アイアンとウッドの違いがわかるようになる初心者の方への説明書

ゴルフをこれから始めようと思っている方は、沢山あるゴルフ用語、ゴルフアイテムの名前などにとても戸惑っているのではないでしょうか。
まず初心者の方に必要になるゴルフクラブの代表と言えるアイアンとウッドの違いについてご紹介します。
アイアンとウッドは形状、素材、その目的がそれぞれ違います。
これからゴルフクラブを買う方のご参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ初心者男子におすすめ秋のコースデビューで失敗しない服装

初心者ゴルファーとして秋にコースデビューを控えている方にとって、技術面以外で悩む事といえば、服装でし...

ゴルフ初心者でもすぐにアプローチが上達できるウェッジの打ち方

ゴルフは遠くへ飛ばすことも大切ですが、実はグリーン周りの正確なアプローチもスコアアップを狙える重要な...

初心者に知って欲しいフェアウェイウッドとユーティリティの違い

ゴルフを始めてから少し経つと出てくるのが得意なクラブと苦手なクラブです。中でもフェアウェイウッド...

最初にアイアンのスイングをマスターすると初心者は上達できる

ゴルフを始めると最初に練習用のクラブとしておすすめされるのが7番アイアンです。7番アイアンはクラ...

ゴルフクラブのフェースを意識して狙った所へ飛ばしてみよう

ゴルフを始めて、ようやく安定したスイングができるようになったのに、なかなかボールが真っ直ぐに飛ばない...

ゴルフ初心者を悩ませるアイアンが当たらない原因と克服する方法

ゴルフ初心者の方でアイアンが当たらない悩みを抱えている方は多くいます。元からアイアンが苦手な...

ゴルフを始めたらまず最初にマスターするのはアドレスとグリップ

ゴルフをこれから始めようとしている方、ゴルフクラブを手に入れてこれから練習へ行く方が知っておいて欲し...

ヘッドスピードを上げることで飛距離アップを目指す練習方法

ゴルフの実力は変わらないのに男性ゴルファーに比べると圧倒的に女性ゴルファーは飛距離では適わないことが...

ゴルフ初心者の方に絶対覚えて欲しいアドレスの時の腕の使い方

これからゴルフを始める方や、始めたばかりの方はまず、クラブをスイングする時に始めに教わるのがグリップ...

初心者でも効率的な筋トレでヘッドスピードを上げることができる

ゴルフの楽しさにはまり始めた初心者女子ゴルファーのみなさん、ゴルフのコースにも何度か出て、もう少し上...

初心者女性がゴルフコースのデビューで慌てない為のアドバイス

初心者女性が始めてゴルフのコースに出る時はドキドキやワクワクと同時に、ちゃんとゴルフが出来るのだろう...

ゴルフの初心者女性がレッスンを選ぶ時のコツとポイント

これからゴルフを始めてみようと思っている方や、若い頃にゴルフをしたことがあって、久しぶりにまた始めよ...

ゴルフ初心者の悩みの種のスライスする原因にサヨナラしよう

ゴルフの基本をマスターして、スイングも慣れてきた頃にやってくるのがスライスです。いつもと同じ打ち...

ゴルフのスイングを理想をマスターしてかっこいい初心者になろう

ゴルフを始めた初心者の方は、コースに出た時、または練習場などでナイスショットを連発している人を見て、...

ゴルフ初心者におすすめのシャフト選びとフレックスについて

ゴルフ初心者の方がゴルフを始めたきっかけが知り合いにゴルフクラブのセットを貰ったから、もしくは安いゴ...

スポンサーリンク

アイアンとウッドの違いは素材と形状

アイアンとウッドの大きな違いはまず見た目です。

アイアンは平たく、ウッドは丸い形をしていることが特徴

この形の他にも作られている素材が違います。

アイアンのヘッド(ボールを打つ所)は名前の通り鉄でできています。

その鉄も柔らかさによって素材の名前が変わります。

1番柔らかい素材が純鉄で、それよりも少し硬い素材がステンレスなどです。

ウッドはチタンやステンレス、スチール、チタンとカーボンが合わさった素材など色々あります。

アイアンはその柔らかさでクラブの角度を調節できるかどうかで素材を決めたり、ウッドは目的によって素材を変えたりすることがあります。

アイアンがウッドとどのような違いがあるのかはその役割でわかる

アイアンを使う目的や役割は狙った所へボールを飛ばすことです。

アイアンはヘッドの形が違う3種類があります

小さいヘッドが特徴のマッスルバック、マッスルバックよりも少し大きく、ヘッドの後ろ側がへこんでいるキャビティバック、ヘッドの裏側がポケットのような形になっているポケットキャビティなどがあります。

さらに番手と言われるアイアンに付けられてる数字によって飛距離が変わります。その飛距離の違いを知ることで狙った所へボールを飛ばすことができます。

1番アイアンが遠くへ飛ばすことができ、最後の9番アイアンが飛距離が短くなります。

このような番手の違いによる平均的な飛距離はありますが、コースの時に重要になるのが、今の自分のレベルでどのアイアンを使うとどこまで飛ばせるのかをのかを知っておくことです。
初心者の頃は、ウッドで飛距離を出すことよりもアイアンで正確にボールを狙った所へ飛ばせる事にポイントを置くことで上達する可能性があります。

初心者の方におすすめのアイアンは先程の形の種類の中ではキャビティバックでアイアンのヘッドのソール(地面に着く箇所)が広めのものを選ぶとミスが少なく、クラブにボールを当てやすいのでおすすめです。

ウッドがアイアンとの違い見せることができるのは飛距離

ウッドには1番ウッドのドライバーと基本的には芝の上からティーアップをせずに使うフェアウェイウッドがあります。

ウッドの目的と役割は飛距離を稼ぐこと

ヘッドの大きさはドライバーが1番大きいクラブになります。その大きさの分ドライバーが1番飛距離が出るクラブになります。

形が似ているフェアウェイウッドはショートホールなどでは第1打としてティーアップをして使われることもありますが、基本的には芝の上から打つことを前提に作られているので、ドライバーよりもフェース面(ボールを打つ面)が薄くできています。

ドライバーは得意だけれど、フェアウェイウッドは少し苦手という初心者の方は多いです。
その苦手に感じる原因の1つにアイアンよりもクラブが長く、ドライバーよりもフェース面が小さいので打ちにくいイメージがあることが考えられます。

これからゴルフを始めるのにゴルフクラブを買う予定がおありなら、ドライバーやフェアウェイウッドはヘッドの大きなものをおすすめします。
初心者用にとても大きいヘッドもメーカーによっては発売されていますので、最初はボールに当てやすいクラブを選ぶようにしましょう。

アイアンとウッドは少しだけ打ち方のイメージとアドレスに違いがある

これからゴルフを始めるのであれば、まず構え方やスイングの基礎を誰かに教えてもらう事になると思います。
ゴルフのスイングは基本的にどのクラブでも一緒なので、アイアンもウッドもスイング方法は変わりません。

違うところは打つ時のイメージやボールを置く位置やスタンス(足の開き)などのアドレス部分

アイアンを打つ時はボールを右斜め上から叩く感じで、フェアウェイウッドは払いながら打つ、ドライバーはヘッドが少し上を向いた状態の時に打つイメージになります。
このイメージはスイングの方法を大きく変えるのではなく、ボールの位置をそのクラブに合わせた場所に置くことで自然にそのようなイメージの打ち方になります。

ボールの位置はクラブの長さが短いショートアイアンが中央に置くとすると、クラブが長くなるにつれて左に寄っていくイメージです。

例えば7番アイアンなどのミドルアイアンは中央よりも少し左側、フェアウェイウッドはそれよりも更に左へ、1番長さのあるドライバーは左足に最も近い位置にボールを置きます。

また、ドライバーが1番スタンス幅が広く、ミドルアイアンの7番アイアンは肩幅など、足を開く幅にも違いがあります。

このようなボールの位置、スタンスは人それぞれですが、まずは基本で練習をしてみて、少しずつ自分に合うものを見つけてみましょう。

アイアンとウッドの違いを知ることでクラブ選びが簡単になる

ゴルフは使いたいクラブを好きなだけキャディバッグに入れることはできません。
キャディバッグに入れられるクラブの本数は14本と決まっています。この本数以内で自分に必要なクラブを入れるのですが、初心者のうちは14本も必要はありません。

私のキャディバッグの中には12本のクラブが入っています。
クラブの内訳はドライバーと3番、5番ウッド、アイアンが5番~9番まで、そのほかにユーティリティとウェッジ、パターです。
12本もクラブがありますが、主に使うクラブは決まっていて、それ以外のクラブが活躍したことはまずありません。
どのようなクラブを選んでキャディバッグにセッティングするかはこれからゴルフが上達するに連れて、色々変わっていくと思いますが、まず初心者の頃に必要になるクラブはアイアンだと7番~9番まで、ウッドはドライバーの外に5番ウッドで間に合います。

その他にユーティリティやウェッジ、パターなどを増やして行きます。ゴルフがレベルアップしていくとほとんどの方が得意なクラブが出来てきます。

アイアンが得意な人やウッドが得意な人などそれぞれです。
アイアンが得意ならば、アイアンの種類を増やしたり、ウッドが得意なら、ウッドの種類を増やしたりなどしていくことが良いでしょう。