ピッチングウェッジの角度を中心にアプローチを考えてみよう

ピッチングウェッジはウェッジの中でも1番角度が少なく、適度にボールが上がり、それなりの距離が出せるクラブです。
他のアイアンに比べてクラブの長さが短いピッチングウェッジは振りやすいクラブとして初心者女性ゴルファーにとってはぜひ味方につけておきたいクラブの1つです。
ピッチングウェッジの角度を活かしたスイングやピッチングウェッジを中心とした他のウェッジの選び方などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフクラブ選択とアプローチのスイングのポイントを抑えよう

コースに始めて出て、第1打からあちこちボールを飛ばしてしまってやっとグリーン前まで辿り着いたなんて経...

ゴルフを今まで以上に上達させるためには右手の力を上手に使おう

ゴルフを始めてまもない女性ゴルファーの方は、レッスンを受けたり、経験者に教えてもらう時に、右手の力を...

ゴルフ初心者だからこそメンタルを強化してスコアアップに繋げる

ゴルフ初心者の頃は、コースに出るとボールがあちこち飛んで行き、飛距離が出ない事も多いと思います。...

ゴルフクラブ別のボールの位置は正しくするとショットは変化する

練習場で打ちっぱなしをしている時、フォームやスイングなどを気にする方は沢山いると思いますが、ボールの...

ゴルフで重要なティーアップは色々な方法を知っておくと便利

ゴルフの中継を見ていると、第一打を打つ時のボールは浮いているように見えます。これは、ティーという...

ゴルフスイングのダウンブロー打ち方をマスターする方法

ゴルフを少し経験してくると、色々と打ち方の違いを耳にする事が多いと思います。ドライバーとアイアン...

初心者がゴルフで飛距離アップをさせたい時には筋トレをしよう

ゴルフのコースに出た時に、もう少し飛距離が伸びたらいいなと思うことは沢山あります。もちろんスイン...

ゴルフクラブの5番アイアンをマスターして飛距離を稼ごう

ゴルフを始めたばかりの頃は、基本的に7番アイアンなどでスイングの基礎を身につける練習をしている方...

ショートコースを上手に利用してゴルフのクラブ選択の技を磨こう

ゴルフを始めてからずっと打ちっぱなし練習場で練習を積み重ねてきた初心者の方がいざコースデビューをする...

ゴルフのスイングを正しく矯正するための練習器具の種類を知ろう

ゴルフを始めて日が経つのになかなかスイングが安定せずに悩んでいる女性ゴルファーの方は必見です。練...

ゴルフの第1打ドライバーのティーショットのすべてを知ろう

ゴルフで1番遠くへ、そして思い切り気持ちよくスイングができるドライバーでのティーショット。ティー...

フェアウェイウッドの7番で飛距離を出してスコアアップを目指す

ゴルフセットを買ったときにセットになっていたフェアウェイウッドの7番、上手に使いこなせない、もしくは...

初心者女性はアイアンの飛距離の目安を目標にしてうまくなろう

ゴルフの初心者女性が少し上達すると、自分のアイアンの飛距離は他の人と比べると飛んでいるのかどうかと気...

ゴルフ初心者にも必要になるホールインワン保険の内容と注意点

ゴルフを始めたからには一度は経験してみたいホールインワン。ショートホールの時などに、もしかしたら...

グリーン周りのアプローチを完璧にしてスコアアップを目指そう

飛距離や安定したスイングがまだ出来ない初心者の方が、スコアを少しでもアップできるとするとグリーン周り...

スポンサーリンク

ピッチングウェッジの角度と飛距離を知って狙った所へ飛ばす

ピッチングウェッジは他のクラブと同様に様々な角度があります。

主に44°~48°位で設定をされていることが多い

ピッチングウェッジの角度は、他のウェッジよりも角度が少なくなるので、その分飛距離が出ます。

一般的なアマチュア女性ゴルファーで70ヤード前後の飛距離が出るので、その距離を利用して様々な場面で役に立つクラブです。

ピッチングウェッジはアイアンよりも角度があるのでボールが上がりやすく右に曲がりにくくなります。

また、適度な重さがあるので、体を使ったスイングができる様になるなど色々メリットのあるクラブです。
このような事から、ピッチングウェッジで距離感をマスターしておくと、様々な状況使える様になるのでとても便利です。

ピッチングウェッジとは角度の違うウェッジの種類

ピッチングウェッジの他に角度の違うウェッジが何種類かあります。

アプローチウェッジ、サンドウェッジ、ロブウェッジなどで、角度はアプローチウェッジが50°~52°、サンドウェッジが56°~58°、ロブウェッジが60°以上の角度を持ったクラブになります。

3種類の初心者の方に絶対に使って欲しいウェッジはサンドウェッジ

まず、バンカーからの脱出や、ピッチングウェッジよりもボールに高さがでます。
更に高さのある障害物を越えるようなアプローチにも活躍します。

ウェッジはクラブの名前ではなく角度で呼ばれることがあります。

例えばサンドウェッジの角度が56°だったとしたら、「56°のクラブ」と呼ぶことです。

これはゴルフ番組などでも良く使われる呼び方なので、なんとなく覚えておいて損は無いと思います。

ピッチングウェッジの角度を活かしたスイングを練習しよう

ピッチングウェッジは主にアプローチをする時に最適なクラブです。
現在自分がピッチングウェッジでどれだけの飛距離が出せるのかを知っておく事で、グリーンにピタリと乗せたい時にとても役に立ちます。

アプローチ方法はピッチエンドランの打ち方がベスト

ボールを少し上げて、少し転がしてピンに近づける方法です。

ピッチエンドランの打ち方は、グリップを少し短く持ち、体重は少し左足寄りに、ハンドファーストを意識してスイングをするようにしましょう。
グリップを短く持つ事でクラブをコントロールしやすくなり、バラつきのないスイングをする事ができます。

アプローチをするときのコツは出来る限り体重移動を小さめにする事です。

ピッチングウェッジは出来るだけスイングのリズムを大切にして、力強いスイングのようなイメージにならないように注意をしましょう。

ピッチングウェッジでの基本のスイングを身につける

多くの初心者の方がゴルフを始めた時には7番アイアンで基本のスイングを身につける事をアドバイスされると思います。

私もその1人で、最初は7番アイアンばかりで練習をしていました。
しかし、7番アイアンで練習をしていてもいつまで経っても上達せずに、正直ゴルフなんてつまらないと思い始めていました。
もともとゴルフセットを貰ったことがきっかけでゴルフを始めたので、ここでやめてもいいかなと思っていました。
上達しない事が面白くなくて次第に練習へ行く回数も減っていきました。
またゴルフを始めようと思ったきっかけは夫の転勤でした。
転勤先の住まいから車で15分ほどの所にゴルフ場があり、そこの練習場で夫が練習しているのを見て、また始めようかなと思い、夫が次の練習へ行く時に一緒に行きました。
やはり、全く練習をしてこなかったので、突然上達しているなんて事は無かったのですが、そんな時に夫にすすめられたのが、ピッチングウェッジでの練習でした。
ピッチングウェッジはずっと使っていた7番アイアンよりもボールが高く飛び、私のイメージしていた「ゴルフをやっている!!」と言う気持ちになるのに最適のクラブでした。
ピッチングウェッジで練習を始めてから、クラブにボールが当たる感覚が掴めて、結果、他のクラブを使うときにもイメージがしやすくなりました。
私に合っていたのはクラブの長さや重さのおかげだと思っています。
やはり、7番アイアンが長さの中間のクラブだと言っても初心者女性には少し長く感じてしまう場合もありますし、スイングがしにくいと思うクラブでいくら練習をしても上達しない可能性は高いと思います。
すべての初心者女性がピッチングウェッジでの練習が最適かどうかは疑問ですが、もしも、7番アイアンでの練習でうまくいかないなと感じた時はピッチングウェッジを試してみる事も1つの方法です。

今でも私はスイングがうまくいかなくなってしまった時などはピッチングウェッジで基本のスイングを取り戻すようにしています。

ピッチングウェッジの角度以外のものでクラブセッティング

初心者女性向けのゴルフクラブのセットはピッチングウェッジが最初からセットされていることが多いです。
ピッチングウェッジの他のウェッジがセットに含まれていない場合は、ピッチングウェッジとは角度の違うウェッジを揃えると便利です。

ピッチングウェッジの角度と何度から違うアプローチウェッジやサンドウェッジを揃えることで、飛距離の違うクラブで選択の幅が広がります。
例えばピッチングウェッジが44°ならば、他のウェッジを50°や56°にするなどが良いでしょう。

私が現在使っているウェッジはピッチングウェッジの他にサンドウェッジのみです。
距離などはスイング幅で調整をしているので、今のところは問題なく2本のウェッジで良いのですが、これからもう少しゴルフが上達できたなら、距離感の精度を高めるためにもアプローチウェッジを使ってみようかと思っています。