初心者女子がドライバー上達のためのスイングのコツを覚えよう

ドライバーはゴルフクラブの中で1番長いクラブになります。
それだけボールを遠くへ飛ばせる分、打ち方が難しいと感じている初心者女子の方は多いと思います。
ドライバーは少しの意識を変えるだけで上達する可能性があります。
ドライバーのスイングを変えるためのちょっとしたコツをご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフのスイングを良くも悪くもするアドレスでのボールとの距離

ゴルフを始めたばかりで、スイングばかりを気にしてしまって、意外とアドレスはなんとなくになってしまって...

フォロースルーを意識するとゴルフは初心者女子も上達できる

ゴルフの練習をする時、素振りで1番どこを気にするでしょうか。グリップの握り方、アドレスを確認して...

ゴルフスイングのインサイドアウトを矯正してまっすぐ飛ばす方法

コースに出るとたまに右へ左へ飛んでいってしまうことがある初心者女性ゴルファーの方は結構多いと思います...

ドライバーショットのスライスを直す方法を知れば怖いものは無い

初心者女性にとって、ドライバーは出来るだけ真っ直ぐ遠くへ飛ばしたいショットの1つです。ドライバー...

初心者女子が好きなクラブを使ってできるゴルフスイング練習法

色々なクラブを使って練習する前に使いやすくて好きなクラブで練習することはゴルフの上達への一歩です。...

ドライバーのスイングを安定させる手首の使い方をマスターしよう

ゴルフを始めて、ドライバーショットを動画に撮ってチェックをした時、あまり理想のスイングになっていなと...

ゴルフ初心者こそスイングをする時のフォローを大切にしよう

ゴルフ初心者女子の方がスイングをする時に1番気になるところはどこでしょうか。テークバック、インパ...

室内で素振りでゴルフをレベルアップして彼を驚かせよう

休日にはいつもゴルフの練習をしているのになかなか上達しない初心者女子の方は必見です。室内で素振り...

ゴルフのスイングチェックのポイントは右脇の締めにあった

ゴルフのスイングのポイントとしてよく言われているのが右脇の締め方です。しかし、初心者ゴルファーに...

スポンサーリンク

ドライバーのスイングに大切なのはアドレスの確認

まず、ドライバーを使う前に3つのポイントを確認してみましょう。

1つ目はグリップの握り方です。
ドライバーは遠くに飛ばせるクラブなので、あまり距離の出ない初心者女子にとってはスコアアップに繋げられる頼れるクラブです。
その遠くい飛ばしたい気持ちが強すぎてグリップを握る力が強くなっていませんか?
そんな時は意識をして一度力強くグリップを握った後に脱力してみましょう。

私が練習中にグリップを強く握り締めていると感じた時は必ず肩と腕にも力が入っていることが多いので、肩と腕の力を抜く意識をするようにしています。
そうすることで自然とグリップを握る力も抜けるので、もしも、グリップの握る力が強いかもしれないと感じた時は、このような方法を試してみましょう。

2つ目はボールの位置や高さの確認です。
まず、ボールの位置ですが、いつも置いているボールの位置を確認してみて下さい。
打ち方のクセなどによって違いはありますが、構えた時に左の脇の下、もしくは左足のかかとの内側辺りにボールを置く事が基本の位置です。
ただ、初心者のうちはまだスイングが安定していないことが多いので、うまくボールがドライバーに当たらないと感じたら、ボールの位置を変えて試すみることも方法の1つです。
うまく打てないなと思ったら、基本の位置ばかりを気にせずに、自分にぴったりの位置を見つけましょう。
そして、ボールの高さです。
ティーに乗ったボールの後ろにドライバーを置いた時にドライバーよりもボールが半分ほど出ている位がベストな高さです。
ティーの高さを調節できる練習場ならば、丁度いい高さを確認してから打つようにしましょう。

3つ目はスタンス幅とボールとの距離です。
基本のスタンス幅は肩幅位か少し広いくらいがベストです。
安定するような気がしてスタンス幅を広めに取りたくなりますが、体が回りにくいので手打ちになる傾向にあります。
逆に狭すぎるスタンス幅は遠くへ飛ばすことができません。

この3つを確認して当てはまるものがあるのなら、素振りをする前や打つ前に必ず意識をしてみるようにしましょう。

初心者女子は正しいドライバーのスイングを素振りで身に着けよう

力のない初心者女子がドライバーをスイングする上で1番気をつけて欲しいポイントは下半身からスタートして打つことです。
バケツの水をとても遠くに投げるようなイメージでスイングすると自然と下半身から動くことができます。

ドライバーを使ってボールをより遠くへ飛ばすコツはシャフトのしなりを利用する事です。

シャフトのしなりは手打ちでは感じる事ができません。
下半身を先に回してドライバーを鞭のようにスイングすることでシャフトのしなりを最大限に引き出し、遠くへ飛ばすことができるようになります。

素振りをする時の一番のポイントはこのシャフトのしなりを感じることです。

素振りをしていてしなりを感じないなと思った時は手打ちになってしまっている可能性が高いです。
あくまでもイメージですが、素振りをしていると時にドライバーがトップに来たら一旦クラブを止めて、下半身を先に回す練習をすると、しなりを出せる良いトレーニングになります。

練習場では満足のいくベストな素振りが出来たと感じてからボールを打つようにすると良いでしょう。
ラウンド中は他の人に迷惑になるので、何度も素振りはしないように気をつけましょう。

初心者脱出のためにドライバーの打ち方をマスターしよう

ドライバーも他のクラブもスイングの基本は一緒です。

しかし、なぜか同じように打っていてもうまくいなかいと感じる方が多いと思います。
それは、シャフトの長さを知ることや、ちょっとした意識を変えることで解消できる可能性があります。

ドライバーは他のクラブと違ってシャフトが長いです。

そのため、他のクラブと比べてボールと自分との距離が遠くなります。
その状態でアイアンのようにドライバーを縦にテークバックしてスイングをするとミスを生みます。
ドライバーをスイングする時はテークバックを横に振るイメージでしてみましょう。
また、アイアンのようにボールを叩き込むようなイメージで打つのではなく、ほうきで払うような感覚でスイングしてみましょう。

前述した素振りで身に着けたしなりを実際のボールを打つ時に感じられているかどうか確認することも大切です。
ボールを打つことに意識が行き過ぎて、練習中に手打ちになってしまったならば、何度も素振りをしてしなりの感覚を思い出してからボールを打つようにしましょう。

初心者女子がドライバーのスイングでありがちなこと

ゴルフのコースに出た時にまず第一打を気持ちよく打ち出すために気をつけて欲しいポイントがあります。

それは、ドライバーはラウンドに出ると1打目に打つことが多いのでどうしてもどこに落ちたのか目で追おうとして頭がついつい動いてしまいがちです。
ドライバーは高く遠くへ飛ぶので少し遅れて目で追っても大丈夫です。
頭をしっかりと残してスイングをするようにしましょう。

頭を動かさないように意識するつける方法としてぜひ試してもらいたい練習方法は、目を閉じて打ってみることです。

私もたまにボールを目で追うスイングになってしまって、頭が動いてしまうことが多いのですが、そんな時は視界の中にボールを入れないようにして打つ練習をしています。
完全に目を閉じて打つことによっていつもの素振りにたまたまボールが当たる打ち方になるので、ボールを目で追うようなことがなくなります。
完全に目を閉じなくても、目線を違う方向に向けて打つこともおすすめです。
だだし、初心者のうちは、ボールがどこへ飛んでいくのかわかりませんので、練習場で試す時は回りに誰もいないこをを確認して注意をしながら試しましょう。

1打目に打つドライバーだからこそ力まずにスムーズに気持ちの良いショットになる様なスイングができるようにしましょう。

初心者女子向けのドライバーで軽いスイングでも飛ばせるようになる

もしも、まだドライバーを持っていない、もしくはどうしても今のドライバーが自分に合っていないと感じた時はドライバーの購入を検討してみましょう。

前述した通りドライバーで飛距離を出すにはシャフトのしなりが重要ですが、そのしなりが大きいシャフトを選ぶ事もドライバー選びの大切なポイントです。
シャフトの硬さ(フレックス)を示す数値でしなりが大きくでるかどうかがわかります。
シャフトの硬さ(フレックス)の数値はL、A、R、S、Xです。
ドライバーのシャフトに記載されているので確認してみましょう。
レディース用のドライバーで多く採用されている硬さは「L」か「A」です。
「L」が1番しなりの出るシャフトになりますので、初心者女子はシャフトの硬さ(フレックス)「L」を選ぶことをおすすめします。

また、ドライバーのヘッドが大きめのものを選ぶこともおすすめです。
私が初心者の頃に使っていたドライバーは、知り合いから譲り受けたものなので、ドライバーのヘッドが少し小さめのものでした。
スイングが安定していないことも上達できない理由にあるかもしれませんが、ドライバーを大きめなヘッドに変えただけでものすごく飛距離が出て安定したショットが打てるようになりました。
実際にドライバーを購入する時には、そのお店で何種類か試し打ちをさせてもらって、決めるようにしましょう。