ユーティリティの打ち方をマスターしてゴルフ初心者を卒業しよう

もう少しスコアが良くなればと思っていたり、もしくはフェアウェイウッドやロングアイアンが苦手な初心者女子の方は思い切って新しいクラブを取り入れてみることも次のステップにすすめる良いきっかけになるかもしれません。

ゴルフクラブの中でも新しいクラブとされているユーティリティをクラブセッティングに入れることによっていまいち伸びなかったスコアがアップする可能性があるかもしれません。
ユーティリティのしくみや打ち方をご紹介しますので、これまでのゴルフに変化を付けたい方はご参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者でも効率的な筋トレでヘッドスピードを上げることができる

ゴルフの楽しさにはまり始めた初心者女子ゴルファーのみなさん、ゴルフのコースにも何度か出て、もう少し上...

ゴルフクラブの振り方ってどんな感じなのかを知りたい人の入門書

ゴルフに興味はあるけれど、特別なスキルが必要になるのか、それとも才能が無いとうまくはなれないのかと、...

アイアンとウッドの違いがわかるようになる初心者の方への説明書

ゴルフをこれから始めようと思っている方は、沢山あるゴルフ用語、ゴルフアイテムの名前などにとても戸惑っ...

ゴルフボールの選び方で初心者女子はライバルと差をつけてみよう

これからゴルフ場デビューを控えている初心者女子の方、ゴルフセット、ゴルフウェア、シューズなど、使いや...

初心者女子が極めるべきアイアンショットのコツを知ろう

ゴルフ初心者の頃は、ドライバーよりもアイアンショットで基本のスイングをマスターすることが、上達への近...

ゴルフ初心者の悩みの種のスライスする原因にサヨナラしよう

ゴルフの基本をマスターして、スイングも慣れてきた頃にやってくるのがスライスです。いつもと同じ打ち...

ゴルフ初心者男子におすすめ秋のコースデビューで失敗しない服装

初心者ゴルファーとして秋にコースデビューを控えている方にとって、技術面以外で悩む事といえば、服装でし...

ゴルフ初心者の方に絶対覚えて欲しいアドレスの時の腕の使い方

これからゴルフを始める方や、始めたばかりの方はまず、クラブをスイングする時に始めに教わるのがグリップ...

ゴルフ初心者におすすめのシャフト選びとフレックスについて

ゴルフ初心者の方がゴルフを始めたきっかけが知り合いにゴルフクラブのセットを貰ったから、もしくは安いゴ...

ゴルフを始めたらまず最初にマスターするのはアドレスとグリップ

ゴルフをこれから始めようとしている方、ゴルフクラブを手に入れてこれから練習へ行く方が知っておいて欲し...

最初にアイアンのスイングをマスターすると初心者は上達できる

ゴルフを始めると最初に練習用のクラブとしておすすめされるのが7番アイアンです。7番アイアンはクラ...

ゴルフの初心者女性がレッスンを選ぶ時のコツとポイント

これからゴルフを始めてみようと思っている方や、若い頃にゴルフをしたことがあって、久しぶりにまた始めよ...

ゴルフ初心者女子はマーカーと帽子でセンスに差をつけよう

これからゴルフのコースに出る予定の初心者女子ゴルファーの方は必見です。グリーン上で必ず必要になる...

ゴルフ初心者を悩ませるアイアンが当たらない原因と克服する方法

ゴルフ初心者の方でアイアンが当たらない悩みを抱えている方は多くいます。元からアイアンが苦手な...

ヘッドスピードを上げることで飛距離アップを目指す練習方法

ゴルフの実力は変わらないのに男性ゴルファーに比べると圧倒的に女性ゴルファーは飛距離では適わないことが...

スポンサーリンク

ゴルフ界の新入生ユーティリティとは

ユーティリティの意味は、万能や役に立つという意味です。
スポーツ選手の中でユーティリティプレーヤーと呼ばれる人がいますが、このような選手は役に立つ、どんなポジションでもプレイの出来る選手という意味で使われます。
ゴルフのクラブとしてのユーティリティもまさに役に立つクラブという意味で多くの人が使っています。

ユーティリティは、アイアンには出せない距離が出せて、フェアウェイウッドよりも短いシャフトで使い勝手の良い、ちょうどアイアンとフェアウェイウッドの中間的な存在のクラブとして、海外ではハイブリットと呼ばれることもあります。

ユーティリティはゴルフクラブの歴史の中ではまだ新しくできたクラブですが、プロゴルファーの中にも使っている方が多く見られるクラブです。

ゴルフ界では新入生のユーティリティはどうしてプロが使うほど人気があるのかは、名前の通り役に立つ、万能なクラブだからでしょう。
ユーティリティの良さは、例えばボールがラフに入ってしまって、フェアウェイウッドでは打ちにくい場面でもヘッドが小さくなっていてアイアンの特性を取り入れているので比較的簡単にラフから出すことができたり、残りの距離がそれなりにあるけれど苦手な長いアイアンを使いダフってミスをしたくない場面などに、フェアウェイウッドの良い所を取り入れたユーティリティならばソールを使ってダフるのを防いでくれます。
このような事から、ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの良い所だけを貰って誕生したクラブと言えるでしょう。

ユーティリティのフェアウェイウッド型を使っている方が多く見られますが、アイアン型のユーティリティも根強い人気があります。
どちらの型のユーティリティを使うかは、自分のプレイスタイルや求めているものによって変わります。

ユーティリティの打ち方をマスターすることが初心者卒業への近道

前述したように、ユーティリティの万能性を利用して、今までのスコアから脱出する事ができるようになるための、基本のユーティリティの打ち方をご紹介します。

まず、スタンス幅は肩幅程度にします。
初心者のうちは少し広めでもOKです。
またスタンスはスクエア、つまり右足と左足のつま先は一直線になるように立ちます。
重心は両足に均等にかけるようにします。
ボールの位置は真ん中より少し左側に置くようにします。
アイアン型のユーティリティの場合は少し右よりでも大丈夫です。
スイング幅は、フルスイングよりも少し抑え目にするとコンパクトなスイングにするとボールが上がりやすくなり方向性も安定します。
スイングの時は前傾姿勢をキープしたまま、肩、腕とグリップを結んだ三角形をなるべく崩さずに打つようにしましょう。
多少フォローが短くてもクラブの特性で飛びますので心配はありません。

ゴルフもスコアアップも夢じゃないユーティリティの打ち方のコツ

ユーティリティを使いこなすには少し意識して行って欲しいコツがあります。

前述で前傾姿勢をキープして打つと紹介しましたが、前傾姿勢をキープしたままでインパクトをするとユーティリティのヘッドのフェースが少し開いた上体になります。
できるだけインパクトの時にフェース面とボールが目標に対して直角になっている状態がベストです。
ただし、意識しすぎると引っ掛けてしまう原因になってしまいますので注意しましょう。
基本的にユーティリティはソール部分が広くなっています。
感覚的にはソールを滑らせるような感じで打つことが大事なコツです。
また、テークバックを上げすぎずに打つことも大切です。

ただ、フェアウェイウッド型とアイアン型では少しだけ打ち方のコツが変わります。
フェアウェイウッド型の場合は少しだけアイアンのように打ち込みをする感じで、アイアン型の場合はフェアウェイウッドのような払い打ちをする感じでスイングすることがコツになります。
フェアウェイ型のときの打ち込みはあまり強すぎるとミスショットに繋がりますので少し意識する程度で大丈夫です。

ユーティリティの打ち方がうまくいかずゴルフが嫌いになりそうになったら

私も嫌いになりそうになった1人なのですが、どうしてもユーティリティがうまく打てない時がやって来たら一度スイングを見直してみましょう。
ユーティリティで練習をしているとどうしても基本を忘れてしまって、遠くへ飛ばそう、高く上げようという意識が強くなってきてしまって、スイングが大きくなってきたり、すくい打ちのようになってしまいます。
そんな時はスイングはハーフスイングかそれよりすこし大きめに、そしてボールを上げようとしないという意識を強く心がけて打つようにしましょう。
また、ユーティリティの打ち方を考えるのを一旦やめてみるのも方法の1つです。
その時には自分の普段のスイングをイメージしてみると良いでしょう。
イメージは自分の1番得意なクラブのスイングでOKです。
このイメージを残したままにユーティリティを打ってみると案外すんなり打てることがあります。

ユーティリティのシャフトが自分のスイングに合っていない場合などもうまくいかない原因の1つに考えられます。

このような時にはゴルフショップの人に相談してみると良いかもしれません。

それでもやはりうまくいかないと感じた時は、ユーティリティを嫌いになってしまう前に違うクラブを使うようにしましょう。
ゴルフはメンタルのスポーツでもあります。
嫌なイメージ、気持ちになりながらするスポーツではありません。
自分が気持ちよく打てるクラブを使って練習をして気分を上げることも上達できる方法です。

ゴルフ初心者卒業前の方におすすめのユーティリティ選び方

これからユーティリティを使ってみようと思っているもうすぐ初心者を卒業できそうな方へ、まずはユーティリティが自分に合うクラブなのかどうかをチェックしてから購入を考えてみましょう。
ユーティリティが合う方は、フェアウェイウッドが得意では無い、ロングアイアンが苦手、クラブの芯に当てるのが上手にならない。
このような人にはユーティリティを使うのにぴったりな人です。

ユーティリティを選ぶ時の重要なポイントは、打ちやすい形か、アイアンでは飛ばせない距離を飛ばすことができるかを見ることです。

ユーティリティをこれから買おうとしている方はほとんどの方が既に自分のゴルフセットを持っていると思います。
まずは今持っているクラブと同じメーカーのユーティリティを試してみましょう。
初心者卒業間際の方は大抵今使っているクラブでのスイングが身に付いています。
同じメーカーを選ぶことによって、今のスイングで上手にユーティリティが使いこなせる可能性があることがおすすめする理由です。

一度、ゴルフショップなどに同じメーカーのユーティリティがあるかを確認して試打をしてみることも良い方法です。

その他にユーティリティはロフト角やシャフトなどで選ぶ方法があるのですが、それは初心者を卒業して更に次のステップの段階で考えてみましょう。