ゴルフのスイングチェックのポイントは右脇の締めにあった

ゴルフのスイングのポイントとしてよく言われているのが右脇の締め方です。
しかし、初心者ゴルファーにとって右脇の締めとはいったいどこまで締めたら良いのかわからない方も多いかと思います。
スイングする上での右脇の大切さと、具体的な締め方のポイントをご紹介します。
素振りやショットの際に一度確認をしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フォロースルーを意識するとゴルフは初心者女子も上達できる

ゴルフの練習をする時、素振りで1番どこを気にするでしょうか。グリップの握り方、アドレスを確認して...

ゴルフのスイングを良くも悪くもするアドレスでのボールとの距離

ゴルフを始めたばかりで、スイングばかりを気にしてしまって、意外とアドレスはなんとなくになってしまって...

初心者女子がドライバー上達のためのスイングのコツを覚えよう

ドライバーはゴルフクラブの中で1番長いクラブになります。それだけボールを遠くへ飛ばせる分、打ち方...

初心者女子が好きなクラブを使ってできるゴルフスイング練習法

色々なクラブを使って練習する前に使いやすくて好きなクラブで練習することはゴルフの上達への一歩です。...

ドライバーのスイングを安定させる手首の使い方をマスターしよう

ゴルフを始めて、ドライバーショットを動画に撮ってチェックをした時、あまり理想のスイングになっていなと...

ゴルフ初心者こそスイングをする時のフォローを大切にしよう

ゴルフ初心者女子の方がスイングをする時に1番気になるところはどこでしょうか。テークバック、インパ...

ドライバーショットのスライスを直す方法を知れば怖いものは無い

初心者女性にとって、ドライバーは出来るだけ真っ直ぐ遠くへ飛ばしたいショットの1つです。ドライバー...

室内で素振りでゴルフをレベルアップして彼を驚かせよう

休日にはいつもゴルフの練習をしているのになかなか上達しない初心者女子の方は必見です。室内で素振り...

ゴルフスイングのインサイドアウトを矯正してまっすぐ飛ばす方法

コースに出るとたまに右へ左へ飛んでいってしまうことがある初心者女性ゴルファーの方は結構多いと思います...

スポンサーリンク

ゴルフのスイングでなぜ右脇の締めが大切と言われるのか

ゴルフのスイングを経験者や上級者に教えてもらっている時や、見てもらっている時に、「右脇が開いている」「右脇を締めた方が良い」と言われたことのある初心者の方は多いと思います。
その右脇はテークバックからダウンスイングした時の状態を指していますが、どうしてその右脇が大切なのかを聞いた事があるでしょうか。

右脇を締める事が大切だと言われている理由は様々ですが、その1つにアウトサイドインの軌道になってしまうのを防ぐためと言われていす。

アウトサイドインの軌道とは、イメージとしては、クラブをテークバックした時に右斜め前方に振り上げて、カタカナの「ノ」の字を描くような感じでダウンスイングしてくるような軌道になってしまっている状態です。
このアウトサイドインの軌道はスライス(ボールが右方向へ飛ぶこと)になってしまったり、ひっかける原因になる可能性が非常に高くなります。

では、なぜ右脇でアウトサイドインの軌道になってしまうかというと、テークバックをした時に、右脇が開いた状態のままだと腕を高く上げすぎてしまうことが多くなってしまうからです。
クラブを持たない状態で構わないので、グリップを握っていると仮定してテークバックをしてみて下さい。
右脇を締めた状態でテークバックをすると、ある程度の高さで腕は止まりますが、右脇を開くと腕が高く上がってしまうことがお分かりいただけると思います。
この右脇が開いた状態のままでスイングしてしまうと、アウトサイドインの軌道になり、思っていた方向にボールが飛ばない結果となります。

ゴルフのスイングで右脇を締めることのメリット

それでは、右腕を締めるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず1つ目に飛距離が伸びるというメリットが考えられます。

飛距離を伸ばすために必要な事の1つに「タメ」を作ることがあります。
この「タメ」を作る動作はテークバックからダウンスイングへの切り返しの時に下半身主導で回された腰に引っ張られた上半身が少し後から着いて来るようなイメージです。
この「タメ」を作るには右脇を締めておく必要があります。

また、ボールが真っ直ぐに飛ぶようになるというメリットも考えられます。

先程アウトサイドインの軌道のお話をしましたが、右脇を締めてスイングをすると軌道はインサイドインになります。
このインサイドインの軌道はインパクトの時にボールをフェース面でしっかり捉える事が出来る様になるので、結果ボールが真っ直ぐ飛んで行きます。

ゴルフのスイングにはちょうど良い右脇の締めが理想

右脇を締める事はメリットばかりではありません。
右脇を締め方を間違う事で出てくるデメリットももちろんあります。
右脇はちょうど良く締めるとメリットがありますが、締めすぎる事は良くありません。
右脇を締めすぎると、腕に力が入りすぎて、上半身の動きが悪くなってしまいます。

上半身の動きが悪くなると小さなスイングしかできなくなり、飛距離を伸ばすのに必要な「タメ」が作れなくなります。

右脇の締めすぎを確認するには、右脇と右ひじの両方が自分の体に近すぎないかでチェックすることができます。

右腕、右ひじが体に近すぎるだけでは無く、グリップの握り方が原因の場合もあります。
グリップを握るときに、左手をかぶせすぎている時です。
この状態でスイングをすると右脇が閉まりすぎるほかに、スイング幅も小さくなってしまう傾向にあります。
このグリップの握り方で右脇の開き過ぎもわかります。
それはグリップを握るときの左手の甲が目標方向へ向いている状態の時です。

自分の右脇がちょうど良い締めになっているかどうかはこのグリップの握り方で確認するほかに、実際のスイングを動画に撮って確認をしてみると良いでしょう。

ゴルフのスイングを安定させるには右脇と右ひじのバランスが大切

右脇と同じ位大切な箇所は右ひじです。

右脇にばかり意識しすぎると右ひじを忘れてしまいがちですが、この右ひじと右脇のバランスが正しいスイングが出来るかどうか大切なポイントです。
例えば、右ひじが体に近すぎると、テークバックをしてトップの位置に来たときにとても低くなってしまいます。
トップが低すぎると、クラブを横から振っているような形になり、スライスを起こしやすくしてしまいます。

右ひじの正しい位置はテークバックの時に右ひじが下を向いている状態です。

この時に右ひじが外に向いている状態の時は右脇が開いてしまっている事になりますので気をつけましょう。
また、右ひじだけでは無く、トップの位置にクラブがある時に両肘の間隔のバランスを考えることも大切です。
広すぎたり、狭すぎたりするとミスショットになる可能性があります。
アドレスした時の両肘の間隔をそのまま保つイメージでトップを迎えましょう。

ゴルフのスイングで右脇を意識するためのトレーニング方法

右脇の適度な締め方をイメージするためにできるトレーニング方法はいくつかありますが、その中で初心者の方が簡単にできる方法をご紹介します。
そのおすすめするトレーニング方法はタオルを使う方法です。
用意するものはタオルのみです。

タオルを両脇に挟み、クラブを持って小さなスイングをします。
この時両肩と両腕、そしてグリップを線で結んだ三角形が崩れないようにスイングをする事がポイントです。
この小さなスイングでタオルが落ちなければ、右脇の締めはちょうどいいと思って良いでしょう。
少しずつスイングを大きくしながら練習していくと必ずタオルは途中で落ちてしまうと思いますが、それは心配いりません。
両脇をきっちりしめたままテークバックからトップへ行くことはまず無理です。
逆にタオル挟んだままでトップを迎えた状態は不自然なスイングということになります。
ハーフスイング以降の大きさのスイングはタオルが両脇から落ちることが自然ということを覚えておきましょう。

タオルトレーニングの注意点は、タオルを落とさないでスイングをしようと、腕や体に力が入ってしまわないようにする事です