ドライバーのスイングを安定させる手首の使い方をマスターしよう

ゴルフを始めて、ドライバーショットを動画に撮ってチェックをした時、あまり理想のスイングになっていなと感じた初心者の方は必見です。
正しいスイングになっていない原因の1つはもしかすると手首かもしれません。
ドライバーのスイング時の手首に注目をして練習をすることで、理想のスイングに近づけるならば、試してみる価値はあります。
ドライバーでスイングをするときの手首の大切さや使い方、練習方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フォロースルーを意識するとゴルフは初心者女子も上達できる

ゴルフの練習をする時、素振りで1番どこを気にするでしょうか。グリップの握り方、アドレスを確認して...

ゴルフ初心者こそスイングをする時のフォローを大切にしよう

ゴルフ初心者女子の方がスイングをする時に1番気になるところはどこでしょうか。テークバック、インパ...

ゴルフのスイングチェックのポイントは右脇の締めにあった

ゴルフのスイングのポイントとしてよく言われているのが右脇の締め方です。しかし、初心者ゴルファーに...

初心者女子がドライバー上達のためのスイングのコツを覚えよう

ドライバーはゴルフクラブの中で1番長いクラブになります。それだけボールを遠くへ飛ばせる分、打ち方...

初心者女子が好きなクラブを使ってできるゴルフスイング練習法

色々なクラブを使って練習する前に使いやすくて好きなクラブで練習することはゴルフの上達への一歩です。...

ゴルフスイングのインサイドアウトを矯正してまっすぐ飛ばす方法

コースに出るとたまに右へ左へ飛んでいってしまうことがある初心者女性ゴルファーの方は結構多いと思います...

室内で素振りでゴルフをレベルアップして彼を驚かせよう

休日にはいつもゴルフの練習をしているのになかなか上達しない初心者女子の方は必見です。室内で素振り...

ゴルフのスイングを良くも悪くもするアドレスでのボールとの距離

ゴルフを始めたばかりで、スイングばかりを気にしてしまって、意外とアドレスはなんとなくになってしまって...

ドライバーショットのスライスを直す方法を知れば怖いものは無い

初心者女性にとって、ドライバーは出来るだけ真っ直ぐ遠くへ飛ばしたいショットの1つです。ドライバー...

スポンサーリンク

ドライバーでスイングをする時の手首は大切

ゴルフでスイングをする時の手首は使うのか、使わないのか。
このような事をゴルフの練習をしている時などに聞く機会があると思います。
スイングの時の手首は、使う場面と使わない場面の両方ありますので、どちらも正解で、使い分けが必要になります。
その使い分けはどんなショットをする時に手首を使うのか、使わないのかで理解しておくととてもわかりやすいと思います。

基本的にパッティングの時やアプローチショットの時には手首を固定するので使いません。

逆に手首を使うショットはドライバーショットやアイアンショットの時です。
グリーンやグリーン周りでは手首固定と覚えておくと便利です。

それではドライバーショットで手首を使ったスイングをする事によってどのようなことが起こるのでしょうか。
まず手首のスナップによって飛距離がアップします。
また、手首を柔軟に使いコック(手首を親指のほうへ向けること)をすることでスムーズなスイングになり、正確な位置でインパクトができるようになります。

手首の使い方を練習するだけ、スイングが良くなりそうな気がしますが、実は正しいスイングができていれば、このような手首の動きに自然になっていることがほとんどなので、もしも今スイングがおかしいと思っているならば、基本に戻ってスイングを練習することで手首の使い方は直る可能性があります。
ただし、手首は使いすぎたり、柔軟すぎると起こってしまうミスも多いです。
例えば、スイングのトップの位置で手首が動いてしまったり、インパクト前に手首の角度が変わってしまうとスイングの軌道が変わってしまいミスショットを招きます。

ドライバーでのスイング中の手首はどのように動くのか

ドライバーでスイングをする時に手首はどのように動いているかを知ることで正しいスイングになれる可能性はとても大きいです。
スイング中の手首の動きを覚えて、自分のドライバーショットの動画と比較してみると直すべきポイントがわかりやすくなります。

アドレスの時の手首は力を抜いて両腕を垂らしてクラブを握ったときに左手が股関節の左側にあることが理想的です。

ドライバーでアドレスをした時に自分の体とグリップまでの感覚が握りこぶし2個分位ある位置になってるときが理想の手首の角度です。

テークバックとバックスイングの時の手首のイメージは振り抜くまでは固定をすることが大切です。
また、ダウンスイングとインパクトの時にはハンドファーストの形になっていて、なおかつ手首がキープされている事が理想です。
そして、フォロースルーは自然に手首を返す動きが理想ですが、初心者の頃にこの手首を返す意識をしてしまうと、動きがスムーズにならないかもしれませんので、あまり考えすぎない方が良いでしょう。

フィニッシュの時には体重移動が正しくされているかに集中をして、手首についてはあまり考えないでおきましょう。

ドライバーでスイングをする時の手首のコックの使い方

手首のコックが正しく出来ることで、スナップの力が働き、結果ヘッドスピードがアップして、飛距離のアップが期待できます。

コックの正しい形はクラブを握った状態でも確認することができます。
お手元にクラブがあれば握ってみて下さい。
クラブを握った手首が親指の方向へ角度がついている形が正解です。
もしも右手の甲へ倒れているような形ならば、正しいコックではありません。

コックが正しく使われているかどうかは自分のスイングをチェックしながら確認する方法が1番です。

スマートフォンなどで動画を撮る場合には自分の横からではなく、正面から撮る事が必要になります。
練習場などで撮る時には隣の人の練習の邪魔になる可能性がありますので、できるだけ隣に誰いないタイミングを見計らって撮影しましょう。

手首のコックをチェックする時には、テークバックの時の左腕が地面と平行になったタイミングの時に腕とクラブの形が「L」字に見えていたら正しくコックができている証拠です。
人によってコックをするタイミングは様々ですが、まず目安は左腕が地面と平行になる辺りがおすすめです。

次にダウンスイングの時にはテークバックの時のコックを崩さないように腕を体から離さないような意識をしながら振る下ろしていきます。
このコックのキープはインパクトのときにも保つようにしましょう。

フォロースルーの時にはコックをキープしたままになってしまうとスムーズなスイングになりませんので一旦コックを緩めるイメージを持つと良いでしょう。
フォロースルーの時はテークバックの時と同じように腕が地面と平行になるくらいのタイミングで手首のコックをするように意識をしましょう。

ドライバーのスイングで手首を返すメリット

ドライバーのスイングでは手首のコックの他にも手首の返しも正しいスイングの大切なポイントの1つです。

この手首の返しはフォロースルーの時の動きです。
この動きが正しくできるとボールの飛ぶ方向が良くなったり、飛距離がアップする可能性があります。

私は何度か手首の返しを指摘されて、指摘されたとおりにフォロースルーの時に手首を返すスイングを何度も試しましたが、手首を意識するほどフォロースルーより前の動きがおかしな事になってきてしまい、手首を返すのが早すぎて結局スイングが乱れてしまっていました。
なので、手首を返す意識を一旦やめて、勝手に手首が返せるような動きになれるスイングをするようにしました。
私が行った方法は、バックスイングの時から左の肘を体に近づけるイメージをすることです。
この左肘が引けてしまう動きは背中側から動画を撮ってチェックをするととてもわかりやすいです。
左肘を体に近づけるイメージをしたことによって、自然に手首を返せる用になり、スイング軌道も安定するのでとてもおすすめです。

その他にも、アドレスの時の前傾姿勢をキープしたまま顔を上げないようにしたりすることもポイントです。

また、クラブを左右に横ぶりをしながら手首の返しをイメージする素振りもおすすすめです。
体の回転でクラブを左右に回すようにして手首の返しをしていきます。
この素振りは周りに人がいないか確認してから行うようにしましょう。

ドライバーのスイングで手首を正しい位置にするためにアイテムを活用しよう

色々な方法を試したり、何度も自分のスイングを確認しても手首の位置がうまくいかない時には手首を正しい位置へ導く練習アイテムを使うことも方法の1つです。

手首の正しい位置を覚えこませるためにおすすめのアイテムが手首を固定するタイプのサポーターです。

このサポーターで固定することによって手首を間違った方向へ曲がることを防いでくれるのでこのアイテムを使ってスイングを安定させる事ができます。

更にスイングをしながら手首が正しく使われているか確認できるアイテムもおすすめです。
音のでるクラブの様な形をした素振り用のアイテムで、正しい手首の位置でインパクトを迎えると音がなり、インパクトの位置以外で音がなると手首の位置が間違っていることがわかります。

まずはご自分のスイングを動画に撮って確認してみることが手首の角度が正しいかわかる一番の方法ですが、動画を撮るタイミングがなかなか無いときなどはこのようなアイテムを使ってみることも良いでしょう。