ゴルフ初心者のお悩みNO1ダフリを解消するためのテクニック

練習場ではナイスショットを連発するのになぜかコースへ出るとダフリばかりを出してしてしまい、スコアも気持ちも残念な結果になってしまったゴルフ初心者の方は多いと思います。
ダフリたくないと思えば思うほどうまくいかなくなってしまうことも経験したこともあると思いますが、実は初心者の方だからこそ、まだスイングのクセが無いうちにダフらないスイングを身につけやすいのです。
なぜダフリが出てしまうのか、その原因と解消方法をクラブごとにご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ初心者の方に絶対覚えて欲しいアドレスの時の腕の使い方

これからゴルフを始める方や、始めたばかりの方はまず、クラブをスイングする時に始めに教わるのがグリップ...

初心者に知って欲しいフェアウェイウッドとユーティリティの違い

ゴルフを始めてから少し経つと出てくるのが得意なクラブと苦手なクラブです。中でもフェアウェイウッド...

ゴルフ初心者女性がいつも悩んでしまう手打ちの直し方

ゴルフを始めた女性ゴルファーのみなさんは一度は誰かに手打ちになっていると言われてことがあると思います...

アイアンとウッドの違いがわかるようになる初心者の方への説明書

ゴルフをこれから始めようと思っている方は、沢山あるゴルフ用語、ゴルフアイテムの名前などにとても戸惑っ...

初心者女性がゴルフコースのデビューで慌てない為のアドバイス

初心者女性が始めてゴルフのコースに出る時はドキドキやワクワクと同時に、ちゃんとゴルフが出来るのだろう...

ゴルフ初心者を悩ませるアイアンが当たらない原因と克服する方法

ゴルフ初心者の方でアイアンが当たらない悩みを抱えている方は多くいます。元からアイアンが苦手な...

ゴルフ初心者女子はマーカーと帽子でセンスに差をつけよう

これからゴルフのコースに出る予定の初心者女子ゴルファーの方は必見です。グリーン上で必ず必要になる...

ゴルフクラブの振り方ってどんな感じなのかを知りたい人の入門書

ゴルフに興味はあるけれど、特別なスキルが必要になるのか、それとも才能が無いとうまくはなれないのかと、...

初心者女子がヘッドスピードを上げるためにつける練習器具はこれ

ゴルフを始めると、ゴルフ関連のテレビや雑誌などが気になって目にする事が多くなると思います。ゴルフ...

ゴルフを始めたらまず最初にマスターするのはアドレスとグリップ

ゴルフをこれから始めようとしている方、ゴルフクラブを手に入れてこれから練習へ行く方が知っておいて欲し...

ヘッドスピードを上げることで飛距離アップを目指す練習方法

ゴルフの実力は変わらないのに男性ゴルファーに比べると圧倒的に女性ゴルファーは飛距離では適わないことが...

ゴルフ初心者でもすぐにアプローチが上達できるウェッジの打ち方

ゴルフは遠くへ飛ばすことも大切ですが、実はグリーン周りの正確なアプローチもスコアアップを狙える重要な...

初心者女子が極めるべきアイアンショットのコツを知ろう

ゴルフ初心者の頃は、ドライバーよりもアイアンショットで基本のスイングをマスターすることが、上達への近...

ゴルフの初心者女性がレッスンを選ぶ時のコツとポイント

これからゴルフを始めてみようと思っている方や、若い頃にゴルフをしたことがあって、久しぶりにまた始めよ...

ゴルフのスイングを理想をマスターしてかっこいい初心者になろう

ゴルフを始めた初心者の方は、コースに出た時、または練習場などでナイスショットを連発している人を見て、...

スポンサーリンク

ゴルフでダフリをする原因と基本的な解消方法を知ろう

プロゴルファーでもたまに出してしまうほどダフリはゴルファーにとっての大きな悩みの種です。

ダフリの原因はスイングのフォームが乱れて、ボールの手前にクラブを当ててしまう事が多い

練習場のプロと呼ばれる人が練習場ではナイスショットを出している人をたまにみかけます。
しかし、そのような人は実際のコースに出ると散々な結果に終わっている方が多いように思います。

その原因は練習場の人工芝であることが原因の1つに考えられます。
人工芝はクラブがとても滑りやすく、多少ダフっていてもわからないからです。

そのためコースに出て天然の芝から打つとクラブが滑ってくれないために、自分のスイングがダフリを起こしやすくなっている事に気付くのです。

このようなダフリを解消するためにはダフリの基本を知り、自分のスイングに不足しているものや、直すべき箇所を早めに見つけて正しいスイングを身につけることが1番の方法です。

ダフリ解消にはその原因から探りましょう。

まずアドレスのチェックです

アドレスは反りすぎに気をつけながら背筋を伸ばします。

私はとても猫背なので、背筋を伸ばすのがあまり得意ないのですが、この姿勢をする時には一度下腹に力を入れてから背筋を伸ばすようにしています。

もしもうまく背筋が伸ばせない時にはこのような方法を試してみて下さい。背筋が伸びたら、股関節から状態を前傾させます。
この前傾姿勢をキープできることがダフリを解消するスイングになります。
そしてインパクトの時はハンドファーストになっている事が理想です。

ハンドファーストは左手が左太ももの内側くらいにあり、ボールよりも少し左側にある時にインパクトを迎えていることがポイントです。

このような形になっているかはスイングをしながら気付くことは難しいので、一度自分のスイングを動画にとって確認をしてみましょう。
動画を見て自分のスイングを見ることでダフリの原因となるフォームの乱れがどこで起きてしまっているのかがとてもわかりやすくなります。

例えば体重移動がうまくいかずに腕でクラブを調整して打ってしまっている時などは、アドレスの時の手首の角度を変えてしまっている可能性があります。

ゴルフクラブで1番飛ぶドライバーのダフリ解消方法

ドライバーショットは初心者にとってはティーアップをして打てるクラブなのでダフリをする方は少ないかもしれませんが、第1打で気合が入りすぎてダフリをしてしまう方は必ずいます。

気合の入りすぎて起こってしまうダフリの原因は色々ありますが、ドライバー特有のスイング軌道に原因がある場合が考えられます。

ドライバーは基本アッパーブローと呼ばれる、ドライバーのヘッドが最下点を通って少しフェースが上向きになったところでインパクトを迎え軌道が理想的と言われていますが、そのアッパーブローのイメージを自分の腕でしようとすると肩の位置がずれて、右肩が下がってしまいダフってしまうことがあります。

基本的なドライバーショットの時のボールの位置は人によって少し違いはありますが、左足のかかとの内側で左よりのことが多いです。
ボールの位置をこのようにすることで正しいスイングをしていれば勝手にアッパーブローの軌道になってくれますので腕や肩で調節をする必要はありません。

この他にも前傾姿勢が崩れてしまったりすることも原因に考えられますが、ドライバーショットの時はまず、遠くへ飛ばしたいと思う気持ちを抑えることが初心者にとっては1番重要な解消方法の1つです。
ドライバーショットはティーでボールが上がっているのですから、いつものスイングを心がければうまくいきます。

遠くへ飛ばす意識よりも、正しいスイングをしようと思うことがダフリの原因を解消するおすすめの方法です。

ゴルフ初心者が1番が失敗しやすいフェアウェイウッドのダフリ解消方法

私はフェアウェイウッドがあまり得意ではありません。
ゴルフで1番出したくないダフリのほかにトップもフェアウェイウッドで起こってしまうことが1番多いです。
けれど、フェアウェイウッドはコースに出ると第2打以降の距離を稼ぐためにも絶対に使わなくてはいけないクラブです。
私と同じ様に多くの初心者ゴルファーの方もこのように思っているでしょう。

以前に練習場でフェアウェイウッドがダフってばかりでどうしようも無かった時に試した2つの方法をご紹介します。

打ち方の意識

どのようなクラブでも基本のスイングの方法は一緒です。
しかしクラブの長さでボールと自分との距離が違う分、スイングの軌道は変わります。
フェアウェイウッドはクラブの中では比較的長いクラブになるので、打ち方の意識は上から振り下ろすというよりも横から払うイメージになります。

特に私の場合はアイアンが得意だったのでアイアンのような意識でフェアウェイウッドでショットをしていたのが原因でダフってしまっていました。
真横から振る訳ではありませんが、スイング軌道が唇の口角が上がっているときの笑顔のイメージでフェアウェイウッドのショットをすることがおすすめです。

ボールの位置

基本的なボールの位置は真ん中よりも少し左よりですが、これはクラブの特徴や個人のクセなどもあります。
このボールの位置がいつもとずれていたりすることもダフリの原因の1つになります。

私の場合、なぜかラウンド中にフェアウェイウッドでダフるときはボールが左足に近いところにあります。
そんな時は間違いなくダフリます。
それに気付いてからは、自分が思っているよりも真ん中にボールの位置が来るよう意識をしてダフリを防ぐようにしています。

何よりもドライバーと一緒で飛距離が稼げる可能性のあるフェアウェイウッドはできるだけ遠くへ飛ばしたいと腕を使って打とうとしてしまい、手打ちになってしまうこともダフリの原因に考えられます。
フェアウェイウッドで飛距離を稼ぐのであれば、腕の力ではなく、しっかりとした体重移動を意識したスイングをすることがおすすめです。

アイアンとウェッジのダフリを解消するとゴルフ初心者でもスコアアップできる

アイアンやウェッジは飛距離を稼ぐことよりも方向性や距離感が大事になり、正確にショットができるようになる事で狙ったところへボールを飛ばすことができるクラブです。
あともう少しでグリーンなのにダフってしまって目の前にボールが転がってしまった時の残念な気持ちならないためにもアイアンとウェッジでのダフリの解消方法を試してみましょう。

アイアンやウェッジはその形状からとてもボールが高く上がりやすいクラブ

他のクラブと同様に正しいスイングをしていれば、勝手にボールは上がるのですが、どうしても気持ちでボールを上げようとして基本のフォームが崩れてしまう事が原因の1つに考えられます。
このような状態はすくい打ちと言われています。

このすくい打ちは主に手首の角度がスイングの途中で変わってしまっていることが多いです。
しっかりと手首の角度をキープすることで正しいスイング軌道を作ることができて、ダフリを防いで結果ボールの高さも出すことができます。

また、すくい打ちの意識が無くても、体重移動がうまくできずに右足に体重が残ったままショットをしてしまうと、結果すくい打ちになってしまうケースもあります。
このような時はフォロースルーの時とフィニッシュの時に体重が左足にあるかを確認することが大切です。

ボールの位置も確認が必要

アイアンやウェッジでダフリが直らない時はいつものボールの位置をよりも少し真ん中に寄せるようにしてみましょう。
多くの方がアイアンは真ん中よりも少し左側、ウェッジは真ん中よりも右側の方が多いと思いますが、このように少しボールの位置を変える事でダフリが無くなる可能性もあります。

アイアン、ウェッジで絶対にグリーンに寄せたい、または乗せたいとならば基本のスイングを心がける事の他に、あまりクラブを大きく振るイメージを持たずにハーフスイング位の気持ちを持つと、失敗が少なくなります。

以外と多いパターでのダフリを解消して見事カップインしよう

グリーンの上で、あと少しの距離なのにパターでダフってしまったせいで何打もムダに打ってしまったなんてことが起こりえるのがパッティングです。

パターでのダフリの原因の多くは顔の動き

グリーンの状況をしっかり確認をしてパッティングをしても、どうしてもボールの転がり始めの方向が気になってしまって、顔を動かしてしまうとこのようなミスが起きます。
自分のグリーンの状況判断を信じてボールの行方を気にしすぎずにパッティングをするようにすることをおすすめします。
また、グリーンの芝にぴったりパターを着けて打つことも避けましょう。

グリーンの芝の抵抗がパターに伝わってダフる可能性があります。

パターの時に顔を動かしてしまうことを防ぐ練習は家でもできます。

我が家はいつもパターマットを使ってパターの練習をしているのですが、そのマットを壁際に置いて、壁に頭を動かないように固定してパッティングするようにしています。
もちろんパターマットがなくても、壁に頭を固定してパッティングすることで顔が動いてしまうことを止めることができるので試してみて下さい。