ゴルフ初心者こそスイングをする時のフォローを大切にしよう

ゴルフ初心者女子の方がスイングをする時に1番気になるところはどこでしょうか。
テークバック、インパクトなど、ボールを打つ前の動作にポイントを置いてしまいがちになりますが、実はインパクト後のフォローも大切な動作の1つです。
ボールを打った後の動作であるフォローを見直すことで、今までのスイングが少し変われるかも知れない方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

室内で素振りでゴルフをレベルアップして彼を驚かせよう

休日にはいつもゴルフの練習をしているのになかなか上達しない初心者女子の方は必見です。室内で素振り...

フォロースルーを意識するとゴルフは初心者女子も上達できる

ゴルフの練習をする時、素振りで1番どこを気にするでしょうか。グリップの握り方、アドレスを確認して...

初心者女子がドライバー上達のためのスイングのコツを覚えよう

ドライバーはゴルフクラブの中で1番長いクラブになります。それだけボールを遠くへ飛ばせる分、打ち方...

ゴルフのスイングを良くも悪くもするアドレスでのボールとの距離

ゴルフを始めたばかりで、スイングばかりを気にしてしまって、意外とアドレスはなんとなくになってしまって...

ドライバーのスイングを安定させる手首の使い方をマスターしよう

ゴルフを始めて、ドライバーショットを動画に撮ってチェックをした時、あまり理想のスイングになっていなと...

初心者女子が好きなクラブを使ってできるゴルフスイング練習法

色々なクラブを使って練習する前に使いやすくて好きなクラブで練習することはゴルフの上達への一歩です。...

ドライバーショットのスライスを直す方法を知れば怖いものは無い

初心者女性にとって、ドライバーは出来るだけ真っ直ぐ遠くへ飛ばしたいショットの1つです。ドライバー...

ゴルフのスイングチェックのポイントは右脇の締めにあった

ゴルフのスイングのポイントとしてよく言われているのが右脇の締め方です。しかし、初心者ゴルファーに...

ゴルフスイングのインサイドアウトを矯正してまっすぐ飛ばす方法

コースに出るとたまに右へ左へ飛んでいってしまうことがある初心者女性ゴルファーの方は結構多いと思います...

スポンサーリンク

ゴルフのスイングの決め手はフォローにある

スイングには1つ1つの動作に名前があります。

まずアドレス、次にテークバック、ダウンスイング、インパクト、フォロー、そしてフィニッシュです。
スイングの練習をする時に、テークバックの手首の角度や、インパクトの位置などを気にしている方は多いですが、実はフォローが正しい形になっているからこそ良いスイングができているという事に気付いている方は、それほど多くないかもしれません。

ボールを既に打ってしまった後の動作にさほど重要性を感じないと思うでしょうが、実は、フォローは正しいダウンスイング、正しいインパクトができてこそ美しい形のフォローと言えるので、フォローの形だけを確認すれば、それは正しいスイングができていたと確認になります。

まずはいつものスイングでフォローまでの動作を確認しよう

フォローの確認の前に、一度正しいスイングを再確認してみましょう。

まずはアドレスです。
スタンスを取ったら、背筋を真っ直ぐにして腰から状態を前傾させます。
膝を軽く曲げたらアドレスは完成です。
次にテークバッグです。
アドレスをした時にの腕の形、手首の角度を保ちながらテークバックをしていき、左の肩が顎の部分に来るくらいが理想的な形です。
そしてダウンスイングですが、下半身主導で、腰の回転と体重移動をすることでクラブを持ってくるイメージでスイングをしましょう。
そしてフォロー前の一番最後の動作がインパクトです。
インパクトでスイートスポットに当たっているかどうかが正しいスイングをしているかどうかを確認する方法の1つです。
インパクトを迎えた後にフォローの動作になります。

フォローの形は両肩、両腕とグリップを結んだ三角形が綺麗な形になっていて、左腕と地面が平行になっている事が理想です。
フォローの後は最後のフィニッシュです。

慣れてきたときこそスイングの基本を振り返ることが大切です。
スイングだけでは無く、グリップの握り方、スイングのリズムなどを確認してみましょう。

正しいフォローは正しいスイングをしている証拠

正しいスイングをしているかどうかわかる確認方法をいくつかご紹介します。

正しいフォローは見ただけでもわかるくらい形が綺麗な状態です。
その形の綺麗な状態ができていれば、ほぼ正しいスイングだと言えると思います。
先程のスイングの仕方でも言いましたが、両肩、両腕とグリップで作った三角形の形が保たれていて、左腕が地面と平行になっているか、そして、腰が回って、おへそが目標方向へ向いているかどうか、正しい体重移動で左足に重心が乗っているかどうか、前傾姿勢がキープされたままかどうかによって正しいフォローが出来ているかどうかを確認できます。
特に初心者の方は腰がうまく回せないことによって左脇が開いてしまったり、スイングの途中で頭が動いてしまって、前傾姿勢が乱れたりなどしてしまうことが多いです。

左脇が開いてしまう理由は色々ありますが、手の力だけで打とうとしてなってしまうことも原因の1つです。
また、頭が動いてしまうのはボールの行方が気になってしまって、目でボールを追ってしまうことも原因に考えられます。

素振りの時などにフィニッシュまで行かずにフォローの動作で一旦止めてみてどのような形になっているか見てみるのも良いでしょう。

ゴルフのスコアアップを狙う正しいフォローの練習方法

スイング全体の練習をする事ももちろん大事ですが、フォローの形が気になったり、あまり美しいと言えないフォローだと感じた時はフォローの練習をしてみましょう。

フォローの練習でおすすめなのが、テークバックをせずにインパクトを迎えた動作からフォローする流れでクラブを振ってみみる方法です。

この方法はボールを使っても素振りでもどちらでも構いません。
重要なのは、フォローの形が理想の形になっているかどうかです。
ボールを使っていても、飛ばなくてOKです。
室内練習用のゴルフボールがあれば、家の中でも練習ができます。
理想のフォローの形になるまでこのような方法で練習をしてイメージを作ることは大切です。

もう1つの練習方法が逆パターンでスイングをすることです。

スイングをフォローから初めて、インパクト、テークバックへ持って行く方法です。
通常のスイングをする時と同じ意識で逆の順序で行ってみましょう。
いつもスイングをする時にテークバックの位置からインパクトまでは形を気にしているけれど、フォローまでの形の意識が薄くなってしまうことがフォローが綺麗な形にならない原因の1つです。
このように逆でスイングをすることによって、一番にフォローの形を気にするように意識するので、たまにこのような方法を取り入れてみることもおすすめです。

以上2点の練習をする時に覚えておいて欲しいポイントは前傾姿勢をキープすることです。
いくら腕の形を綺麗にしても前傾姿勢がキープできなければ、良いスイングは身につきません、フォローの練習をする時には、このような事にも注意しましょう。

ゴルフに大切なのはフォローのイメトレとスイングのチェック

フォローに限った事ではないのですが、自分のスイングを定期的にチェックすることは大切です。

ただ、初心者から中級者位の時は、自分のスイングのどこを直したら良いのかの判断がとても難しいです。
練習場でゴルフの経験者に直接見てもらえたり、ゴルフのレッスンに通っているならばスイングのチェックとアドバイスはすぐにもらえるのでしょうが、このような条件に無い場合はスマートフォンなどを使って自分のスイングの動画を撮る事もスイングチェックをする方法の1つです。
録画したものであれば、後日その動画を見てもらうことができます。
動画を撮る時のおすすめポイントは、一箇所から撮影するのではなく、少なくても二箇所から撮る事です。
正面から、後ろからなど角度を変えて撮ることによって、より詳しくスイングの状態がわかります。
ただし、気をつけて欲しい所は、練習場でスマートフォンのスタンドや。ドリンクホルダー等を使って撮影をする時には、スマートフォンが落下したりしないようにしっかりと固定をする事と、他のお客様の迷惑にならない様な撮影をするようにして下さい。

私がコースにでる前日にしている事はイメージトレーニングです。
好きなプロゴルファーの動画を見て、自分も同じようにスイングをするイメージを作ります。
もちろん全く同じスイングはできませんが、その同じようにスイングをするイメージをすることで、自然と自分のスイングが正しく直ることがあります。
特に好きなプロゴルファーの憧れのスイングを真似することでやる気も出てきます。
この方法がすべての方に効果的であるとは言い切れませんが、コースに出る前に一度イメージトレーニングを試してみてください。