初心者に知って欲しいフェアウェイウッドとユーティリティの違い

ゴルフを始めてから少し経つと出てくるのが得意なクラブと苦手なクラブです。
中でもフェアウェイウッドが苦手な初心者の女性ゴルファーは多いと思います。
もしもクラブを変えてみたらどうだろうと思ったならば、ユーティリティを検討するのはいかがでしょうか。

フェアウェイウッドもユーティリティもクラブの性能や特徴などが違い、その状況に合ったクラブを選ぶことが初心者の方にとってスコアがアップするかもしれないポイントです。
次回のラウンドに備えて、フェアウェイウッドとユーティリティの違いを知り、様々な場面で使えるように、そのメリットデメリットを含めてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヘッドスピードを上げることで飛距離アップを目指す練習方法

ゴルフの実力は変わらないのに男性ゴルファーに比べると圧倒的に女性ゴルファーは飛距離では適わないことが...

ゴルフボールの選び方で初心者女子はライバルと差をつけてみよう

これからゴルフ場デビューを控えている初心者女子の方、ゴルフセット、ゴルフウェア、シューズなど、使いや...

ゴルフ初心者の方に絶対覚えて欲しいアドレスの時の腕の使い方

これからゴルフを始める方や、始めたばかりの方はまず、クラブをスイングする時に始めに教わるのがグリップ...

ゴルフの初心者女性がレッスンを選ぶ時のコツとポイント

これからゴルフを始めてみようと思っている方や、若い頃にゴルフをしたことがあって、久しぶりにまた始めよ...

ゴルフ初心者女性がいつも悩んでしまう手打ちの直し方

ゴルフを始めた女性ゴルファーのみなさんは一度は誰かに手打ちになっていると言われてことがあると思います...

ゴルフ初心者を悩ませるアイアンが当たらない原因と克服する方法

ゴルフ初心者の方でアイアンが当たらない悩みを抱えている方は多くいます。元からアイアンが苦手な...

ゴルフ初心者の悩みの種のスライスする原因にサヨナラしよう

ゴルフの基本をマスターして、スイングも慣れてきた頃にやってくるのがスライスです。いつもと同じ打ち...

ゴルフ初心者女子が起こしがちなミスショットの原因を無くそう

ゴルフ初心者女子は、いつも練習をしていても、うまく打てない、真っ直ぐ飛ばないなどを悩みを常に抱えてい...

初心者でも効率的な筋トレでヘッドスピードを上げることができる

ゴルフの楽しさにはまり始めた初心者女子ゴルファーのみなさん、ゴルフのコースにも何度か出て、もう少し上...

ゴルフのスイングを理想をマスターしてかっこいい初心者になろう

ゴルフを始めた初心者の方は、コースに出た時、または練習場などでナイスショットを連発している人を見て、...

初心者女性がゴルフコースのデビューで慌てない為のアドバイス

初心者女性が始めてゴルフのコースに出る時はドキドキやワクワクと同時に、ちゃんとゴルフが出来るのだろう...

ゴルフ初心者女子はマーカーと帽子でセンスに差をつけよう

これからゴルフのコースに出る予定の初心者女子ゴルファーの方は必見です。グリーン上で必ず必要になる...

ゴルフクラブのフェースを意識して狙った所へ飛ばしてみよう

ゴルフを始めて、ようやく安定したスイングができるようになったのに、なかなかボールが真っ直ぐに飛ばない...

ユーティリティの打ち方をマスターしてゴルフ初心者を卒業しよう

もう少しスコアが良くなればと思っていたり、もしくはフェアウェイウッドやロングアイアンが苦手な初心者女...

ゴルフクラブの振り方ってどんな感じなのかを知りたい人の入門書

ゴルフに興味はあるけれど、特別なスキルが必要になるのか、それとも才能が無いとうまくはなれないのかと、...

スポンサーリンク

フェアウェイウッドのユーティリティとの違いはここ

フェアウェイウッドはドライバーが小さくなったものとイメージしている方は結構多くいると思います。
確かにヘッドはドライバーに似ています。
また、ドライバーの次に飛距離の出るクラブなので、フェウェイウッドを使いこなせると第二打以降が安定します。
ドライバーとの違いはティーを使うか使わないか、そしてクラブの長さ、そして打ち方のイメージです。

ドライバーがアッパーブローと呼ばれる打ち方をするのに対してフェアウェイウッドは払い打ちのイメージでの打ち方になります。
アッパーブローはドライバーのフェース面が少し上を向いた状態の時にボールを打つ感覚で、払いうちはフェアウェイウッドのヘッドが最下点に来たときにボールを打つ感じにmなります。
さらに、ボールの位置もフェアウェイウッドはドライバーよりも少し真ん中よりにするのが一般的です。

このフェアウェイウッドの払い打ちや長いクラブが苦手な人は、フェアウェイウッドの変わりにユーティリティを使っている場合が多いです。

ユーティリティのフェアウェイウッドとの違いはここ

プロゴルファーやアマチュアゴルファーに広く使われているユーティリティーは、ゴルフクラブの年齢で言えばまだまだ若い方のクラブです。

長いゴルフクラブの歴史の中で生まれた使いやすさを求めたクラブであるユーティリティが人気があるのはとてもわかる気がします。
ロングアイアンの替りに使われることが多いので、打ち方はアイアンのような感覚でできます。
またフェアウェイウッドのように打つことも可能です。
フェアウェイウッドが苦手な傾斜やラフからも打ちやすく、飛距離も出るのでとても万能なクラブです。

アイアンが得意でフェアウェイウッドが苦手な方が飛距離を求める時、フェアウェイウッドを使えない状況でもそれなりの飛距離が欲しい時などに便利なクラブな事から、万能なクラブとも呼ばれたりします。

フェアウェイウッドとユーティリティの違いがわかるメリット・デメリット

フェアウェイウッドとユーティリティをどちらを使うか迷っているのならば、両方のクラブのメリットとデメリットを知りましょう。

まず、フェアウェイウッドはなんといっても飛距離が稼ぐことが出来るのが1番のメリットです。

また、クラブの底(ソール)が広い設計なので、ダフることが少なく、ボールが高く飛びます。
一方でデメリットは、ラフに入った時にボールを出しにくかったり、傾斜からショットをするとボールが曲がってしまうことが多いところです。
また、フェアウェイウッドはボールが高く飛ぶので風の影響を受けやすくなります。

次はユーティリティです。

長さはフェアウェイウッドよりも短いので、フェアウェイウッドよりも扱いやすく、アイアンよりも飛距離がでるので、まさに丁度良いクラブと言えます。
しかし、飛距離を出したい時に使う時はラン(ボールが落下点から転がること)が出るので良いのですが、アイアンのように止めたい場所で止まらない場合があるので、グリーンに絶対に乗せたい時にはあまり使えません。

フェアウェイウッドとユーティリティは使い分けることが大切

前述のように、フェアウェイウッドもユーティリティもどちらもメリットとデメリットがあります。
しかし、この2種類のクラブを状況に合わせて使い分けができる様になると、ますますゴルフのスコアアップに繋がります。
状況ごとにどちらのクラブを使うのがベストなのかをご紹介します。

フェアウェイウッドとユーティリティの使い分けは第二打を打つことを前提に考えていきましょう。

フェアウェイウッドが活かせる第二打は、とりあえずまだまだ距離が残っていて飛距離を出さなくてはいけない時、フェアウェイ(平ら)にボールがある時、風が強くない時、今日一番のナイスショットを出してもグリーンを越えないくらいの距離がある時などです。
一方、ユーティリティはラフから出さなくてはいけない時、林に入ってしまいボールを高く上げてしまうと枝にぶつかりそうな時、風の強いとき、傾斜からでも飛距離を出したい時などです。
また、フェウェイウッドと同様でナイスショットしてもグリーンを越えないくらいの距離がある時にも使うことができます。

このように第二打目以降の状況によって、どちらを使うかを決めると、いつもよりも確実にスコアアップができて、ミスショットを少なくする可能性があります。

フェアウェイウッドとユーティリティの違いを知ってから購入を

ここまでのフェアウェイウッドとユーティリティの違いや使い分けの場面を見て、どちらか一方を使うのか、それとも両方を使い分けるかはよく考える必要があります。
フェアウェイウッドが得意、もしくは嫌いではないのであれば、ユーティリティはセッティングに加えずに、距離が欲しい時にはフェアウェイウッドを使い、そのほかはロングアイアンを使えばわざわざユーティリティを使わなくてもOKです。

もしも、フェアウェイウッドが苦手、もしくはきちんとボールに当てられる確率が少なくついついアイアンで距離を刻みながらになってしまうのであれば、ユーティリティを新しく使うことをおすすめします。

ユーティリティを買う時の選び方のコツは初心者向けとしてはウッドの形をしたユーティリティがおすすめです。

この時に少しヘッドが大きいものを選ぶと良いでしょう。
もしも、今ご自分の持っているアイアンと同じメーカーのシリーズのユーティリティが売られているのならば、同じ振り心地で使えるので、便利です。

フェアウェイウッドが自分に合っていないと感じた時にはフェアウェイウッドを新しくすることも方法の1つです。

フェアウェイウッドを新しく買うならば、今のものよりも少しヘッドが大きくなっているものを選びましょう。
また、シャフトを変えることでフェアウェイウッドが使いやすくなる場合もあります。

手持ちのドライバーとフェアウェイウッドのシャフトの重さを比べてあまり変わらないようであれば、フェアウェイウッドのシャフトを少し重くすると、打ちやすくなる可能性がありますので、試してみる事も方法の1つです。