ゴルフ初心者女性がいつも悩んでしまう手打ちの直し方

ゴルフを始めた女性ゴルファーのみなさんは一度は誰かに手打ちになっていると言われてことがあると思います。
色々とアドバイスを受けて、手打ちの悩みから解放されたくてもなかなか直らずに、どうしたら良いのか悩んでいる女性ゴルファーの方に手打ちとはどういうスイングの事なのか、手打ちになってしまう原因、そして手打ちに直し方のご紹介をします。
手打ち方解放されるきっかけを掴んでいただけたらとてもうれしいです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者女子が極めるべきアイアンショットのコツを知ろう

ゴルフ初心者の頃は、ドライバーよりもアイアンショットで基本のスイングをマスターすることが、上達への近...

ゴルフ初心者男子におすすめ秋のコースデビューで失敗しない服装

初心者ゴルファーとして秋にコースデビューを控えている方にとって、技術面以外で悩む事といえば、服装でし...

ゴルフのスイングを理想をマスターしてかっこいい初心者になろう

ゴルフを始めた初心者の方は、コースに出た時、または練習場などでナイスショットを連発している人を見て、...

ゴルフ初心者の悩みの種のスライスする原因にサヨナラしよう

ゴルフの基本をマスターして、スイングも慣れてきた頃にやってくるのがスライスです。いつもと同じ打ち...

初心者女性ゴルファーは自分に合ったゴルフスクール選びが大切

周りの人の影響でゴルフを始めたり、付き合っている彼とゴルフが趣味で一緒に楽しみたくて始めた、もしくは...

ユーティリティの打ち方をマスターしてゴルフ初心者を卒業しよう

もう少しスコアが良くなればと思っていたり、もしくはフェアウェイウッドやロングアイアンが苦手な初心者女...

アイアンとウッドの違いがわかるようになる初心者の方への説明書

ゴルフをこれから始めようと思っている方は、沢山あるゴルフ用語、ゴルフアイテムの名前などにとても戸惑っ...

ゴルフボールの選び方で初心者女子はライバルと差をつけてみよう

これからゴルフ場デビューを控えている初心者女子の方、ゴルフセット、ゴルフウェア、シューズなど、使いや...

ヘッドスピードを上げることで飛距離アップを目指す練習方法

ゴルフの実力は変わらないのに男性ゴルファーに比べると圧倒的に女性ゴルファーは飛距離では適わないことが...

初心者女子がヘッドスピードを上げるためにつける練習器具はこれ

ゴルフを始めると、ゴルフ関連のテレビや雑誌などが気になって目にする事が多くなると思います。ゴルフ...

これからゴルフを始める方へおすすめの初心者用のゴルフセット

これからゴルフセットを買ってゴルフを始めようと思っている女性は、初心者用のゴルフセットでどのようなも...

ゴルフクラブのフェースを意識して狙った所へ飛ばしてみよう

ゴルフを始めて、ようやく安定したスイングができるようになったのに、なかなかボールが真っ直ぐに飛ばない...

最初にアイアンのスイングをマスターすると初心者は上達できる

ゴルフを始めると最初に練習用のクラブとしておすすめされるのが7番アイアンです。7番アイアンはクラ...

ゴルフを始めたらまず最初にマスターするのはアドレスとグリップ

ゴルフをこれから始めようとしている方、ゴルフクラブを手に入れてこれから練習へ行く方が知っておいて欲し...

初心者女性がゴルフコースのデビューで慌てない為のアドバイス

初心者女性が始めてゴルフのコースに出る時はドキドキやワクワクと同時に、ちゃんとゴルフが出来るのだろう...

スポンサーリンク

ゴルフスイングの手打ちとはどんなことなのかを知知ろう

昔、私がゴルフを始めて何ヶ月か経った頃に、上手になったと思っていたショットがなかなかうまくいかなくなり、まだ初心者だったので、その原因がわからずにいた時に、ゴルフを教えてくれている人に言われたのが「手打ちになっているよ」でした。
手打ちではない正しいスイングや手打ちにならない方法を色々教わったのですが、「手打ち」と言う言葉の本当の意味を理解していなかったため、手で打つ事は悪い事なのかと勘違いしていました。
実際にゴルフはクラブを手で持ってスイングして打つスポーツなので、手を使うことが悪い事では無いと頭では思っていてもなんとなく腑に落ちませんでした。
やっと理解できたのはそれから少し後で、手打ちは手で打つのが悪いという意味ではなく、体の回転と手とのバランスやタイミングに問題がある時に手打ちと言うことがわかりました。
例えば、私の手打ちの原因はもともとの体の回転がうまくいってなくて、極端に言うと手の力だけでクラブを振り上げて、その少ない体の回転ではスムーズにクラブを振ることができずに結果手の力だけでボールを打っているよう状態でした。
このようなスイングの仕方は正しいスイングのフォームではないので、軌道も綺麗に描けずにミスショットに繋がってしまいます。

手打ちの原因は他にも手首の角度、打つ時の意識の問題などが考えられます。

もしもミスショットをしてしまった時に、手打ちになっているよとアドバイスをもらったならば、手だけで打っていることが原因ではなく、体と手のバランスがおかしくなっていると理解するようにすることが大切です。

ゴルフ初心者にありがちなスイング中の手打ちの原因と直し方

手打ちの原因を知って直すためには一度素振りか実際にボールを打っている所をスマートフォンなどのカメラを使って撮影をして自分のフォームを見てみることが1番です。
その動画を見て自分のスイングがどのような状態か知ることで原因を特定して手打ちを直すことができます。

まず、体の回転は十分にできているかをチェックしてみましょう。

私の場合、体の柔軟性が乏しく、体の回転がうまくいっていないことが原因で手打ちになってしまっていたので、徹底的に体の回転を意識した練習をしました。
動画で確認をすると、指摘されたように体、特に腰や肩があまり回っていないのに腕の力だけでクラブを振り上げていて、その時両肘が格好悪い感じで曲がっているフォームでした。
この体の回転を身につけるためにした方法は、素振り用の練習アイテムを使って、クラブをしならせるイメージを自分の体に覚えこませる事でした。
この練習アイテムは普通のゴルフクラブよりも柔らかいシャフトにグリップがついている構造で、練習場へ行った時にはクラブを持つ前にこの練習アイテムで何度も素振りをしました。
この練習方法で劇的に手打ちが直り、体の使い方が上手になったと同時に体の柔軟性も少し出て来ました。

また、手打ちの原因には両脇の開きも関係してくることがあります。
自分のスイングの動画で自分の両脇の状態をチェックしてみましょう。
基本的なスイングに必要な事の1つに両脇の適度な締まりがあります。
しかし、その両脇の締まりを意識しすぎて、結果、締まり過ぎていた場合はうまく体が回転できずに手打ちの原因になってしまいます。
両脇の締まりすぎは良くありませんが、開きすぎもまたNGです。
両脇が開きすぎていると、スイングの時にインパクトの時にボールにクラブが当たらないと瞬時に判断して手首や腕でクラブを調整しようとしてしまい、結果手打ちになってしまうと言うことも考えられます。

動画を見て、両脇の状態がどのようになっているかを見て、締まりすぎたり、開きすぎたりしている時は両腕とグリップの三角形のバランスを身につけるためのハーフスイングでの素振りをおすすめします。
その時、腰の回転だけでは無く、左の肩が自分の顎の下にしっかり来ているかがポイントです。

ゴルフスイングの前に直し方を覚えて手打ちを解消しよう

手打ちの原因はスイングだけでは無く、打つ前のアドレスの状態にある場合も考えられます。

その原因の1つに考えられるのが、アドレスをした時のボールと自分との距離です。
ボールと自分との距離が正しいスイング軌道にないと、結果、腕で調整してボールを打ってしまう原因になってしまったり、前述したような腕が曲がってしまったり、逆に伸びすぎてしまったり、または両脇の締りがうまくいかなくなってしまいます。
このような原因を解消する方法はアドレスの時に適切なボールの距離を知ることです。

距離を確認する方法はボールを置いて、クラブをボールに合わせてアドレスをした時のグリップエンドと自分の体の距離を目安にするととてもわかりやすいです。
ドライバーならば、自分とグリップエンドの距離が握りこぶし2個程、アイアンならば1個半もしくは1個程が適切な目安の距離です。
まずはこの目安の距離で試してみて下さい。
しかし、体の特徴などの個人差でこの目安では手打ちが解消できない方もいると思います。
そのような時にはこの目安を基準として、少しずつ自分で距離を調節することが良いでしょう。

もう1つの原因に考えられるのが、アドレスの時の前傾姿勢の状態です。

先程のボールの距離にも関係してきますが、アドレスの時に前傾をしすぎたり、反対に前傾姿勢になっていなかったりすると、スイングの時正しいスイング軌道でインパクトを迎えられずに前述のような手で調整してボールを打ってしまう結果になります。

このように手打ちの原因はスイング、そしてスイングをする前のアドレスにもある可能性があります。

ゴルフスイングの手打ちは気持ちから来てしまう方の直し方

ここまで手打ちになってしまう原因と直し方などを紹介してきましたが、実はショットをする時の気持ちで手打ちを引き起こしてしまう場合もあります。
この気持ちから来る手打ちはコースに出た時に起きてしまう可能性が高いです。
それは「遠くへ飛ばしたい」「真っ直ぐ飛ばしたい」「失敗したくない」などのコースに出た時にありがちな気持ちです。
前のホールで散々な結果だった時、全体的に調子が悪い時などは次は絶対に良いショットを打ってやると意気込んだり、気合が入ってしまうと思いますが、このような気持ちが強すぎると体全体が緊張して、腕に力が入ってしまい、いつものスイングができずに手打ちになってしまいやすくなります。
手打ちに気付かずに気合だけでスイングしていても、ボールは遠くへ飛ばすことができまませんし、まっすぐも飛ばずに、ミスショットを更に連発してしまう可能性もあります。
このような気持ちになってしまった時こそ、気持ちを楽観的にすることが一番の方法です。

私は手打ちが原因でのミスショットだらけのラウンドになってしまったら、「前に飛んだらラッキー」を思うようにして気持ちを切り替えています。
どうせ今日は遠くへは飛ばせないのなら、得意のクラブを使って前にボールを運ぶことだけを考えよう、方向性が定まらずにラフや林の中に入ってしまってばかりならば、打ちやすい短いクラブを使って着実にグリーンに飛ばそうと思うようにしています。
このようにナイスショットがでなくてもゴルフは前に飛ばせばなんとかなると思った時にこそスムーズな正しいスイングに直る可能性があります。

ゴルフ初心者のうちに解消したい手打ちの直し方にはこの方法がベスト

手打ちになってしまう原因と自分のスイングの確認ができたら、次のような練習方法を試してみて下さい。

手打ちを直す片手打ちの練習方法

まず、左手でクラブを握り、アドレスをします。
使うクラブは少し重みを感じるくらいのアイアンが良いでしょう。
最初はボールを使わずに素振りで行います。
左手で握ったクラブを小さくスイングします。
この時に意識するポイントは左肩と左手、そしてクラブを真っ直ぐになっているイメージでグリップエンドは常に左足の付け根にある意識でスイングします。
スムーズに素振りができる様になってきたら実際にボールを打ってみましょう。
ただし、練習場で行う場合はボールがどこへ飛んでいくかわからないので、スイングは小さく、できれば周りに人のいないところで試してみましょう。

ある程度左手での片手うちに慣れてきたら、次は右手でも同じように練習をして両手のバランスの感覚を掴みましょう。