみると改善できる場合がありますので試してみて下さい。

また、手首の角度も確認してみましょう。
手首の角度が原因でフェース面が開いてしまう時はスイング中のコックがうまくいっていない時などが考えられます。
コックを正しい角度にするためにはまずアドレスの時の手首の角度が適切かどうかを確認しましょう。
ボールの横にクラブを置いて前傾姿勢をして腕の力を抜いた時にグリップを握ったその角度が基本的な手首の角度です。
この時に、自分の体とグリップエンドの感覚が握りこぶし2個分あると良いでしょう。

ただし、この手首やコックは腕の長さであったり、ボールを置く位置などで変わってきます。
なかなかうまくいかない時は、少しずつ角度を調節してみましょう。

ドライバーでスライスをする原因がわかれば矯正できる

スライスのタイプはスライスの軌道によって変わってしまうことは前述の通りですが、スライスを出さない理想のスイングの軌道はインサイドインです。

スイング軌道が崩れてしまう原因を理解することで、このインサイドインの理想のスイング軌道に近づけることができます。

まずインサイドインの軌道になっていないと思ったら、アドレスの時の両腕の形を見てみましょう。
両腕がバランスよくなっているかどうかをチェックします。
正しい軌道ができていない時にはこの両腕のバランスが崩れている可能性があります。
次のチェックポイントはスイングのトップからダウンスイングをする時の胸や肩がしっかりと右を向いているかどうかです。
この時点ですでに胸や肩が左に向いてきてしまっていると軌道が崩れている可能性があります。
また、前傾姿勢のキープもポイントになります。
ダウンスイングの時に重心が後ろに行ってしまう方は前傾姿勢をキープできていない証拠です。

このようにインサイドインの理想の軌道にするには色々確認する箇所がありますが、このチェックをする事は、正しいスイングをするための条件を同じです。
アドレスとスイングを一緒にまとめて基本に振り返ることもスライスを矯正する方法の1つと言えます。

ドライバーのスライスを矯正するならこの練習方法

アウトサイドインの軌道になってしまってスライスをしている場合の矯正におすすめな練習方法は、ドライバーのアドレスの時に右足を少し後ろに引いてスイングをする方法です。

いつものスタンスよりも右足を引き、通常のスイングをします。
この方法はテークバックの時にクラブが外側へ上がってしまわず、ダウンスイングの時にスムーズにクラブを振り下ろせるので、インサイドインに軌道がわかりやすくなります。
この方法でイメージをインサイドインのイメージを作りれたら、いつものスタンスに戻してみましょう。

また、スイングの切り替えしの時に胸や肩がすぐに開いてしまうことを矯正するならば、トップの時の理想の形ができる様にスイングをしましょう。
トップの時に左の肩が顎の下にある状態が理想の形です。
体の柔軟性によっては左肩と顎がぴったりと付く人もいますが、あくまでも目安の位置です、無理に近づけようとして顔が動いてしまうことの方がミスを生んでしまいますので気をつけるようにしましょう。

ドライバーのスライスがラウンド中に止まらなくなった時の矯正方法

スライスをしないようなスイングを心がけて練習をしていても、コースに出るといつもの練習場の雰囲気とは違うのでミスをしてしまうことは必ずあります。
そして、一度スライスをし始めてしまうとしゃっくりのように止まらなくなってしまうこともあると思います。
そんな時には一番に気持ちの切り替えが大事です。
ミスショットをする原因の多くは遠くへ飛ばそうという意識です。
この意識が強すぎていつものスイングではなくなってしまっている可能性があります。
スライスを止めたいのならば、飛ばそうという気持ちは抑えましょう。

気持ちをラウンドの途中で変えることが難しいと思った時には、思い切ってドライバーを短く持ち、フルスイングをやめて、コンパクトなスイングにしてみましょう。
もしも、クラブの振り遅れでスライスが出てしまっている場合にはこのような方法を試してみると良いでしょう。

もしくは思い切ってクラブを変えてしまうことも1つの方法です。
フェアウェイウッドやユーティリティなどドライバーよりも飛距離は落ちますが、スライスは減るかもしれません。