ゴルフ初心者の方に絶対覚えて欲しいアドレスの時の腕の使い方

これからゴルフを始める方や、始めたばかりの方はまず、クラブをスイングする時に始めに教わるのがグリップの握り方とアドレスです。
アドレスは正しいフォームを身につけていないと、その後のスイングに影響を出す可能性があります。
初心者の方でもわかりやすいアドレスの時の基本のフォームや腕の使い方などをご紹介します。
また、クラブごとのアドレスの違いなどもご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ初心者の悩みの種のスライスする原因にサヨナラしよう

ゴルフの基本をマスターして、スイングも慣れてきた頃にやってくるのがスライスです。いつもと同じ打ち...

ゴルフ初心者を悩ませるアイアンが当たらない原因と克服する方法

ゴルフ初心者の方でアイアンが当たらない悩みを抱えている方は多くいます。元からアイアンが苦手な...

ゴルフの初心者女性がレッスンを選ぶ時のコツとポイント

これからゴルフを始めてみようと思っている方や、若い頃にゴルフをしたことがあって、久しぶりにまた始めよ...

初心者に知って欲しいフェアウェイウッドとユーティリティの違い

ゴルフを始めてから少し経つと出てくるのが得意なクラブと苦手なクラブです。中でもフェアウェイウッド...

初心者でも効率的な筋トレでヘッドスピードを上げることができる

ゴルフの楽しさにはまり始めた初心者女子ゴルファーのみなさん、ゴルフのコースにも何度か出て、もう少し上...

初心者女子が極めるべきアイアンショットのコツを知ろう

ゴルフ初心者の頃は、ドライバーよりもアイアンショットで基本のスイングをマスターすることが、上達への近...

これからゴルフを始める方へおすすめの初心者用のゴルフセット

これからゴルフセットを買ってゴルフを始めようと思っている女性は、初心者用のゴルフセットでどのようなも...

ゴルフ初心者男子におすすめ秋のコースデビューで失敗しない服装

初心者ゴルファーとして秋にコースデビューを控えている方にとって、技術面以外で悩む事といえば、服装でし...

ゴルフ初心者女子はマーカーと帽子でセンスに差をつけよう

これからゴルフのコースに出る予定の初心者女子ゴルファーの方は必見です。グリーン上で必ず必要になる...

初心者女子がヘッドスピードを上げるためにつける練習器具はこれ

ゴルフを始めると、ゴルフ関連のテレビや雑誌などが気になって目にする事が多くなると思います。ゴルフ...

ゴルフ初心者女性がいつも悩んでしまう手打ちの直し方

ゴルフを始めた女性ゴルファーのみなさんは一度は誰かに手打ちになっていると言われてことがあると思います...

ゴルフ初心者のお悩みNO1ダフリを解消するためのテクニック

練習場ではナイスショットを連発するのになぜかコースへ出るとダフリばかりを出してしてしまい、スコアも気...

ゴルフクラブの振り方ってどんな感じなのかを知りたい人の入門書

ゴルフに興味はあるけれど、特別なスキルが必要になるのか、それとも才能が無いとうまくはなれないのかと、...

初心者女性ゴルファーは自分に合ったゴルフスクール選びが大切

周りの人の影響でゴルフを始めたり、付き合っている彼とゴルフが趣味で一緒に楽しみたくて始めた、もしくは...

ゴルフを始めたらまず最初にマスターするのはアドレスとグリップ

ゴルフをこれから始めようとしている方、ゴルフクラブを手に入れてこれから練習へ行く方が知っておいて欲し...

スポンサーリンク

ゴルフの基本はアドレスにある

テニスやバレーボールなどの球技は飛んでくるボールを打ち返すスポーツで、ボールの位置まで走って行き、急いで構えてボールを打ちます。
ゴルフは打ち返すスポーツではなく、止まっているボールを静止した状態でアドレス(構え)して打つことができます。
このような事から、他の球技よりもしっかりとアドレス(構え)をすることで、良いボールを打つことが可能なスポーツです。
正しいアドレスが正しいスイングへと導くまさに住所(アドレス)と言われることもあるほど、アドレスはゴルフの始める上でとても大切なものです。

大切なアドレスは考え込まずに自然に正しいフォームになっている事が理想です。

最初に間違ったアドレスを覚えてしまって、時間がたってからだとクセと言うものはなかなか抜けてくれません。

まだなにもクセのついていない初心者の頃だからこそ、正しいアドレスを身につけておきましょう。
正しいアドレスができると、ゴルフの上達の他に、体に負担がかかりにくいとも言われています。
これから長くゴルフを楽しむためにもぜひ正しいアドレスを覚えましょう。

ゴルフの正しいアドレスの作り方は腕がポイント

アドレスに入る前に考える事と言えば、真っ直ぐ打ちたい、飛ばしたいなど色々イメージをすると思います。
良いイメージをしながらアドレスに入る事は決して悪い事ではないのですが、このようなイメージが強すぎて肩や腕、その上ショット前の緊張も加わって全体に力が入ってしまうことは少なくありません。
特にクラブを握る手や腕はこのイメージが1番伝わりやすい箇所であると言えます。

まずは腕を中心としたアドレスの作り方をご紹介します。

最初は、できるだけ自然に、全身の力を抜いて立って下さい。
その立った状態でクラブを持ったまま前へ習えのポーズ、腕と地面を平行にそしてクラブは地面と直角になるようにします。
後ろから見た感じは腕とクラブで「L」の字になっている状態です。
この時使うクラブは好きなクラブで構いません。
そのクラブに合うスタンス幅にしましょう。
例えば7番アイアンならば肩幅、それよりも長いクラブならば少し広めなど調整しましょう。
次に、その腕のL字をキープしたままグリップをおへその辺りまで下ろします。
この時のポイントはL字を崩さずに下ろすことです。
そして自然に両脇が締まっている形がベストです。

続いて手首だけを動かしてクラブのヘッドを落とし、シャフトと地面が平行になるようにします。
このようにシャフトと地面が平行の状態の時に確認して欲しいポイントは、グリップを握っている右手を離してみて、左手のみでクラブを支えられているかどうかをみる事です。
左手の中指、薬指、小指の3本でクラブを支えられているとベストな握り方をいうことになります。
もしもこの3本の指でクラブを持つとバランスが悪いようであれば、一度グリップの握り方を確認してみましょう。

次はその腕と手首の角度をキープしながら前傾姿勢になります。
前傾姿勢は背筋を真っ直ぐに腰から状態を曲げるようにします。
この時、背中が猫背、もしくは背中を反りすぎると上手な前傾姿勢にはなりませんので注意をしましょう。
この前傾姿勢のキープはスイングの要になります。
最後は膝を曲げてクラブとボールの距離を調整しましょう。

以上が正しいアドレスを身につけるための順序です。

ゴルフのアドレスで腕のほかに大切な事

前述では腕を中心としたアドレスの作り方をご紹介しました。

腕以外にもアドレスを作る上で大切な点がいくつかあります。

先程も少し触れましたが、アドレスの時の前傾姿勢はとても大切です。
前傾姿勢の理想の形は背中とシャフトの角度が直角になるようなイメージをすると良いでしょう。
前傾姿勢をとったら、一度正しい角度になっているかチェックしてみましょう。
前傾をしすぎてしまうと肩の回転がうまくいかず、前傾が少なすぎるとクラブがボールに届かず、ボールをうまく打つことができなくなります。
手元の位置を確認してみて、手元が低すぎたり、高すぎたりする時は一度最初からアドレスをやり直してみることがおすすめです。

次に大切な事はグリップの位置です。
アドレスをした時の基本のグリップの位置は左の太ももの内側です。
もしも右のふとももよりだったり、極端に左に行ってしまっているならば、意識をして左の太ももの位置に持ってくるように意識をしてみましょう。

最後に重心の位置です。
アドレスの時の重心は両足の親指の付け根の下にある膨らんでいる部分(拇指球)に均等に体重が乗っていることがベストです。
太ももの前側に体重を乗せるイメージをすると良いでしょう。

腕の他にもアドレスの時に必要なスキルを頭に入れておくことは自然にアドレスができるようになるために大切な事です。

ゴルフのアドレスには腕の向きも重要

正しいアドレスができているのかどうかをチェックできるポイントは腕の向きで確認することも出来ます。

正しいアドレスの腕の向きは肘がどこの方向に向いているかでわかります。
両肘の向きは自分の体に向いていることがベストです。
肘が外側を向いている時は肩と腕に力が入りすぎていて脇が開いてしまっている可能性がありますので注意をしましょう。
また、両肘が内側に入りすぎている時はグリップの握り方が間違っているかもしれないので確認をしてみましょう。

そして、最終的にチェックをします。
肩、腰、そして足のラインが地面に対して平行になっていればOKです。
ただしドライバーなどのシャフトの長いクラブを使う場合はボール位置が左よりなので右肩が少し下がります。

ゴルフのアドレスはクラブによって変える事が大切

ゴルフクラブは長さや形がそれぞれ違い、使う目的もそれぞれですが、基本的なスイングの方法は変わりません。
変わるところは打ち方の意識やアドレスです。

ドライバーの場合にはスタンス(足を広げる幅)は広めに取り、重心は少し右足に多めにします。
また、アイアンの時はドライバーよりもスタンスは狭くなります。
更に、アドレスをした時のグリップの位置は、ドライバーの時でグリップと自分の体の間隔が握りこぶし2個分、アイアンの時で1.5個分位がおすすめです。

ほんの少しの違いに思うかもしれませんが、この少しの違いでスコアが変わるかも知れないところもゴルフの楽しみの一つです。