初心者女子がゴルフ場でコースデビューをする時におすすめの服装

ゴルフ場のコースデビューをする時に、初心者女子が気にする事はゴルフのテクニックよりもまず服装と言う方も多いと思います。
ゴルフは紳士淑女のスポーツと言われているので、服装もしっかりとしている事が大切です。
これからコースへ出る初心者女子の方におすすめするコーディネイトやアイテムなどをご紹介します。
コースデビューをする前のご参考になさって下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者女子におすすめのコースから練習までゴルフに便利なグッズ

ゴルフを始めたばかりの初心者女子の方は格好良くコースデビューをする事を夢見て日々練習をしていると...

これからゴルフを始める女性におすすめのクラブの診断とメリット

これからゴルフを始めようと思っている方や、昔やっていたゴルフを久しぶりに再開したいと思っている方は、...

おしゃれゴルフ女子はアイアンのお手入れに手を抜かないのが鉄則

ゴルフのコースに出る時に、何を着て行こうか、おしゃれに悩むゴルフ女子は多いと思います。おしゃれな...

初心者女子はゴルフクラブのアイアンの種類を知っておくと便利

これからゴルフを始めようと思っている女性や、ゴルフクラブの購入を考えている方は、まず、どのようなクラ...

初めてのコースデビューはドレスコードを守ってゴルフ場へ行こう

ゴルフ場でコースデビューをする時には、いつも通りにゴルフができるかと不安になる気持ちと同時に、ゴ...

初めてのゴルフクラブの購入は打ちっ放しで試してから買おう

初めてのゴルフクラブセットを買う予定でこれからゴルフを始めようとしている30代女子の方は必見です。...

ゴルフクラブの特徴と違いを知っておくとクラブ選びに迷わない

これからゴルフを始めようとしている方、レンタルクラブでゴルフの面白さにはまった方は、そろそろゴルフク...

ゴルフ初心者女性にぴったりのユーティリティの選び方のコツ

多くの初心者女性ゴルファーは、アイアンが得意だけれどフェアウェイウッドが苦手、もしくは逆の方もい...

3番アイアンを手に入れたら試して欲しい練習と活用法

父親や年配の方の昔のゴルフセットを譲り受けてゴルフを始めた方は3番アイアンを目にした機会があるのでは...

アイアンの正しいスイング軌道を練習してスコアアップを目指そう

ラウンドをする時に信用できるクラブで第二打を打つことは重要です。その第二打に使うクラブはフェアウ...

ゴルフクラブのグリップは種類で選んで色でおしゃれをしよう

ゴルフを始めてから、その楽しさにはまって、仕事が休みの日にはゴルフ練習場へいったり、コースへ出たりと...

キャディバッグの見た目はシンプルデザインがおしゃれに見える

これからキャディバッグを買おうとしている方、もしくはそろそろ新しく買い換えようとしている方はどのよう...

スポンサーリンク

ゴルフ場のドレスコードをマスターしてコースデビューの服装は完璧に

初めてゴルフ場のコースへ出る時には、どのような雰囲気なのか、設備、コースレイアウトなどが気になって、ゴルフ場のホームページなどをチェックする方が多いかと思いますが、ホームページ上で気付いた方もいらっしゃるでしょうが、ゴルフ場には、高級ホテルのレストランに設けられているようなドレスコードが存在する場合があります。

厳しくドレスコードを設定しているゴルフ場になると、ジャケットを羽織っていなくては入場自体がNGになり、その日ゴルフをプレーすることが出来なくなる可能性も考えられます。

大人女子の方はドレスコードをあまり難しく考える必要は全くありません。

なぜなら、オフィス街に通勤をしているOLさんのファッションや、コース料理がメインのレストランに行く時のようなキレイ目スタイルを参考に服装を考えればほとんどのドレスコードはクリアできるからです。

ただし、ファッション誌に載っているような通勤に使えるジーンズとTシャツコーデなどはNGです。
基本的に、高いヒールのパンプスやサンダルやミュール、ジーンズとTシャツはゴルフ場の入場ができないと覚えておきましょう。

すべてのゴルフ場にこのようなドレスコードが設定されている訳ではありませんが、ドレスコードが無いからと言ってあまりラフすぎる服装で行く事も好ましくありません。

私がよくプレーをするゴルフ場はアメリカンスタイルと呼ばれているところで、ドレスコードはありません。
大抵の人はゴルフをする時の服装でゴルフ場へ来ます。帰りの着替えだけを持って行けばOKなのでとても気軽に利用しています。
このようなゴルフ場でも常識の範囲内での服装をするようにしましょう。

ゴルフ場のコースでプレーをするときの基本の服装マナー

ゴルフ場の入場と同じように、ゴルフをプレーする時にも服装のマナーがあります。

基本的な服装は襟が付いているシャツ(ポロシャツが多い)に足を露出しすぎないボトムスを合わせます

ボトムスは基本的にパンツの他にハーフパンツ、スカートも合わせる事もできますが、短めのボトムスを履く時には、必ずくるぶしが隠れるソックスをはいたり、ハイソックス、レギンスなどを合わせるようにしましょう。

多くのゴルフショップでは色々な形や柄のゴルフウェアが売られています。
ゴルフウェアとして売られているからと言って、そのウェアが必ずしもゴルフをプレーするのに適しているとは限りません。

スカル柄や、アニマル柄などは、あまりゴルフをプレーする時の柄としてはおすすめしません。

一緒にゴルフをする人がどのような雰囲気の服装をする人かを知っておくと、大人女子としてはベストです。

なぜなら、同伴者がしっかりとそのゴルフ場の格に合わせた服装でプレーをしているのに、初心者の方が個性的な服装で目立つ様な事になってしまうと、気持ちの良いものではないからです。

同伴者に合わせておしゃれをするなと言う事ではなく、コースデビューの時は間違いなく同伴者に教えてもらいながら、助けてもらいながらプレーをする事になるので、少し真面目かな?と思われるくらいの服装が好まれると思います。

ゴルフの絶好の春夏の季節にコースデビューする時におすすめの服装

ゴルフはゴルフ場がオープンしていれば年中プレーをする事ができますが、やはり本番は春夏のシーズンになります。

時間や時期によって温度差のある春、天気によっては朝から高温が続く夏など、天気や気温を考えた服装が必要になります。

春は、太陽が出ている時は暖かいと感じても、少しでも曇り空になると一気に寒く感じる時が多くなります。
また、18ホールを周っている最中でも気温変化の差を感じる可能性もあります。

春におすすめの服装は、長袖の襟付きシャツにセーターやベストを合わせる服装

気温が高くなってきて暑く感じて来たら、気軽に脱ぐ事ができるのでとても便利です。

夏は汗と紫外線対策が必要です。

汗対策におすすめなのは、速乾吸湿性のあるインナーもしくはポロシャツです。

少し厚い素材の生地などは、汗がこもりやすく、また、汗によって生地の色が変わってしまったりします。
脇汗が目立ってしまうようなポロシャツにしてしまうと、その事が気になってプレーに集中できなくなってしまうかもしれません。
できるだけ色や素材は汗が目立たないタイプのものを選びましょう。

ゴルフは18ホール周ると5時間程かかります

日焼け止めを塗り直す事も紫外線対策にはなりますが、UVカット機能のインナーなどで徹底的に日焼けを防ぐ事も大切です。
汗をかきやすく、日焼けをしたくないのならば、乾きやすく、UVカット機能の付いたインナーをポロシャツの下に合わせるようにしましょう。

ゴルフは寒い時期でもコースでプレーができるので暖かい服装も大切

秋は、春と同様に天気や温度が変わりやすい時期になります。
更に、風が吹くととても寒く感じる季節なので、春と同じような対策が必要です。
セーターや、ベストを合わせる他に、風を通さないウィンドブレーカーなども用意しておきましょう。

ポロシャツやボトムスに暖かみを感じるような素材や柄を選ぶ事もおすすめ

ゴルフ場が一面雪で覆われてしまう事が無い限り、ゴルフはプレーできます。
そうは言っても冬にゴルフをするのはとても寒いです。寒いからと言って重ね着をしすぎてしまうとプレーに支障が出てしまいます。

薄手でもしっかりと暖かさをキープできる素材の服装が重要です。

ポロシャツの変わりにタートルネックやハイネックにしてみたり、レギンスの変わりに厚手のタイツなどにすると動きやすくても防寒対策になります。

ネックウォーマーやレッグウォーマーで防寒をする事もおすすめです。

薄い生地のダウンジャケットやベストなどもプレーの妨げになりにくいので良いでしょう。秋と冬共通しておすすめするのが、ニット帽などのサンバイザー以外の帽子を組み合わせる事です。

ゴルフ場でコースデビューをする時は服装の他にアイテムをプラスしよう

ゴルフウェアは他のスポーツの様に、規定のユニホームとして売られているものが無いので、自分自身でマナーに反していないかを判断して服装を考える必要があります。
だからと言って、無難で面白くない、ましてやおしゃれでもないような服装で女子はプレーをしたくはありません。

基本の服装のマナーを守りながらおしゃれに見えるようにするためには、色の組み合わせやアイテムをプラスすることで、個性を出すことができます。

例えば色の組み合わせを上下でグラデーションにしてみたり、あえて反対色を組み合わせたりなどバランスの良い色の組みあわせを考えることでとてもおしゃれになります。

また、サンバイザーや帽子、ゴルフグローブ、ゴルフシューズなどのアイテムをコーディネイトの1つとして色や柄を考えるとウェアと合わせてトータルでおしゃれができます。
サンバイザーや帽子を少し派手な色や柄にしてウェアはシンプルにしてみたり、とことんシンプルで色を統一したスタイルにしてみるなど、通常のファッションを同じようにゴルフウェアを考えると楽しみが増えていきます。

少しお年を召した方が、普段は着ないような色や柄でゴルフウェアを着ているのを見かけますが、このようにいつもとは違うスタイルを楽しんでみる事もゴルフを楽しめるきっかけの1つになるでしょう。