フォロースルーを意識するとゴルフは初心者女子も上達できる

ゴルフの練習をする時、素振りで1番どこを気にするでしょうか。
グリップの握り方、アドレスを確認してスイングをする時、テークバックやダウンスイングの形を気にする初心者女子の方が多いと思います。

もちろんテークバックやダウンスイングは大事なポイントですが、インパクト後のフォロースルーもとても大切なのです。
フォロースルーはその正しい形ができることで、正確なショットが打てたり、正しいスイングが出来ている確認ができる重要な動作です。

フォロースルーの大切さと、理想の形、練習方法などを紹介します。
スイングを再確認する時の参考になさって下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

初心者女子が好きなクラブを使ってできるゴルフスイング練習法

色々なクラブを使って練習する前に使いやすくて好きなクラブで練習することはゴルフの上達への一歩です。...

初心者女子がドライバー上達のためのスイングのコツを覚えよう

ドライバーはゴルフクラブの中で1番長いクラブになります。それだけボールを遠くへ飛ばせる分、打ち方...

ゴルフのスイングを良くも悪くもするアドレスでのボールとの距離

ゴルフを始めたばかりで、スイングばかりを気にしてしまって、意外とアドレスはなんとなくになってしまって...

ゴルフ初心者こそスイングをする時のフォローを大切にしよう

ゴルフ初心者女子の方がスイングをする時に1番気になるところはどこでしょうか。テークバック、インパ...

ゴルフのスイングチェックのポイントは右脇の締めにあった

ゴルフのスイングのポイントとしてよく言われているのが右脇の締め方です。しかし、初心者ゴルファーに...

ドライバーショットのスライスを直す方法を知れば怖いものは無い

初心者女性にとって、ドライバーは出来るだけ真っ直ぐ遠くへ飛ばしたいショットの1つです。ドライバー...

ゴルフスイングのインサイドアウトを矯正してまっすぐ飛ばす方法

コースに出るとたまに右へ左へ飛んでいってしまうことがある初心者女性ゴルファーの方は結構多いと思います...

室内で素振りでゴルフをレベルアップして彼を驚かせよう

休日にはいつもゴルフの練習をしているのになかなか上達しない初心者女子の方は必見です。室内で素振り...

ドライバーのスイングを安定させる手首の使い方をマスターしよう

ゴルフを始めて、ドライバーショットを動画に撮ってチェックをした時、あまり理想のスイングになっていなと...

スポンサーリンク

フォロースルーはゴルフのスイングでどのような役割なのか

今までスイングをしていて1番気にして練習しているところは何処でしょうか。
テークバック、ダウンスイングなどはインパクトまでの形を気にしている人が多いと思いますが、インパクト後のフォロースルーがどのような形になっているかをいつも注意をして見ている方は少ないのではないでしょうか。

実は、フォロースルーはスイングが正しくできているかを確認できる大切な動作です。

練習場やコースでミスショットをしてしまった時のフォロースルーがどのようなフォームになっているか、次の機会にでも確認してみると良くわかると思います。
ミスショットをした時のフォロースルーの形が正しくできていないと、スイング全体のフォームが間違っている可能性がとても高いです。
確かに、テークバックやバックスイングのフォームはとても重要です。
しかし、このフォロースルー前の動作が間違っているのに、フォロースルーだけが正しい形になることはありえないのです。

私は練習場で今日はショットがうまくいかないと思った時には、必ずスイング幅を狭くしてフォロースルーの形をチェックします。
この時にフォロースルーがおかしいと思えば、その前の動作から見直して修正をします。
正しいフォロースルーは、その前の動作が正しくできている証拠で、正しいスイングができていれば、フォロースルーは必ず正しい形になっている証拠と言えるでしょう。

フォロースルーからフィニッシュまでを意識してこそのゴルフスイング

前述のようにフォロースルーの形を確認する事はとても大切です。
その為には一度正しいスイングとはどのようなものなのかを再確認してみましょう。

まずはアドレスです。

アドレスは正しいスイングへの道しるべですので、しっかりと体に覚えこませましょう。

背筋を真っ直ぐにしたら、股関節から上半身を前傾させて、膝を曲げます。
その時の重心は親指の付け根の下のふくらみ(拇指球)になっているかどうかを確認します。
ボールの位置、グリップが正しく握れていること確認したら、スイングに入ります。
下半身主導で腰を回し、左脇を開けずに、左手首の角度をキープしながらテークバックをしていきます。
腰を回してトップからダウンスイングに切り替えます。
クラブは後から付いてくるイメージを持ちながらダウンスイングをして、インパクトを迎えます。

インパクト後のフォロースルーの理想の形は、左肘が真っ直ぐになっていて、左腕と地面が平行で、左手が目標方向に向いていることです。
フォロースルーの後はフィニッシュになります。

このスイングの流れは、ゴルフを始めてから少しスイングに慣れてきて初心者の頃こそ再度チェックして欲しい意識です。

フォロースルーの理想の形をイメージしてゴルフスイングをしよう

それでは、正しいフォロースルーの形をチェックして、自分のフォロースルーが理想の形なのかどうかをみてみましょう。

まずは肘です。
左腕が真っ直ぐ地面に平行になっていて、肘が外向きになっていないか。
私がミスショットをする時にはこの肘が外向きになってしまっていることが多いです。
特に、動画に撮って確認をすると、肘の向きがおかしいことなどにに気付くことができるのでおすすめです。
このようなミスは肘を体に近づけるイメージをしながらフォロースルーをするとうまくいきます。
次は手首です。
フォロースルーの時の手首が甲側や手のひら側へ折れてしまっていないかを確認します。そして、下半身の動きです。
腰の回転によって、おへそが目標方向へ向いているかを確認します。

また、前傾姿勢がキープできているか、頭が動いてしまっていないかも確認するポイントです。

私は練習場へ3回通ううちの1回は必ずスマートフォンで動画をとってもらってスイングの確認をするようにしています。
実際にどこが間違っているのかを見て意識できるのでとても役に立っています。

フォロースルーがうまくいかない時はここをチェック

スマートフォンなどで動画を撮ってスイングの確認をしていても、どこが悪いのか、直すの場所がどこなのかわからない時は、ゴルフ経験者に聞くのが1番早い方法ですが、自分で間違いに気付けるポイントを押さえておくことですぐに解決するかもしれません。

まずは、フォロースルーの時まで頭を動かさずに我慢できているかどうかをチェックしてみましょう。

頭が動いてしまってるならば、前傾姿勢も崩れている可能性が高いです。
どこでこのような動作が出てしまっているのかを確認して修正をしましょう。
また、ボールの行方が気になって目だけではなく貌を動かしてしまうこともミスショットになってしまう原因の1つです。

全くボールから目を離してスイングすることは難しいと思いますので、できるだけ一点を見つめるくらいの気持ちでスイングをしてみましょう。

前述しましたが、私がフォロースルーで気が付くミスは肘の向きが外向きになっている時です。
このような肘のままショットをするとだいたい手打ちになってしまっています。
極端にする必要はありませんが、肘が外向きになってしまっている方は、左の肘をできるだけ体に近づけるイメージでフォロースルーをするようにしてみましょう。
また、おへそが目標方向へ向いていないことも左肘が外側へ向いてしまう原因の時もあります。
このような時にはしっかりと体重移動をして腰を回しましょう。

フォロースルーを練習してゴルフのラウンドに備えよう

フォロースルーだけを練習する方法で最終的に正しいスイングになれる可能性のある方法をご紹介します。

1つ目は手首、腕、腰、姿勢を正しい位置にしてフィニッシュからインパクトまでを逆にスイングする方法です。
少し難しいかもしれませんが、ゆっくりと形を確認しながら逆にスイングすることでフォロースイングの正しいイメージを持つことができるようになります。

その他の方法は、スイングをインパクトから始める方法です。
素振りでももちろんできますが、もしも自宅に練習用の軽いボールがあるのならば、実際にその練習ボールを使って練習をしてみると効果がわかりやすくなります。
練習ボールの横にクラブを置いて、そこからフォロースルーだけでボールを飛ばしてみましょう。
意識するのはフォロースルーのみです。

最初はボールが飛ばないので、うまくいかないと思ってしまうかもしれませんが、心配はいりません、フォロースルーの形が正しくできてくるにつれボールは飛ぶようになります。