ゴルフ初心者におすすめのシャフト選びとフレックスについて

ゴルフ初心者の方がゴルフを始めたきっかけが知り合いにゴルフクラブのセットを貰ったから、もしくは安いゴルフクラブのセットを見つけて思わず買ってみた方など、きっかけはゴルフのクラブが近くにあったからという方は多いと思います。

けれど、ゴルフクラブのシャフトの硬さを表すフレックスについて考えたことがある方はあまり多くはいないでしょう。

初心者、女性ゴルファーで今使っているクラブが自分に合っていないなと感じた方は、これからご紹介するフレックスを考えてシャフトやクラブを変える事で自分にぴったりのクラブに出会えるきっかけになれるかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの初心者女性がレッスンを選ぶ時のコツとポイント

これからゴルフを始めてみようと思っている方や、若い頃にゴルフをしたことがあって、久しぶりにまた始めよ...

アイアンとウッドの違いがわかるようになる初心者の方への説明書

ゴルフをこれから始めようと思っている方は、沢山あるゴルフ用語、ゴルフアイテムの名前などにとても戸惑っ...

最初にアイアンのスイングをマスターすると初心者は上達できる

ゴルフを始めると最初に練習用のクラブとしておすすめされるのが7番アイアンです。7番アイアンはクラ...

ゴルフのスイングを理想をマスターしてかっこいい初心者になろう

ゴルフを始めた初心者の方は、コースに出た時、または練習場などでナイスショットを連発している人を見て、...

ゴルフ初心者男子におすすめ秋のコースデビューで失敗しない服装

初心者ゴルファーとして秋にコースデビューを控えている方にとって、技術面以外で悩む事といえば、服装でし...

ゴルフクラブの振り方ってどんな感じなのかを知りたい人の入門書

ゴルフに興味はあるけれど、特別なスキルが必要になるのか、それとも才能が無いとうまくはなれないのかと、...

ユーティリティの打ち方をマスターしてゴルフ初心者を卒業しよう

もう少しスコアが良くなればと思っていたり、もしくはフェアウェイウッドやロングアイアンが苦手な初心者女...

初心者でも効率的な筋トレでヘッドスピードを上げることができる

ゴルフの楽しさにはまり始めた初心者女子ゴルファーのみなさん、ゴルフのコースにも何度か出て、もう少し上...

ゴルフ初心者でもすぐにアプローチが上達できるウェッジの打ち方

ゴルフは遠くへ飛ばすことも大切ですが、実はグリーン周りの正確なアプローチもスコアアップを狙える重要な...

これからゴルフを始める方へおすすめの初心者用のゴルフセット

これからゴルフセットを買ってゴルフを始めようと思っている女性は、初心者用のゴルフセットでどのようなも...

ゴルフ初心者の悩みの種のスライスする原因にサヨナラしよう

ゴルフの基本をマスターして、スイングも慣れてきた頃にやってくるのがスライスです。いつもと同じ打ち...

ゴルフ初心者女子はマーカーと帽子でセンスに差をつけよう

これからゴルフのコースに出る予定の初心者女子ゴルファーの方は必見です。グリーン上で必ず必要になる...

ゴルフボールの選び方で初心者女子はライバルと差をつけてみよう

これからゴルフ場デビューを控えている初心者女子の方、ゴルフセット、ゴルフウェア、シューズなど、使いや...

初心者女子が極めるべきアイアンショットのコツを知ろう

ゴルフ初心者の頃は、ドライバーよりもアイアンショットで基本のスイングをマスターすることが、上達への近...

ゴルフ初心者を悩ませるアイアンが当たらない原因と克服する方法

ゴルフ初心者の方でアイアンが当たらない悩みを抱えている方は多くいます。元からアイアンが苦手な...

スポンサーリンク

初心者のうちに知っておきたいゴルフクラブのシャフトとフレックス

ゴルフクラブのヘッド部分の大きさや角度、性能、そしてグリップ部分はスイングする時に気にしたりする部分なのでよく見ているかもしれませんが、シャフト部分に今まで注意をして見た事があるでしょうか。
シャフトは一般的に販売されているクラブには純正のシャフトがセッティングされています。
このような純正のシャフトはあらゆる人に合うように作られています。
一方で純正以外のシャフトはその人に合うスイングや特徴などを考えて様々な種類を選んでクラブをカスタムできます。
初心者の頃はあまりこのシャフトまで考えている方は少ないと思いますが、これから上達していくにつれて、もしくは今のクラブが合っていないと感じた時などにシャフトについて知っておくと便利かもしれません。

シャフトは大きく分けると2種類の素材で出来ています。

カーボン素材のものと、スチール素材のものです。

カーボン素材はほとんどのドライバーに使われている素材です。
スチール素材と大きく違うところは軽さです。
また、ボールを上げやすくなり、比較的ヘッドスピードが遅い方、飛距離を伸ばしたい上級者の方に向いていると言われています。

もう1つのスチール素材は重みはありますが、初心者の方がしっかりとした正しいスイングを見につけるために使うシャフトとしてもおすすめです。
それは、軽いカーボン素材でスイングをすると腕の力だけで打つクセがついてしまう可能性があるからです。
スチール素材はその重みで体を上手に使ってスイングをする事が身につきます。
またヘッドスピードが早い方にもおすすめです。

シャフトは素材の種類に違いがあるほかに硬さの基準があります。
この硬さの違いを表すのがフレックスです。
フレックスの違いでスイングした時のシャフトのしなり具合が変わります。
そのフレックスの種類については次でご紹介をします。

ゴルフクラブのフレックスの種類

ゴルフクラブのシャフトのフレックスは硬さの段階に分かれた種類があります。

その硬さの段階に分ける基準はヘッドスピードで決められています。
フレックスの種類は5段階に分かれていて、初心者や女性ゴルファーにおすすめするフレックスはそのなかでも3種類ほどです。
硬い順にレギュラー(R)、アベレージ(A)、レディース(L)のフレックスがおすすめするタイプです。
レギュラーがヘッドスピードが38~40m/s、アベレージが32~37m/s、レディースが28~34m/s以下を目安に作られています。

その他にはエキストラ(X)やスティッフ(S)などがありますが、このフレックスはヘッドスピードが42m/s以上を平均に作られているものなので、初心者や女性には向いているとは言えません。

ゴルフ初心者におすすめするフレックスの選び方

前述のようにフレックスはヘッドスピードによって種類が分かれていますので、ご自分がどのフレックスを選んだら良いのかは、まず自分のヘッドスピードを知ることが必要になります。
ヘッドスピードは測定器を購入して自分で測定するか、もしくは知り合いに測定器を持っている人がいるならば、借りることも1つの方法です。
または、打ちっぱなしの練習場などにも、測定器を設置しているところもあります。
また、クラブを買う時やクラブの相談にゴルフショップに行くことがあるならば、ショップの試打ちコーナー測ってもらうこともできます。

一般的にレギュラー(R)は平均的な男性アマチュアゴルファーが多く使っていますが、アスリート系の力強いショットをする女性にも使われています。
アベレージ(A)は平均的な女性アマチュアゴルファー、もしくはシニアの方に多く使われています。
レディース(L)は力の弱い女性にとても向いています。
女性はアベレージ(A)かレディース(L)を選ぶのが良い気がするでしょうが、もともとスポーツをやっていた女性などはヘッドスピードが早い方もいます。
そのような方はレギュラー(R)やそれよりも硬いフレックスを選ぶことも良い方法だと思います。

ゴルフ初心者を卒業する頃にはわかるメーカーごとのフレックスの違い

フレックスの設定の基準はヘッドスピードですが、その基準がメーカーごとに統一されて表記されている訳ではありません。

また、同じメーカーで製造されていても少し基準が違う場合もあります。
また、アマチュア向けとアスリートに向けたものでも基準が変わります。
このようのな理由から、今使っているクラブのシャフトのフレックスがアベレージ(A)で合わないなと感じていても他のメーカーのシャフトでフレックスのアベレージ(A)がぴったり相性が良いということも起こります。

私の以前使っていたドライバーは友人から貰ったものでした。
練習をしていても、ボールが上がらない飛ばないが続き、他のクラブは上達しているのにどうしてドライバーはこんなに散々なショットなんだろうと思っていました。
そんな時にゴルフを教えてもらっている夫が柔らかいシャフトにした方が良いかもといわれて新しくドライバーを買うことにしました。
シャフトがレディースのものを試打ちをして1番良いと思ったドライバーを選びましたが、今までのドライバーもレディースのシャフトだったので、同じフレックスだとしてもこんなにメーカーによってしなりの感じ方が違うのだと実感しました。
メーカーの違いでそこまではわかるはずないと言う方も中にはいるかもしれませんが、メーカーの違いで自分のスイングに合う合わないは必ずあります。
もしもクラブを買い換えするときには同じフレックスでも少しずつ感触が違うということを覚えておいて下さい。

ゴルフ初心者女性こそフレックスで個性に差をつける

クラブを買い換えなくても、リシャフトと言う方法でシャフトだけを変えることもできます。

リシャフトは今使っているクラブのシャフトを好きなフレックスに変えるだけではなく、シャフトの長さを変えたり、重さを変えることができます。
リシャフトにはシャフトの代金の他に工賃がかかりますが、じっくりとゴルフショップの人と相談して自分に合っているクラブに作り直すことができます。
また、おしゃれが好きな女性ゴルファーにおすすめするのが、シャフトを好きな色に変えてしまう方法です。
自分のテンションの上がる色や、シャフトの色を統一したい時などはシャフトを塗装し直してみましょう。