ゴルフ初心者でもすぐにアプローチが上達できるウェッジの打ち方

ゴルフは遠くへ飛ばすことも大切ですが、実はグリーン周りの正確なアプローチもスコアアップを狙える重要なショットです。
アプローチに主に使われるウェッジの打ち方と練習方法をご紹介します。
初心者向けの方法ですのでぜひ実践してみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者でも効率的な筋トレでヘッドスピードを上げることができる

ゴルフの楽しさにはまり始めた初心者女子ゴルファーのみなさん、ゴルフのコースにも何度か出て、もう少し上...

初心者女性ゴルファーは自分に合ったゴルフスクール選びが大切

周りの人の影響でゴルフを始めたり、付き合っている彼とゴルフが趣味で一緒に楽しみたくて始めた、もしくは...

初心者女子がヘッドスピードを上げるためにつける練習器具はこれ

ゴルフを始めると、ゴルフ関連のテレビや雑誌などが気になって目にする事が多くなると思います。ゴルフ...

ゴルフ初心者男子におすすめ秋のコースデビューで失敗しない服装

初心者ゴルファーとして秋にコースデビューを控えている方にとって、技術面以外で悩む事といえば、服装でし...

ユーティリティの打ち方をマスターしてゴルフ初心者を卒業しよう

もう少しスコアが良くなればと思っていたり、もしくはフェアウェイウッドやロングアイアンが苦手な初心者女...

ゴルフボールの選び方で初心者女子はライバルと差をつけてみよう

これからゴルフ場デビューを控えている初心者女子の方、ゴルフセット、ゴルフウェア、シューズなど、使いや...

ゴルフ初心者におすすめのシャフト選びとフレックスについて

ゴルフ初心者の方がゴルフを始めたきっかけが知り合いにゴルフクラブのセットを貰ったから、もしくは安いゴ...

ゴルフクラブの振り方ってどんな感じなのかを知りたい人の入門書

ゴルフに興味はあるけれど、特別なスキルが必要になるのか、それとも才能が無いとうまくはなれないのかと、...

ゴルフ初心者女子が起こしがちなミスショットの原因を無くそう

ゴルフ初心者女子は、いつも練習をしていても、うまく打てない、真っ直ぐ飛ばないなどを悩みを常に抱えてい...

これからゴルフを始める方へおすすめの初心者用のゴルフセット

これからゴルフセットを買ってゴルフを始めようと思っている女性は、初心者用のゴルフセットでどのようなも...

ゴルフの初心者女性がレッスンを選ぶ時のコツとポイント

これからゴルフを始めてみようと思っている方や、若い頃にゴルフをしたことがあって、久しぶりにまた始めよ...

最初にアイアンのスイングをマスターすると初心者は上達できる

ゴルフを始めると最初に練習用のクラブとしておすすめされるのが7番アイアンです。7番アイアンはクラ...

アイアンとウッドの違いがわかるようになる初心者の方への説明書

ゴルフをこれから始めようと思っている方は、沢山あるゴルフ用語、ゴルフアイテムの名前などにとても戸惑っ...

ゴルフ初心者女子はマーカーと帽子でセンスに差をつけよう

これからゴルフのコースに出る予定の初心者女子ゴルファーの方は必見です。グリーン上で必ず必要になる...

初心者に知って欲しいフェアウェイウッドとユーティリティの違い

ゴルフを始めてから少し経つと出てくるのが得意なクラブと苦手なクラブです。中でもフェアウェイウッド...

スポンサーリンク

ゴルフのスコアメイクはウェッジが握っている

ドライバーショットがうまくいって、パーセーブが出来そうな勢いでグリーン周りに来れた時に限って、アプローチでミスをしてグリーンをオーバーしてしまったり、思わぬ方向に飛んでいってしまい、結局いつものスコアになってしまう初心者の方は多いと思います。
そこで一度考えてみてください。

練習場でウェッジを練習する割合はどれ位ですか?
以前の私がそうだったのですが、どうしても練習場へ行くと遠くへ飛ばす練習ばかりしてしまい、アプローチの練習は最後に少しだけが多かったのです。
けれど、何度かゴルフのコースに出てみて、1打目からグリーンの前に来るまではある程度ボールが前に飛んでくれさえすればなんとかなるのですが、グリーン周りからのアプローチだけは正確さが無ければいけないとわかりました。
ウェッジは比較的クラブが短いので打ちやすいですが、方向性や距離感を掴んでいないとアプローチの成功に繋がりません。
もしもウェッジの練習の割合が極端に少ないのであれば、練習方法を少し考え直してみましょう。
クラブのセッティングでウェッジは何種類入っていますか?

初心者の方がセットでクラブを購入したならば、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジの中で2本かまたは3本全てが揃っている方多いと思います。
その持っているウェッジの中でどれか1つ得意のクラブを作っておくとアプローチをする時にとても役に立ちます。

私の一番得意なウェッジはピッチングウェッジです。
それは初心者の頃の練習に理由があります。
初心者の頃が多くの人が7番アイアンで練習しようとアドバイスをもらうと思います。
私も言われた1人で、ずっと7番アイアンで練習をしていました。
基本と身につけるためだと言われたので素直に練習をしていたいのですが、いまいち上達せずに、ゴルフに飽きてきた所である人からもっと短いクラブで練習しても大丈夫とアドバイスされて、9番アイアンやピッチングウェッジを使って練習をするようにしました。
結果、私に合っていたのがピッチングウェッジで、ピッチングウェッジが正しく使えるようになったことで他のクラブも打てるようになりました。
このような経験からピッチングウェッジが一番の得意のクラブになって、アプローチで迷った時にはとりあえずピッチングウェッジで間違いの無いところへ飛ばす事ができるようになりました。
全ての人に通用する方法ではないかもしれませんが、得意のウェッジを作っておくことで難しいアプローチの場面でも失敗する事は少なくなると思います。

ゴルフ初心者におすすめのウェッジの打ち方

それではウェッジを使ったアプローチの打ち方を一度おさらいしてみましょう。

アプローチの基本の形は手首を固定して、グリップと両肩で作った三角形を崩さないことです。

まずはクラブは少し短めに持つようにします。
アドレスはハンドファーストを基本として、スイングの軌道は直線的になるように意識をします。
スタンス幅は狭くしましょう。
スタンス幅が狭くなっても体重移動をしっかりできる様にスイングするようにします。

注意をしたいのが、アプローチは距離が短いのですぐにボールの行方を確認しようと顔が上がってしまいがちでです。
顔が上がってしまうとほぼミスショットになる可能性が多くなりますので、しっかりと顔を残すことを意識しましょう。

練習場でアプローチの練習をしていて、ボールがフェース面に正しく当たっているかどうかは打った時の感触でわかります。
打った瞬間にボールの重さをほとんど感じない時が正確なショットをした証拠です。
うまく打てたなと思ったときはフェース面を見てみましょう。
ベースの芯に当たった跡があるはずです。

ゴルフでベストスコアを出したい時はウェッジの打ち方を正確にしよう

ウェッジの基本的な打ち方ができるようになったら、そのウェッジを使って正確なアプローチができるように練習をしましょう。

アプローチで1番重要なことは、次に打つパターがやりやすいような場所にボールを落とすことです。
基本のスイングができていれば方向性は安定します。
そこで必要になるのが距離感です。
距離感を掴むためには実際にウェッジを使って今出せる飛距離を知る必要があります。
スタンス幅、スイング幅によって飛距離は変わります。
少し遠くへアプローチをするならば、スタンス幅もスイング幅も広めに、近くへのアプローチの場合は狭くします。

まずは練習場でスタンス幅やスイング幅を変えてどれだけの飛距離が出るのかを試してみましょう。

この距離感を知るか知らないかによって、コースに出てアプローチをする時の良し悪しが決まります。
最初はハーフスイングで練習をしてみて、そこから少し広くしたり、狭くしたりするなどで少しずつ距離感を掴んでいきましょう。

また、アプローチと言えば、ボールを上に上げて落とすイメージがあるかもしれませんが、すべてのアプローチが上に上げる方法ではありません。

グリーン周りの状況などによっては転がしてアプローチする方法も1つの打ち方です。
通常の練習場ではなかなか感覚が掴めないかもしれないので、アプローチ練習場を併設している施設などがあれば、転がす練習をしておくくとも大切です。

バンカーに入った時のウェッジの打ち方をマスターしよう

入らないで欲しいと強く思ったときに入ってしまうのがバンカーです。
なぜか意識してしまうとバンカー方向にボールが行ってしまう不思議な現象を感じた初心者の方もいるでしょう。
嫌だと思っていてもバンカーには必ず入ってしまう時が来ます。
その時のために、打ち方をマスターしておきましょう。

バンカーの状態はそのコースによって違います。

まず、前日が雨などで砂が湿っていて硬い場合には通常の芝の上から打つバンカーショットでほぼ脱出できると思います。
打ち方に気をつけるのは乾いた砂で打つ時です。
まず、スタンス幅は少し広めで安定するように足は砂に埋めるように固定します。
打ち方のコツは砂とボールを一緒に飛ばすように上から叩くようなイメージで打ちます。フォローで目標方向にヘッドが行くようスイングをすると良いでしょう。
また、スイングを安定させるためにも顔を最後まで残すように意識することも大切です。
バンカーショットは苦手な人が多いので、早く打ってしまいたい気持ちになるのはわかりますが、必ずルールやマナーを守るように注意をしましょう。
バンカー内ではクラブが砂に触れてしまうとルール違反で2打罰になります。
また、マナーとして打つ前に、バンカーショットをした後すぐに砂をならせるようにレーキを側に持ってくる、バンカーに入るときは低い場所から入るようにするなどを頭に入れておきましょう。

ゴルフ初心者はウェッジの打ち方を自宅で練習して上達しよう

ウェッジでのアプローチ練習こそ自宅で行って上達できるチャンスがあります。

ただし、家の中で使用するのはゴルフボールではなく、アプローチ練習用のボールを使うようにしましょう。
アプローチ用のボールはゴルフショップや100円ショップなどで購入できます。
1番簡単な練習方法はボールを壁やカーテン、ソファなどに向かって打つことです。
特にソファはボールがある程度上がらないと乗らないので最適な練習になります。

もしもパターマットなどがあるのならば、利用するのも1つの方法です。

パターマットを使う時は、転がしてアプローチをする時の練習にぴったりです。
パターマットの長さに合わせて転がす練習をしてみましょう。
我が家で使っているアプローチ練習のためのアイテムは手作りです。
使わない針金ハンガーを崩して、かごの形を作り、100円ショップで売られている園芸用の網をつけて、アプローチの的にしています。

少し広めの部屋で少しずつ距離を変えながらアプローチの練習をしています。
手作りをしなくてもアプローチ練習用のアイテムはありますので、揃えてみましょう。