室内で素振りでゴルフをレベルアップして彼を驚かせよう

休日にはいつもゴルフの練習をしているのになかなか上達しない初心者女子の方は必見です。
室内で素振りの練習をマスターして次のラウンドでスコアアップを成功させて、彼をびっくりさせましょう。
室内で素振りをする方法や使えるアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフスイングのインサイドアウトを矯正してまっすぐ飛ばす方法

コースに出るとたまに右へ左へ飛んでいってしまうことがある初心者女性ゴルファーの方は結構多いと思います...

ゴルフのスイングを良くも悪くもするアドレスでのボールとの距離

ゴルフを始めたばかりで、スイングばかりを気にしてしまって、意外とアドレスはなんとなくになってしまって...

ゴルフ初心者こそスイングをする時のフォローを大切にしよう

ゴルフ初心者女子の方がスイングをする時に1番気になるところはどこでしょうか。テークバック、インパ...

初心者女子が好きなクラブを使ってできるゴルフスイング練習法

色々なクラブを使って練習する前に使いやすくて好きなクラブで練習することはゴルフの上達への一歩です。...

ドライバーショットのスライスを直す方法を知れば怖いものは無い

初心者女性にとって、ドライバーは出来るだけ真っ直ぐ遠くへ飛ばしたいショットの1つです。ドライバー...

初心者女子がドライバー上達のためのスイングのコツを覚えよう

ドライバーはゴルフクラブの中で1番長いクラブになります。それだけボールを遠くへ飛ばせる分、打ち方...

ドライバーのスイングを安定させる手首の使い方をマスターしよう

ゴルフを始めて、ドライバーショットを動画に撮ってチェックをした時、あまり理想のスイングになっていなと...

ゴルフのスイングチェックのポイントは右脇の締めにあった

ゴルフのスイングのポイントとしてよく言われているのが右脇の締め方です。しかし、初心者ゴルファーに...

フォロースルーを意識するとゴルフは初心者女子も上達できる

ゴルフの練習をする時、素振りで1番どこを気にするでしょうか。グリップの握り方、アドレスを確認して...

スポンサーリンク

ゴルフのレベルアップのカギは室内素振りにあった

ゴルフの練習を練習場でする時、素振りを何回してボールを打ち始めていますか?

ラウンド中は他の人の事も考えて1、2回がマナーですが、練習場や室内で行う素振りは何度行ってもOKです。
しかし、練習場ではどうしてもボールが打ちたくなってしまうものですし、時間制で練習している場合はボールを打たないと損な気がしてしまいます。

そこで、時間もお金も気にせずにできるのが、自宅で行う室内素振りです。

素振りの重要性はボールが目の前に無いことで、クラブにボールを当てることに意識せずに行えるところです。
ボールを打つことに意識したスイングになると腕が勝手にクラブ軌道を調整して、飛距離が出なかったり、思った方向に飛ばなかったり、ダフり、トップの原因になる可能性があります。

室内での素振りはボールを打つ爽快感や、遠くへ飛ばす感覚は得られませんが、コツコツと正しい素振りを練習することによって、どんなクラブでも、安定したスイングができるようになり、練習場でもナイスショットができたり、ゴルフのスコアアップに繋がる可能性があります。

ゴルフで室内素振りをする時はフォームの確認をしよう

素振りの重要性は前述しましたが、素振りは何も考えずに回数を重ねれば上達するものではありません。

上達するためには正しいフォームで素振りをすることが1番大切です。

室内で素振りをする時に正しいフォームになっているかどうかをチェックするには方法が2つあります。
一つ目は鏡を使ったチェックです。
姿見があればベストですが、大きな鏡が無い場合は窓や、電源を落としたテレビのモニターなども使えます。
この方法は映っている自分の姿を頭を上げて見てしまうことになりますが、腕の動きや下半身の動きなどはチェックできます。

2つ目はスマートフォンで撮影することです。
スマホフォルダーやスマートフォンを固定できる場所に設置をして、撮影しましょう。
通常に動画を撮影することの他に、スローモーション機能が付いているスマートフォンの場合は、ゆっくりとした動画でフォームのチェックをできるのでおすすめです。

私が初心者の時もスマートフォンで自分の素振りを録画して、フォームが正しいのかチェックしようと試みたのですが、初心者の頃は、なんとなく変なフォームな事に気付いても、どう直して練習したら良いのかわかりませんでした。
このフォームのまま素振りをしていても、結局は上達ができないと思い、ゴルフ経験者の夫や友達などに動画を見てもらってアドバイスをしてもらいました。
また、イメージトレーニング用のゴルフスイング動画などをインターネットで検索して自分のフォームと比較してみる事もおすすめです。
まずは、室内で素振りをする場合は、正しいフォームで出来ているかどうかを必ず確認してから、行うようにする事が1番重要です。

室内素振りはお金をかけずにゴルフのレベルアップを実現させる

まず、何も無い状態で素振りをする時におすすめの方法は、腕を全く使わずに行う素振りです。

下半身だけでゴルフのスイングをしているイメージです。
腕は力を抜いておき、体幹だけを使ってテイクバック、フォローをします。
その時の腕は体が動いた後に付いてくるようになっていればOKです。

次に家に必ずあるタオルを使った素振りを紹介します。

タオルの大きさはフェイスタオル、もしくはスポーツタオルの様な少し長めのものを使いましょう。
タオルを用意したら、タオルの一方の端を結びます。
結んでいないほうの端を握って素振りをします。
タオルを使った素振りの時も体幹を使うことを意識しましょう。
正しいスイングでタオル素振りができているかどうかを確認するには、バックスイングの時とフォローの時に背中の同じ部分にタオルの結び目が当たっているかどうかです。
腕だけでタオル素振りをしていると、結び目が揺れてしまうので自分が正しいフォームになっていないことに気付きやすいこともタオル素振りをおすすめする理由の1つです。

タオル素振りが上手になってきたら、タオルを飛ばしてみましょう。
この時の素振りはハーフスイングが1番おすすめです。
まっすぐ飛んでいるのかを確認できます。
タオルの結び目が物に当たると危険ですので、カーテンに向かって飛ばしたり、当たっても壊れたりしないものへ向かってタオルを飛ばしましょう。

ゴルフを更にレベルアップさせる室内素振りにはアイテムを活用しよう

更に室内で素振りの練習をすることを習慣化させたい方には素振り用のゴルフアイテムを使うこともおすすめです。

室内で使える素振りの練習ができるアイテムは沢山ありますが、初心者の方に1番おすすめするアイテムは、短いクラブの形になっているアイテムです。
グリップ部分は正しい握り方になるような形状でシャフトは短く、クラブヘッドも付いているのでフェースの向きを意識しながら素振りができます。
メーカーによってはシャフトの長さは短くても、重さがあるタイプのものもあるので手打ちになる事を防ぐ素振りができます。
素振りをする前にしっかりと握り方を再確認して素振りができるのでとても便利なアイテムです。

また、音のなるタイプのアイテムもおすすめです。
クラブヘッドの部分に音のなる装置が付いていて、インパクトをする位置に来たときに「かちっ」と音がします。
他の位置で音がすると正しいフォームになっていないことがわかるので便利です。

更に、しなりを感じながら素振りができるタイプのアイテムもおすすめです。

天井が高く、広さが取れる部屋でしか使うことはできませんが、シャフトが柔らかくなっているタイプのアイテムで、手打ちの素振りだと全くしなりを感じることができないので下半身主導を意識しながら練習することができます。

ゴルフの室内素振りをするときに気をつけたい事

室内での素振りはいつでもどこでも、天気に関係なく練習できるので良いのですが、一番に気をつけなくてはいけないことは部屋の広さです。

以前に私の夫が室内素振りをしている時にクラブが照明にぶつかり壊してしまったことがあります。
長さの短いクラブだとしても、使う人の身長やスイング軌道によって何かにぶつかってしまう可能性は必ずあります。
また、室内のものを壊すだけではなく、壁に当たったり、床にアイテムを落としたりすると賃貸物件の場合は迷惑になります。
素振りをする時には周りに何も無いことを確認してから行うようにしましょう。

我が家ではお客様用の部屋に素振り用のクラブを置いて、寝る前やお風呂に入る前に姿見の前で素振りをしています。
ゴルフを好きになる前は駅のホームで傘をクラブ替わりにしている人の気持ちがわかりませんでしたが、今となっては良くわかる気がします。
しかし、あくまでも周りの人に迷惑にならないように素振りの練習を心がけましょう