初心者女性がゴルフコースのデビューで慌てない為のアドバイス

初心者女性が始めてゴルフのコースに出る時はドキドキやワクワクと同時に、ちゃんとゴルフが出来るのだろうかと不安にもなると思います。
特に練習場でしかゴルフをした事が無いと、練習場とコースの感覚の違いに戸惑ってしまうかもしれません。
そんなゴルフ初心者女性の方でもコースで慌てずにルールとマナーを守って楽しくゴルフができる様にイメージできる為のノウハウとコツをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者女子が極めるべきアイアンショットのコツを知ろう

ゴルフ初心者の頃は、ドライバーよりもアイアンショットで基本のスイングをマスターすることが、上達への近...

ゴルフ初心者でもすぐにアプローチが上達できるウェッジの打ち方

ゴルフは遠くへ飛ばすことも大切ですが、実はグリーン周りの正確なアプローチもスコアアップを狙える重要な...

ゴルフ初心者女子はマーカーと帽子でセンスに差をつけよう

これからゴルフのコースに出る予定の初心者女子ゴルファーの方は必見です。グリーン上で必ず必要になる...

ゴルフのスイングを理想をマスターしてかっこいい初心者になろう

ゴルフを始めた初心者の方は、コースに出た時、または練習場などでナイスショットを連発している人を見て、...

ゴルフ初心者女性がいつも悩んでしまう手打ちの直し方

ゴルフを始めた女性ゴルファーのみなさんは一度は誰かに手打ちになっていると言われてことがあると思います...

初心者女性ゴルファーは自分に合ったゴルフスクール選びが大切

周りの人の影響でゴルフを始めたり、付き合っている彼とゴルフが趣味で一緒に楽しみたくて始めた、もしくは...

ゴルフクラブのフェースを意識して狙った所へ飛ばしてみよう

ゴルフを始めて、ようやく安定したスイングができるようになったのに、なかなかボールが真っ直ぐに飛ばない...

ユーティリティの打ち方をマスターしてゴルフ初心者を卒業しよう

もう少しスコアが良くなればと思っていたり、もしくはフェアウェイウッドやロングアイアンが苦手な初心者女...

初心者でも効率的な筋トレでヘッドスピードを上げることができる

ゴルフの楽しさにはまり始めた初心者女子ゴルファーのみなさん、ゴルフのコースにも何度か出て、もう少し上...

ゴルフ初心者の悩みの種のスライスする原因にサヨナラしよう

ゴルフの基本をマスターして、スイングも慣れてきた頃にやってくるのがスライスです。いつもと同じ打ち...

アイアンとウッドの違いがわかるようになる初心者の方への説明書

ゴルフをこれから始めようと思っている方は、沢山あるゴルフ用語、ゴルフアイテムの名前などにとても戸惑っ...

ゴルフ初心者の方に絶対覚えて欲しいアドレスの時の腕の使い方

これからゴルフを始める方や、始めたばかりの方はまず、クラブをスイングする時に始めに教わるのがグリップ...

ゴルフの初心者女性がレッスンを選ぶ時のコツとポイント

これからゴルフを始めてみようと思っている方や、若い頃にゴルフをしたことがあって、久しぶりにまた始めよ...

ゴルフを始めたらまず最初にマスターするのはアドレスとグリップ

ゴルフをこれから始めようとしている方、ゴルフクラブを手に入れてこれから練習へ行く方が知っておいて欲し...

ゴルフ初心者のお悩みNO1ダフリを解消するためのテクニック

練習場ではナイスショットを連発するのになぜかコースへ出るとダフリばかりを出してしてしまい、スコアも気...

スポンサーリンク

初心者女性ゴルフはコースに出る前の準備をしておく事が大切

初めてゴルフのコースへ出る時は不安や期待が入り混じって緊張してしまうと思います。緊張をしすぎてしまうとせっかくの今までの練習の成果が出なくなってしまいますので、適度な緊張と適度なリラックスが必要です。

コースに出る前の1時間位前にはゴルフ場に到着をするようにして、軽いストレッチとショットの練習をしておくと、緊張しすぎている体や気持ちを楽にすることができます。

多くのゴルフ場には練習場が設けてありますので、コースに出る前に利用しましょう。
  • 車でゴルフ場へ行った場合はエントランスでゴルフ場のスタッフの方にキャディバックに預け、駐車場へ行きます。
  • キャディバッグはスタート時間に合わせてスタッフの方がセッティングをしてくれます。
  • ゴルフウェアに着替えて練習場へ向かいましょう。

練習場へ持って行くクラブは2~3本にしましょう

コースに出る前は、いつもの練習場のように、スイングを直そう、飛距離を伸ばそうと練習するのではなく、あくまでもコースに出るために体を動かしているという意識で練習しましょう。
また、時間がある時はパターの練習もしておきましょう。

練習用のグリーンとコースのグリーンは少し違いますが、距離感を掴んでおくことはグリーンでとても役に立ちます。
ゴルフはコースに出る前からマナーに気をつける必要があります。
まずは遅刻したり、忘れ物が無い様にしっかりと確認をしてからゴルフ場へ行くようにしましょう。

初心者女性が1番緊張するゴルフのコースでの第1打

まず最初はティーイングエリアからの第1打でコースデビューです。
初めてのコースでの第1打を前にして緊張しているとは思いますが、スタートするホールこそマナーやルールに気を配りましょう。

通例ですが、スタートをするホールではショットをする前に一緒にラウンドをする方に挨拶をします。
一言「よろしくお願いします」でOKです。

ティーイングエリアに入ったら、ティーアップする場所を決めます

ティーアップをした後に1番重要な事が、ボールを打つ方向を決める事です。
目標をティーアップしたボールの後ろから見て確認をして、軽く素振りをしたら、実際にドライバーショットをします。
実際にティーイングエリアを見るとわかりますが、ティーイングエリアは決して全てが平らに出来てはいません。

できるだけ平らで打ちやすいところを選ぶ事も大切です。

ティーイングエリアは特にほとんどの人が同じ場所からショットをすることになるので色々とマナーがあります。
  1. ティーショットを打つ人の視界に入る場所にいないことです。
  2. ティーイングエリアにいる人がボールを打つ構えをしたら、おしゃべりをしたり、動いたりしないように気をつけましょう。

この2つは実際に自分がティーショットをする時にとても大切だと気付けると思います。
また、自分のボールだけでは無く他の人の打ったボールの行方も大まかな場所で覚えておくことも大切です。
例えフェアウェイにボールがあっても、太陽の光の加減や芝の向きなどによりボールが探しにくいことがあります。

打った本人以外がボールの行方を知っていることでスムースにラウンドができます。

初心者女性はゴルフのコースデビューで1番感じる難しさはここ

ティーアップをする第1打は方向を間違ってしまう以外はそれほどミスは目立たないのですが、問題は2打目以降です。

初心者のうちは打ちやすい平らなフェアウェイからの第2打はあまり期待できません。
そして、カートを利用していても、第2打からはほぼカートに乗れないと覚悟をしていて下さい。

なぜなら、ここからのショットは右へ左へ、ちょっと手前へボールが飛んでいくことが多くなるからです。

多くのゴルフ場はハーフを2時間以内でのプレーを推奨しています

ハーフは18ホールあるコースの半分で9ホールです。

この2時間は初心者にとってはかなりのプレッシャーになります。
少しでも時間内にできるようにするためには、2打目以降は何度もカートに戻ってクラブを選び直したりせずに、初めから使えるクラブを2~3本持って行き、出来る限り走る事です。

平らなフェアウェイにボールがある時は安心していつものショットをするだけで大丈夫ですが、ラフや傾斜している所から打つ時には少し注意が必要です。

ラフに入ってしまった場合は遠くへ飛ばそうとしたり、グリーン方向を狙おうとはせずに、とにかくラフからボールを出すことを一番に考えましょう。
ラフからのショットは、クラブを短くしっかりと握り、右足寄りにボールを置いて打つようにしましょう。

傾斜の時に一番気をつけたい失敗は空振りをしてしまうこと

傾斜からのショットはラフの時と同様にクラブを短めに持ち、スイングは小さめに打つようにするとミスショットを防げます。

他にもラフや傾斜のある時の打ち方は色々あるのですが、まだ余裕の無い初心者の頃はあまり知識を詰め込んでも実際にコースで使える事は少ないと思いますので、以上の点に注意をして打ってみましょう。

極端な例かもしれませんが、私が始めてコースに出た時は、フェアウェイウッドを使うと全く前に飛ばずに、右へ左へ、もしくは手前10ヤードしか飛ばないなんてことばかりで、途中からは確実に前に真っ直ぐに飛ぶ7番アイアンのみを使いました。
スタートをする前にゴルフ場のスタッフに4時間で戻ってきて下さいと言われたこともあって、初心者ながら、急いでゴルフをしようと思ってしまい、苦手なフェアウェイウッドが更にミスショットの連発になってしまったのです。
気持ちは急いでも、スイングなどを急ぐ必要は無いので、落ち着いてショットをして焦る必要は無かったと今では思いますが、このような経験から、フェアウェイウッドが調子悪い時には得意なクラブを使って調子を取り戻すことが大切だと気付けたので、とても良い結果になりました。

このように、うまく打てなと思ったときは距離を考えずに確実に当たるクラブを選ぶ事も初心者の時には大切な気持ちの切り替えの1つです。

初心者女性がゴルフコースで失敗を少なくするならこの場面

初心者のうちは、ティーショットから始まり、やっとの思いでグリーン周りに来ることが出来ると思います。
せっかくここまで来れたのですから、飛距離を出す必要の無いアプローチは落ち着いてグリーンに乗せてみましょう。

グリーン周りにから打つ時には距離感に気をつけて打つことを心がけましょう

力が入りすぎてグリーンをオーバーしてしまったりすると、がっかりする気持ちが更にミスショットを招いてしまいます。
とりあえずはグリーン乗せることを目標に打つか、ピンの手前にボールが止まるように打つことが大切です。

グリーンの前に何も障害物がない時には転がしてグリーンに乗せるこも失敗をしない1つの方法です。

多くのゴルファーが苦手とするバンカーに入ってしまった場合には、とにかくバンカーから出すことを最優先に考えましょう。
使うクラブはサンドウェッジで、いつもよりもスタンス幅を広めにし、足を砂で固定します。

バンカーショットのコツは、ボールの手前の砂とボールをまとめて飛ばすイメージでスイングをする事です。初心者のうちはバンカーショットで方向性を気にしたりせずに、まずはバンカーからボールを出すことを優先に考えてショットをしましょう。

バンカーの周りには必ずレーキと呼ばれる砂をならす道具が置いてあります。バンカーショットをした後は必ずレーキで砂を綺麗にならすようにしましょう。

最後はパターです。
最初の頃は芝を読んだり、どのようにボールが曲がるかはほとんどわからないと思いますので、とりあえずは傾斜などを見ておくようにしましょう。
そして自分の中で距離感を決めたら、後は目標に向かって打つのみです。
最初からカップに入れることを考えずに、近くにボールが寄ったら成功したと思う位の気持ちでパッティングをしましょう。

グリーン上も色々とマナーがあります。
  • グリーンの上は決して走ってはいけません。
  • 使い終わったクラブやピンなどを置かないように注意をします。これは、グリーンの芝を傷めないためです。
  • 他の人のボールの位置を確認して、パッティングラインを踏まないようにしたりすることも気をつけましょう。

初心者女性がゴルフのコースで遭遇するハプニング

初心者女性が必ず経験するのがちょっとしたハプニングです。
初めてゴルフコースへ出る時はハプニングがつき物と思って、その対処方法を知っておくと落ち着いてプレーすることができます。

極度の緊張や、疲れているときにありがちなハプニングが空振りです。

空振りは通常1打に数えられますので、同じ場所から打っていても2打打ったことになります。
しかし、初心者の頃は優しい目で見てくれる方も多いので、見てなかったことにしてくれる場合も多いです。
その状況によって1打とするかしないかは変わりますので、一緒に周っている人が空振りに目をつぶってくれたら、素直に甘えましょう。

もう1つありがちなハプニングがボールを見つけられない事です。
ボールが深いラフやちょっとした影に入ってしまうとなかなか見つけられない場合もあります。
このような時は3分程探しても見つからないならば、直前に打った場所まで戻り、プラス1打をして打ち直しをしましょう。