最初にアイアンのスイングをマスターすると初心者は上達できる

ゴルフを始めると最初に練習用のクラブとしておすすめされるのが7番アイアンです。
7番アイアンはクラブの中でも中間の長さで、初心者の方が正しいスイングを覚えるのに適していると言われています。

この7番アイアンを使って正しいスイングをマスターすることで、結果他のクラブを使う時もナイスショットが打てるようになる可能性があります。
まずは7番アイアンでスイングの基本を身につけてみましょう。
7番アイアンでのアドレスや打ち方、意識してほしいポイントなどをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者女子がヘッドスピードを上げるためにつける練習器具はこれ

ゴルフを始めると、ゴルフ関連のテレビや雑誌などが気になって目にする事が多くなると思います。ゴルフ...

アイアンとウッドの違いがわかるようになる初心者の方への説明書

ゴルフをこれから始めようと思っている方は、沢山あるゴルフ用語、ゴルフアイテムの名前などにとても戸惑っ...

ゴルフ初心者女子が起こしがちなミスショットの原因を無くそう

ゴルフ初心者女子は、いつも練習をしていても、うまく打てない、真っ直ぐ飛ばないなどを悩みを常に抱えてい...

ゴルフを始めたらまず最初にマスターするのはアドレスとグリップ

ゴルフをこれから始めようとしている方、ゴルフクラブを手に入れてこれから練習へ行く方が知っておいて欲し...

ゴルフの初心者女性がレッスンを選ぶ時のコツとポイント

これからゴルフを始めてみようと思っている方や、若い頃にゴルフをしたことがあって、久しぶりにまた始めよ...

初心者に知って欲しいフェアウェイウッドとユーティリティの違い

ゴルフを始めてから少し経つと出てくるのが得意なクラブと苦手なクラブです。中でもフェアウェイウッド...

ゴルフ初心者女子はマーカーと帽子でセンスに差をつけよう

これからゴルフのコースに出る予定の初心者女子ゴルファーの方は必見です。グリーン上で必ず必要になる...

ゴルフ初心者女性がいつも悩んでしまう手打ちの直し方

ゴルフを始めた女性ゴルファーのみなさんは一度は誰かに手打ちになっていると言われてことがあると思います...

初心者女性ゴルファーは自分に合ったゴルフスクール選びが大切

周りの人の影響でゴルフを始めたり、付き合っている彼とゴルフが趣味で一緒に楽しみたくて始めた、もしくは...

ゴルフ初心者の方に絶対覚えて欲しいアドレスの時の腕の使い方

これからゴルフを始める方や、始めたばかりの方はまず、クラブをスイングする時に始めに教わるのがグリップ...

ゴルフクラブの振り方ってどんな感じなのかを知りたい人の入門書

ゴルフに興味はあるけれど、特別なスキルが必要になるのか、それとも才能が無いとうまくはなれないのかと、...

ゴルフクラブのフェースを意識して狙った所へ飛ばしてみよう

ゴルフを始めて、ようやく安定したスイングができるようになったのに、なかなかボールが真っ直ぐに飛ばない...

初心者女子が極めるべきアイアンショットのコツを知ろう

ゴルフ初心者の頃は、ドライバーよりもアイアンショットで基本のスイングをマスターすることが、上達への近...

ゴルフのスイングを理想をマスターしてかっこいい初心者になろう

ゴルフを始めた初心者の方は、コースに出た時、または練習場などでナイスショットを連発している人を見て、...

初心者女性がゴルフコースのデビューで慌てない為のアドバイス

初心者女性が始めてゴルフのコースに出る時はドキドキやワクワクと同時に、ちゃんとゴルフが出来るのだろう...

スポンサーリンク

初心者はアイアンのスイングの為のアドレスを覚えることから始めよう

全てのスイングに言えることですが、アイアンをスイングする前にアドレスの確認をしてみましょう。

初心者ゴルファーさんにとって1番良くない事は、最初に聞いた基本のアドレスを全部覚えることができずに、教えてくれた人に何度も聞くのが気が引けてしまってそのままにしてしまうことです。
正しいアドレスがわかならいままだと正しいアイアンのスイングはできません。
アドレスは何となく行うのではなく、スイングがスムーズに行くようにするための動作です。
初心者のうちにしっかりと覚えましょう。
アドレスの練習をする時には7番アイアンを使ってみましょう。
もちろん他のクラブでもかまいません。

最初にスタンスの幅です。
7番アイアンの時のスタンスの幅は肩幅程度です。
7番アイアンよりも長いアイアンを使う時は少し広めに、短いアイアンやウェッジの時は狭いスタンスの幅がおすすめです。
このスタンスの幅は広くしすぎると体の回転がしずらく、狭くしすぎるとクラブに力が加わりにくくなってしまいますので、スタンスの幅が肩幅でうまくいかない時には自分がスムーズに体の回転ができると思った幅でOKです。

次の姿勢は鏡で見るか、写真を撮って確認してもらいたい重要なポイントです。
背筋は腰が反り返らない程度に真っ直ぐに伸ばして、上半身を股関節から前傾させていきます。
猫背の私はこの背筋を伸ばしての前傾姿勢がなかなかできなかったのですが、下腹に力を入れて、頭を上に引っ張られているイメージで前傾姿勢をするとうまくいきました。
前傾しから背筋を伸ばすことはとても難しいので、しっかりと背筋が伸びてから前傾姿勢をすることが大切です。

そして腕の確認です。
腕が基本の位置にあるかどうかはグリップエンドと自分の体との距離でわかります。
基本の目安はグリップエンドから自分の体が握りこぶし1.5個分くらいの距離です。
この時に両腕が曲がっていると距離が近すぎているかもしれません。

アイアンのスイングは初心者のうちに基本を身につけよう

正しいアドレスを覚えたら、次は実際にスイングをしてみましょう。

アドレスをした時に重心を両足の親指の付け根の下にある拇指球(膨らみ部分)に左右均等してスイングをします。

まず、テークバック(クラブを振り上げる)します。
この時注意したいのが、左の腕を真っ直ぐに保ち、右の脇が出来るだけ開かないようにテークバックすることです。
また、体重移動を気にして右足に体重を乗せようとしたりすると右に体が傾いてしまったりスライドをしてしまいますので、右の股関節から右足に真っ直ぐ力や体重が乗っている感覚を掴みましょう。

トップの位置で左の肩が顎の下に来ている状態がベストな形です。
トップからダウンスイング(クラブを振り下ろす)へ向かう時には、まず、右足にあった体重を左足に移していくイメージで腰を回します。
テークバックの時にキープしていた真っ直ぐな左腕はそのままフォローまで維持します。
テークバックの時に少し開いてしまった右腕をダウンスイングの時に締める意識をすると、アドレスの時の腕の形に戻すことができます。
インパクト(ボールを打つ)の瞬間に最初に構えたアドレスがキープできているかを確認して、フォロー、そしてフィニッシュになります。
気をつけたいのがインパクトを迎えた後すぐに腕が曲がってしまうことです。
アドレスで作った腕の形はフォローまでしっかりとキープしましょう。

初心者の、まだスイングのクセが固まっていない今だからこそ正しいスイングの仕方をしっかり身につけましょう。

アイアンをスイングする時に初心者が上半身に気をつけるポイント

アイアンをスイングする時の上半身のポイントについてご紹介します。

アイアンでスイングする上で1番に気をつけて欲しい上半身を使うポイントは、アドレスの時の前傾姿勢をできるだけ崩さないようにキープすることです。
この前傾姿勢をキープする事で、正しいスイング軌道ができる様になります。
正しいスイング軌道ができないと、ダフリやトップなどのミスショットになってしまいます。
また、頭や顔の位置を変えてしまうこともミスの原因の1つです。
ボールを打った瞬間にボールの行方が気になって目で追ってしまったり、肩の動きと一緒に顔が左を向いてしまったりしないように気をつけましょう。
私がこの頭や顔が動いてしまう動作を直すためにした方法は少し顔を右に向けておくことです。
そして、フォローまでは右を向いていようと意識することで、頭や顔を動かさないように直すことができました。

また、腰の回転よりも先に、もしくは腰の回転と同時に腕を振り下ろすと手打ちになってしまう可能性が高くなります。
手打ちはある程度ボールが飛ぶので気付かない人もいるのですが、そのままのスイングで打ち続けると、飛距離がでなかったり、ボールの飛ぶ方向が安定しなかったりと良い事はありません。
腰の回転の力で腕を動かしているイメージでスイングをすると良いでしょう。

アイアンのスイングで初心者に意識をして欲しい下半身の使い方

上半身のポイントを覚えたら、次は下半身の使い方です。

下半身はアドレスの時にしっかりと自分なりのスタンスの幅で重心を意識して立ちましょう。

先程少し触れましたが、下半身は体重移動の仕方が大切です。
体重移動というと、右足から左足に体重をするようなイメージが先行してしまって、結果体全体を傾けてしまったり、右足のみに体重をかけてしまうかもしれませんが、この方法は結果ミスショットをしてしまうかもしれません。

テークバックの時の体重移動、重心を右の股関節に置くイメージをして、バックスイングの時にその右の股関節にあった右足に移すように右足を蹴りだす意識で左の股関節に移動させるようなイメージでスイングをしてみましょう。
この動きをする時にはつま先、かかとは付いたまま、つまりベタ足の状態を意識するとうまくいきます。

また、フォローからフィニッシュに向かう時に、おへそが目標方向になるように腰の回転をさせることも大切です。
最後のフィニッシュの時に体重が左足のみに乗っている状態ができていたら、下半身の使い方はほぼ正しいでしょう。
もしも、フィニッシュでバランスが崩れてしまう時などは下半身だけでは無く全体のスイングのバランスを再確認してみる事が必要です。

アイアンのスイング練習は初心者だからこそハーフスイングでしよう

アイアンのスイングの基礎を覚えたら、ぜひ試して欲しい練習方法がハーフスイングで素振りやショットをする事です。

このハーフスイングでの素振りやショットは体全体の使い方や前傾姿勢のキープ、ボールを捕らえる感覚を感じる事ができるのでとてもおすすめです。

ハーフスイングはフルスイングのほぼ半分のスイング幅で行います。
アドレスは前述の方法と一緒で、スイングも変わりません。
変わるのはスイングを右腰から左腰までにする事です。
ハーフスイングをする時のポイントは常にアドレス時に作ったフォームをキープしてスイングをする事です。

手首の角度、両肩と両腕とグリップエンドを結んだ三角形のキープ、前傾姿勢をキープすることが大切なポイントになります。
この感覚をハーフスイングで何度も繰り返して掴むことで、フルスイングしたときにも安定したスイングができる様になります。

ボールを打つ時はフルスイングよりも少し飛ばないと思いますが、ボールの飛距離を気にしてしまうと、間違いなくフォームが乱れてしまいます。
ハーフスイングの練習のときは飛距離ではなく、体の使い方のみを意識して行うようにしましょう。